> 12月14日(土)~16日(月)東京対面鑑定(新宿)・ボディーワーク教室(表参道)15日(日)夜「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2006年06月09日

風水、実は土地が重要。

風水は、家(相)の問題だけではない。

土地が重要だ。どのような土地か?
それらを見極めるのはやはり、素人が入門書では心もとない。

なんせ、数千万の買い物だ、後で後悔しないようにしたい。

以前風水を見た人と食事をする機会があった(さらにいろいろ人も紹介して頂いた)。
今のお家に決まる前に、この家はどうか?と鑑定の依頼があった。

その家は「最悪」だった。
しかし、家相が悪い訳では無かった。
探す時にアドバイスしたように、南が開けていて、東側に玄関があった。

しかし、そこはまさにそんなレベルではない最悪っぽい土地であった。
そこには10戸ほど家が新築中であった。

「ここはダメです。全然ダメです。」と告げた。

しかし、もう手付け金を入れていた事や条件がいい事、子供の通学の事、銀行の融資などいろいろ言われて、なんとか買ってから、家(相)の風水でなんとかならないかと言われた。

「無理です。金属バットで殴られるのを木のバットくらいには出来ますが、、バットで殴られる事は避けられないですよ。」と例えて言った。

風水は悪い物を、良き物に替える魔法ではない。
善し悪しを判断する職人的技術だ。

そういっても、なかなか納得してくれない、当然不満そうな顔だ、、

相手の事を考えるからこそ、強い口調で説得する。
いわば「脅し」に近い事を言ってしまう場合がある。

「経験上、そこの住んだ人は変死したり難病にかかったりするよ。」

よく占い師が「脅し」っぽい事を言う場合は2種類あると思う。
ひとつは相手の事を思って言っている場合。
そして、あとは自分の威厳の為だ。

「じゃここに住めば絶対死ぬのですか?」

ほとんど喧嘩状態で言い争った。

「身内なら殴っても止めさします。」と最後に告げた。
なんか気まずい感じになったけど

結局、その方は悩んだあげく、手付金も諦めて、そこの購入は踏みとどまれた。

その後、その方が、その場所に住まれた方と知り合いになられて、住んでいる方に聞いたらしい。

「前にそこに住もうと思った時に、占い師にそこに住んだら変死したり難病にかかったりするよと言われた。そんなことないやんね?」

するとそこの住人の顔色が真っ青になったそうだ。

事実だそうです。
引っ越しして来て2ヶ月後に主婦ががんで亡くなる。
奥の2件のご主人が数年の間に二人とも亡くなる。
ハシから2件が子供がネフローゼや難病。
その前の家もおかしな事が多く、般若心経を門に埋めたとか。
そこの家を売り払って引っ越しした人は、いろいろ良くなった。
問題の無さそうなお家は共働きで、ほとんど家にいないそうだ。

その時に「命の恩人」と言われました(笑えないけど笑)。

ほへとは結局、いろいろ考えてしまいますね。いったい誰が悪いのか?
業者も、まさか、偽装して儲けようとか思っていた訳でもないし。
知らぬ事とはいえ(多分)、そんな家を売る。設計する。

人生かけて、その家を購入する家族。

裏一級建築士とか作れないかな(無理だ)

風水の相談などは気軽聞いて下さいね。出来れば早めに。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(HP)ほへと占術研究室 風水/住居
風水鑑定はコチラ>風水鑑定申し込みフォーム 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
posted by ほへと at 20:46| Comment(29) | TrackBack(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg