> 12月14日(土)~16日(月)東京対面鑑定(新宿)・ボディーワーク教室(表参道)15日(日)夜「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2006年08月01日

愛宕神社の千日詣りに参加!

そんなわけで、この「ぐぅたぐぅた」な心と身体に活を入れる為に、愛宕神社の千日詣りに参加する事を決める。

午前2時に、山頂愛宕神社で行われる神事「朝御饌祭(あさみけさい)」に時間を合わせて登る事にした。

カバンに,着替えのシャツ、防寒用の長袖シャツ、タオル、カメラ、iPodを入れ近くのコンビ二へ、さらに,おむすび2個と、お茶と水を購入し、気がつけばカバンは結構重い。

でも気にせずに、ウォーミングアップがてら、京福嵐山まで徒歩で行く。

P1130002.JPG
京福嵐山前より千日詣りの特別バスに乗る。清滝まで200円。時間は23時58分。

P1130003.JPG
清滝のバス停より、愛宕山の登り口に到着。既に降りてこられた人達が、茶店前で休んでおられる。

ほへとは、今から登るのであった。
前半の1/3は階段等結構きついので、出力50パーセントで登ることにする。

通常真っ暗闇のこの時間、千日詣りの今日だけは、道々にはだか電球が足下を照らしてくれる。

行き交う人々と「おのぼりやぁーす(下ってくる人)」、「おくだりやぁーす(上がる人)」と声を交わしながら登って行く。

前半の1/3が終わり、五合目、七合目を目指す。この頃には,首にかけたタオルは絞れる程になっていた。お茶のペットボトル1本目は空となる。

とにかく、足に出来るだけ負担をかけないように、うまく体重使い登る。ペース配分をちゃんとして、本当に大変なのは帰りの,下りである。登りで体力を使い果たすと,帰って来れない。


P1130018.JPG
七合目あたり、遠くに夜景が見える。京都市でなく,亀岡の方だ。

P1130024.JPG
ようやく山頂へ、そこは霧の中。

P1130025.JPG
突然,場違いな,屋台が出現、、いや、そんなはずは無い。お腹が減ってみる幻だろうか?、狐のいたずらだろうか?、どっちにしろ先に参拝することに。

P1130027.JPG
山頂についてからも、階段が続く。ようやく、愛宕神社か?


P1130029.JPG
門をくぐるとさらに,これでもかと階段が続く。FFのラスボスかよぉ(しつこすぎぃー)

P1130032.JPG
ようやく,愛宕神社に到着中!。こんな霧の中の、愛宕神社は初めてだ、、すっげー怪しい(笑)。

P1130035.JPG
愛宕神社は正面だけでなく、裏や、さらに奥に、沢山の神様がおられる。くまなく、ご挨拶にうかがう。
例の「火迺要慎」のお札を買う。

そして、午前2時。神事が始まる。この人だかりだ、、見えない。

屋台までもどり、腹ごしらえ、濡れて重くなったシャツを着替え。冷えるので、さらに長袖をはおる。

さて、このまま朝までいて,ご来光を見るか、、あっさり帰るか迷う。が帰ることにした。

しばらく、道の隅に、座り込んで休む。
まだ、どんどん人が登ってくる。


P1130039.JPG
ほんの数メートル先しか見えない,濃霧の中、裸電球の灯りもにじむ、そこから人影が現れる。ふと未知との遭遇を思い出した。

そんな、夢のような、まっ白の濃霧の中、、でボーっと思う。

「なんでこんなにしんどいのに、のぼってくるのかなぁー」

決して、若くは無いおばさま達が、ゼイゼイと通って行く、、子供を背負った人もいる、、若いアベックもいる、、

まさか、そこまで、1000日のご利益が欲しいのか、、または、火事が恐く、どうしても「火迺要慎」のお札が必要なのか?、、そんなはずはないだろう(きっと)

「そうか、ここは天国なんだなぁ」、そんな気がした。
「ここ」とは、別に愛宕山頂の事ではない。ここ地球のことだ、、みんな、山登りのように、生きて行く事自体、大変なことだろう、しかし、そうして、苦労して、生きる事自体が目的で、、その苦労自体が後に、登りきった時に幸せと感じるのだろう(謎)。

P1130037.JPG
屋台にて、、ビールは無いのですか?、「もう売り切れです」、他にアルコールは無いの?、「もう売り切れました」。ってそれは、「あっお酒ですね、最後の一缶です。」

運良く最後の「氷結レモン」をゲット!、下界の倍以上の値段だが、相対的には、それ以上の価値がある。「唐揚げ」と共に美味しく呑みました。
しかし、今回は全然余裕でした、しっかり、おむすびも食べ、さらにトマトまで買って食べて、特に内蔵はかなり余裕がありましたね。

そして、身体が冷える前に下山した。
清滝のバス停前は、5時半からの始発待ちが大勢。
その大勢に入る事はやめて(待つのが嫌いな人)、歩いて帰る事に、、

ビールを片手に歩き出す、そこへ丁度タクシーが、

そしてタクシーで帰ることに変更。

タクシーより愛宕を振り返ると、、雨が降って来た。
みんなだいじょうぶかぁー(足滑らすなよ)

帰宅後お風呂へ直行。



posted by ほへと at 19:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg