新着記事
>☆ほへと電話鑑定「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2019年06月24日

■数秘システム解説・アローとバック(3)

仮想地球時間で、1万年ほど前の話だ。
哺乳類は猿を経て人へ進化する。

本能行動や情動行動を司る、古い脳である大脳辺緑系の上に、高度な情報を処理する、巨大な大脳新皮質が覆う。

それにより、自分の思いや考え以上に、社会常識やルールという見えない縛りが、行動を制限する。
この見えない縛りである、社会常識やルールは、無意識下、潜在意識に「智」の一部として記憶されている。
本来、潜在意識は、現実の経験から得た、気付き(智)が蓄積されている場所だ。

人類は、心より上の領域である、潜在意識というものに、心では形にならない、見えない「智」を探ることになる。
それにより、素晴らしい発明も、窮屈なルールの縛りも起こる。
何より、潜在意識の智のフィルターによって、物事を素直に見ることが難しくなってしまう。


潜在意識の「智」へのアロー(Arrow)

私 → 智 アロー(Arrow)
潜在意識の次元へのアロー(Arrow)は、心の中で姿・形に成らない、抽象的なオブジェクト「智」を見ようとすること。
直感、ひらめき、発想、感性や、高度な数学の解、物事の答えや真理、社会常識やルール、または妄想や洗脳などのファンタジーも含まれる。
事件は現場で起こるが、社会常識というのは会議室のようなもの、エゴ数秘の番号が高いほど常識に囚われやすい。
一般のエゴ数秘9の基礎。(常識に囚われやすい)

私 ← 智 バック(Back)
潜在意識の智を感受、評価する、数秘10の境地。
潜在意識下で人生での気づき「智」を、評価している。
これにより人の成長とは、「智」の蓄積レベルと、その「智」の評価がポジティブか?ネガティブか?ということになる。
もしかすると天国と地獄の行き先決める要素かもね。

心(エゴ)からは、潜在意識の智を感受、評価することは出来ない。
これは潜在意識が心より次元が上のため、エゴ数秘としての数秘10は無い。
ただし、人生レベルの出来事で、感激や感動などとして感じる場合はある。

相対関係な、数秘9と数秘10は、智をアロー(Arrow)・バック(Back)で統合に持っていくときに、本当の自分であるセルフ・数秘11が築かれていく。
心の向こう側、潜在意識の強さが、セルフの力。それは迷わない自信を生む。


少し解説
エゴ数秘9は、抽象的なオブジェクト「智」を見ようとする。物事の結果である「智」を見ようとすることは、一見効率が良いが、
それまでの、現実の経験や、心での葛藤というプロセスを軽く見がちなのが問題だ。
エゴ数秘9の幼少の頃に、潜在意識に刻み込まれた「智」の意味を、大人になっても書き換えられないという問題がある。
現実での経験や心での葛藤で自ら智を生み出し、自分自身の意味付けを自ら定義し直さなければいけない。
対のエゴ数秘10が存在しないために、バランスを取りにくい。エゴ数秘2,6の感受性を参考にすること。
数秘9の芸術家の作品は、クールであることが多いが、それは感情的なもの、または心の動きが無いことが原因かもしれない。

エゴ数秘10は無い。上位の潜在意識の智を評価する資格が無い。故にエゴ数秘は、心、エゴから関われる、1〜9となる。
エゴが生み出す究極の目的である「智」を、潜在意識内で評価するのが、数秘10の境地。
これが、自身であるセルフ(数秘11)の内容に大きく影響する。
セルフレベルからは、「智」である、人生経験のエッセンスを評価しているが、エゴからはわからないということ。
タロット10運命の輪。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーほへとCM
>ほへと占術研究室 数秘/生年月日 
>電話・対面鑑定申し込みフォーム  ※気楽に相談してください。
posted by ほへと at 20:19| Comment(0) | ほへと数秘論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

■数秘システム解説・アローとバック(2)

仮想地球時間で、1億5千年ほど前の話だ。
魚は陸上に上がり、その直接継承者である爬虫類は恐竜と進化していく。
その影で、哺乳類は、陸上に適応するための画期的システムを手に入れる。

胎盤と母乳、子育てのエネルギーは愛情であり、愛情は子供を失えば悲しみに、子供を守ろうと思えば怒りと変化する。
感情というものが行動に影響を及ぼすようになった。

また魚時代、アロー(Arrow)とバックは現実世界で直接対象物を見つけ、それを私に取り込む(感受)。

哺乳類の時代、アロー(Arrow)は、対象物のさらに向こう側をも見据えるようになった。
バック(Back)は、逆に感じる私のさらに向こう側、過去の出来事、記憶を学習するようになる。

対象物の向こう側:それは未来予測や、想像力である。数秘5の基礎。
私の向こう側:過去の出来事、記憶、学習である。数秘6の基礎。

魚時代は、自然淘汰や環境適応など、ある程度の行動パターンは、DNAによって決められていたが、
哺乳類時代は、加えて感情や考えて行動することが加わった。
これが、心の誕生であり、エゴの誕生である。


IMG_20190620_2053337.jpg
前回ステージ1 現実において


ステージ2 心において
IMG_20190620_2122059.jpg
私 → 事 アロー(Arrow)
現実の対象物のさらに向こう側、出来事の予測や想像

私 ← 事 バック(Back)
現実において、私が実際感じる感覚の私方向のさらに向こう側。それは過去の出来事の記憶だ。


少し解説
心の次元でのアロー(Arrow)は、心に浮かべた出来事に矢を射る。
その出来事から、いい感じや嫌な感情などの、気分や感情がバック(Back)として返ってくる。
数秘1,2の現実から数秘5,6の心の次元の話となるが、意識方向→←は互換性がある。

エゴ数秘5は、目の前の対象物のさらに向こう側である未来を予測、想像する。
それにより広い適応力を発揮する。
逆にバック(Back)である、過去の出来事から学ぶことは苦手。
このことが一度した経験(仕事)は二度としない等に反映される。

エゴ数秘6は、過去の出来事に重点を置く。過去から学ぶ学習機能は高いが、未来を想像したり予測する アロー(Arrow)が苦手。
また、哺乳類の感情・愛情と関連が深い。通常感覚である五感は現実世界であるが、数秘6の人の臭いに対する感受性の高さは、哺乳類の子育てから来ているのかもしれない。

ここも、数秘5と数秘6は、数秘1と2のように、相対関係、対極方向にあり、ここのバランスを極め、統合方向に持っていくときに、数秘7の境地 (Climb 昇華)、気づきが起こり、(出来)事から智が生まれる。
だから、自分は数秘5だからとか数秘6だからとその性質にこだわり過ぎると進化は無いので、自分の持つ数秘以外、特に反対側を理解する必要がある。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーほへとCM
>ほへと占術研究室 数秘/生年月日 
>電話・対面鑑定申し込みフォーム  ※気楽に相談してください。
posted by ほへと at 21:35| Comment(0) | ほへと数秘論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

ボディワーク教室・かかと

かかとを十字に4等分して均等に、床に押し付けられているか?
かかとを押し付ける時に、腿表の筋肉(四頭筋)は使わない。使うとかかとが浮く。

地面から押し返される力を、
かかと→膝裏→腿裏→臀部・腰へ

そしてその力で上体を真っ直ぐに伸ばし立てる。

上体を緊張させて真っ直ぐとか伸ばすとかはダメ。

下体の操作で、上体は脱力しつつ、真っ直ぐに立てる。

かかとを床に押し付けつつ、反発力を背筋に上げていき、大きくゆっくり胸式呼吸する。


とにかく、かかとをしっかりと地につける。

下脚を真っ直ぐ。垂直に、前後も、左右も1ミリも傾いてはダメ。

つま先とかかとも均等。

posted by ほへと at 22:53| Comment(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

■数秘システム解説・アローとバック(1)

仮想地球時間で4,5億年前の話だ。
アマテラス計画により、現実の世界が開けた=眼を手に入れる。

現実という空間は、そこを移動する能力、そこにいる敵や餌を見つける能力、襲われたときに逃げる能力などを獲得していく。

「見つける」
単に外界が見えているだけではダメだ、外界に何が見えているか?
眼を用いて、対象物を見つけ認識する能力。

敵ならば、逃げなければいけない。恐怖心。対象物から逃げる。
餌ならば、追わなければ行けない。得ようという欲望。対象物に近づく。

我々が、現実において、何かに意識を向ける時、その原初的な2つの命令が継承されている。

「対象物を見る」
何かに意識を向ける。
それを「→」として、 アロー(Arrow)と呼ぶことにした。

私 → 物
対象物を認識すると同時に、逃げるか追うかのアクションを決定する。
実際は、意識が逃げる、苦手や嫌といった避ける感じか、意識が好意的や好奇心を持つ感じかとなる。


「感じる」
対象物が敵の場合は、逃げるが、餌などの場合は追いかけ捕まえる。
捕まえた対象物は、眼の視覚から触覚や味覚とった直接対象物を感じるプロセスに入る。
また、感情というのも対象物を感じている状態だが、これは心の領域である。

私 ← 物

対象物を実際に感受、感じる。
それを「←」として、 バック(Back)と呼ぶことにした。

アロー(Arrow)では、対象物の外見の判断に対して、バック(Back)は、対象物の内容を受け取るのだ。
このアロー(Arrow)とバック(Back)が数秘1と数秘2のアーキタイプであり、全数秘の4つの基礎であるオリジンタイプのAとBとなる。


オリジンタイプAとBと数秘

オリジンタイプA 数秘1、数秘5、数秘9
オリジンタイプB 数秘2、数秘6、数秘10


少し解説
アロー(Arrow)では、対象物に矢を放つ。また矢を射るものを選り好みする。
バック(Back)は、矢の刺さった獲物を得るということ。対象物から感じる能力。感受性は、感覚、感情、感性となる。

エゴ数秘1は、エゴ数秘で一番、アロー(Arrow)で対象物の外見を見ることが得意だが、見ることは同時に恐怖心と好奇心を持っている。
また、逆にバック(Back)である対象物の内容を得るということは不得意である。
これは、相手の気持ち、など、外から見えない部分を理解する力が足りない。
エゴ数秘1の意識境地の進化には、十分に対象物の内容を見つめる、数秘2の境地を進んで会得する必要がある。

エゴ数秘2は、バック(Back)感受性が高く、要するに受け側である。攻めである矢を放つことアロー(Arrow)が苦手である。
感受性は、現実の世界では、肉体感覚となる。エゴ数秘2が、味覚に優れていたり、触覚も敏感なので、柔らかい素材などを好む。
しかし、食べ物は食感を重視し噛みごたえも大事そうだ。相手の気持ち、内面を聞いたり察することが得意。
同じように、エゴ数秘2の意識境地の進化には、自らが意識して、主体的に、新しい何かを見つけていくことが大切。
でなければ、ループ状態に陥る。これはエゴ数秘偶数の改善ポイント。

そうして、アロー(Arrow)とバック(Back)のバランスが極まれば、数秘3の境地(Climb 昇華)へ入る。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーほへとCM
>ほへと占術研究室 数秘/生年月日 
>電話・対面鑑定申し込みフォーム  ※気楽に相談してください。
posted by ほへと at 18:54| Comment(0) | ほへと数秘論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

ほへと数秘論を読む、学ぶにあたって、理解と「智」

言葉(単語)と意味

同じ言葉(単語)を使っても、人によってニュアンスや意味合いが変わります。
特にほへとの言葉は独特で、一般とは互換性が無いかもしれません。(ほへと弁)
むしろ、言葉と意味を一から再定義する勢いなので、自分の持つ言葉と同じでも、意味は大きく違うかもしれないので注意してください。

数秘を理解することと、覚える、記憶することとはまったく関係がない。
単に知っているだけの数秘の知識では、何の役にも立たない。
同じ次元で、数秘7=なになにである。というのは理解ではない。

理解する事は「智」を生み出すこと。
智に至るには、物(対象物)→事(出来事)に引き上げる作業、要するに経験や勉強すること。
ここまでは、通常のエゴ意識で可能です。
しかし、「智」を生み出すには、エゴ意識をセルフと結ぶ必要がある。(意識を高める)
要するに高い視野、高い精神性が必要ということ。

理解、智を生み出すことは数秘7の境地で起こる。

例えば、ある数秘の本質を理解した瞬間、「智」は生まれ、それは潜在意識下に入る。
数秘7の境地(Climb)
と同時に、それに関連する出来事、それを生み出した出来事が分かる。
数秘8の境地(Descent)

理解するとは、新しく言葉(単語)に意味を与えることなのだ。

数秘7↑(C)事→智 言葉(単語)
数秘8↓(D)智→事 意味

セルフと結びつかないエゴ意識では、「智」ではなく、「空想」となる。
分かったつもりという危険なやつだ。
智が生まれていないから、智→事のディセント(数秘8)も起こらない。=分かっていない。

あと数秘の理解を単にイメージ記憶、数秘6の境地や、こうだろうという憶測の数秘5の境地でもダメだ。
しかし、理解とかでは無く、単に楽しむ程度に読むならそれはそれで良い。

そうそう、数秘境地は、生年月日の9つの個別エゴ数秘のことではない。

今回のほへと数秘論のテーマは、20ある数秘境地のうち、数秘11の境地セルフ、数秘13の境地アースを目指し、
エゴ数秘である1〜9はサラッと卒業しようというものです。

だから、俺は数秘何々だとか、私は数秘何々だからと数秘のせいにしがちだが、生年月日の数秘で人生は決まらない。
RPGで、戦士だから魔法使いだから、という感じで、クリアできる人はどれでもクリアできるし、どれでもクリア出来ない人もいる。

所詮大きく9パターン、そもそもそんなパターンの一つを自分と思い込むのが問題なのだ。

もともとほへと数秘のコンセプトとして、私=数秘(1〜9のエゴ数秘)ではないと語ってきました。

究極、幸せや、目標の達成などは、エゴ数秘の問題ではなく、その奥の9以上の数秘境地が重要。
とはいえ、まず、エゴ数秘の偏り(数秘の性質)を知ること、自分の心、エゴの性質を知ることも無論大事。

今回は、さらに理解すること、「智」を生み出すことを大きなテーマにしています。
この感覚が分かれば、高次数秘において、応用が効くからです。フフフ。

というように、通常の数秘解説のように、数秘7の人はなんたら〜です。
とは違うので、本編ほへと数秘論、ある意味期待してください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーほへとCM
>ほへと占術研究室 数秘/生年月日 
>電話・対面鑑定申し込みフォーム  ※気楽に相談してください。
posted by ほへと at 21:34| Comment(0) | ほへと数秘論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

ほへと数秘論、始まるよ。

結局数秘は、オリジンタイプ(ABCD)とステージの組み合わせだ。
それも数秘は9までではなく、20まではある。(ほへと数秘の場合)

どの数秘がどうのこうので、当たる外れているのはここでは問題ではない。
エゴ数秘と呼ぶ9つの数秘だけでは、本当の自分も、なんの為の人生かもわからない。

まずこの企画は難解と思わる。
一般の占い好きの学生やOL的を全くターゲットしていません。
この関連記事を読んで、各自咀嚼し、各自理解・認識されると思いますが、おそらく誤解・誤認も多く出ると思います。
怖いのは、低レベルに解釈し、本人が分かったつもりというのが一番ヤバイ。
こちらは何が難しいか分かりかねるので、是非質問等を投げかけてください、その方が深く突っ込めるので、良いと思う。
直接電話鑑定や対面鑑定で質問していただければ、本人の疑問に答えつつも、記事内容にフィードバックできる思うので、完成度を上げられると思います。

目的は数秘システムを理解することで、最終的に意識境地(=精神)を高めていきたい。
エゴと何か?セルフとは何か?
人間の文明社会の価値観は、生命のもつ価値観とは乖離している。
本当に納得する人生を歩むなら、今、常識的を疑う必要がある。


とりあえず、9つのエゴ数秘は以下に単純に表せる

ステージ1
数秘1→(A)物
数秘2←(B)物
数秘3↑(C)物→事
数秘4↓(D)事→物
ステージ2
数秘5→(A)事
数秘6←(B)事
数秘7↑(C)事→智
数秘8↓(D)智→事
ステージ3
数秘9→(A)智

オリジンタイプABCD
→(A):Arrow 対象を射る
←(B):Back 感受
↑(C):Climb 昇華
↓(D):Descent 降下

ステージ
ステージ1 現実、マテリアルプレーン、エゴの下位。
ステージ2 こころ、アストラルプレーン、エゴのホームポジション。
ステージ3 潜在意識、メンタルプレーン、エゴの上位、セルフ。

オブジェクト
物:現実のオブジェクト、五感で感じられる。
事:心のオブジェクト、イベント。ショートムービー。主観が付加される。
智:非現実オブジェクト。いくつかの事から気づきという形で生み出される。もしくは妄想。


これを詳細に説明していく企画・記事です。

予定コンテンツ
■数秘システム解説
◯アローとバック
◯クライムとディセント
◯ステージと適応レンジ
◯・・・

■エゴとセルフ
◯エゴシフト
◯内と外の統一で消去。
◯名と人生
◯・・・・

■数秘EXとサブ数秘オプション
◯・・・・

■地球降下作戦
◯トコタチ st5
◯ナギとナミ st4
◯アマテラス st3
◯エゴ開発計画 st2
◯人間の本質 st1

■大気圏離脱作戦
◯1 #1,2
◯2 #3,4
◯3 #5,6
◯4 #7,8
◯5 #9,10
◯6 #11,12
◯7  #13

■・・・
◯・・・

posted by ほへと at 17:02| Comment(0) | ほへと数秘論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

チャレンジとセルフの計らい

なんとなく生きているようで、
自分が引き寄せた現実の中で生きている。

そこから出るには(変えるには)、なんとなくでは無理だ。

前人未到でも、チャレンジしてやる意志力が必要。

失敗したらと考えるのは、そもそも成功して普通の事へのチャレンジ。
チャレンジは本来ダメ元なはず。
万が一、うまく行ったらどうするか?という事。

何が成功か失敗かわかっていないエゴは、成功と失敗を、善悪と相対化し過ぎてしまう。
そして、無駄に失敗を恐れ、自滅する。

小賢しく調べて、安全安心で進むのは、チャレンジではなくエゴの計画。
成功してもエゴの成長。

セルフからすれば、結果ではなく、チャレンジの過程なのだね。
エゴの力を最大限に発揮すること。
しかしエゴ自身がエゴを最大限には使えない。
エゴからすれば無茶を要求するのがセルフの計らい。

自分を信用できるか?それは自信。
成功失敗を超えて、本当の自分である人生にエゴを委ねきれるか、エゴ自身がエゴを捨てられるか?ということ。

そうすれば、セルフの計らいがスタートする。
posted by ほへと at 22:05| Comment(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

6月11日(火)大阪梅田で対面鑑定いています。

6月11日(火)大阪梅田で対面鑑定しています。
平日ですが、もし6月11日(火)梅田で鑑定希望の方は予約お願いします。

少し先ですが、東京対面鑑定は7月27日(土)~29日(月)・ボディワーク教室28日(日)夜の予定です。


何をしていいのかわからない。
そのヒントは、エゴではなく、自分自身を出すこと。
例えば、何もしない、ように、ただ座ってみるのもよい。
ゲームやTVなどで暇つぶしはせずに、ただ何もしない。
そうすれば少しは気力が湧いてくる。

>ほへと電話鑑定/対面鑑定 注文フォーム
posted by ほへと at 15:07| Comment(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月31日

あなたのことを考える

魚の意識とは?
魚は何を考えているのかをずっと考え研究していた。

ペットちゃん達は何を考えているか?
犬や猫はかわいい。
純粋な意識、心。

時に人は何を考えているかわからなくなり、疑ったりする。

現実に屈してしまう心。
現実に挑もうとする心。

鑑定等で、その人を見る時にこの2つを見る。

そして、現実に挑もうとする心。
セルフと結びついたエゴの方を応援する。

エゴの計算した答えは、日々移り変わっていく。
真っ直ぐ未来に向かうセルフは、何を考えているのか?

それは、心無き心、魚の意識と似ている。
posted by ほへと at 17:41| Comment(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

エゴとの絆、無我夢中

エゴが強まると、セルフとの絆は切れる。

それは、現実という、ステージ1の属性の変化がある。

現実側は、実はセルフである。
現実がエゴを成長させている。


しかし、現実を高次元に見ることが出来ず、
逆に現実を低次元に見てしまう。

その低次元な現実に、エゴが支配される。
この時、低次元の現実とエゴとの絆が結ばれる。

これを説明するのがなかなか難しい。


現実を3次元とすると、エゴは4次元、セルフは5次元。

通常現実は3次元であるが、意識の上昇で、現実が5次元であることを理解することができる。


仕事をする、恋愛する、いろいろな活動をする場合、
現実を3次元である場合と現実を5次元である場合とでは、エゴの自由度や輝きが違う。

セルフと結ばれたエゴか、3次元の制限に結ばれたエゴか?

身体的にも、健康なときとは、エゴが軽いが、
歯が痛いや、熱がある等の場合は、低次元の現実とエゴとの絆が結ばれやすいということ。


エゴが眠っている状態で見るのが夢。
セルフが眠っている状態は、低次元の現実とエゴとの絆が結ばれやすい。

セルフを起こすことは、人生を目覚めさせること。
それはエゴを眠らせること。
エゴが強いと人生が進まない。

人生は現実ではない。
人生は夢なのだ。
だからエゴを眠らして、夢を見よう。
それが本当の無我夢中。

posted by ほへと at 22:52| Comment(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg