>☆8月7日(水):神戸(三宮)・大阪(梅田)対面鑑定「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2006年08月05日

補正オプションについて1

ほへと生年月日占いの補正オプションについて

ほへと数秘占術のほへと生年月日占いにて

基本のカバラ数秘の誕生数1から9を補正するものです。
おそらく、これほど細分化するのは、ほへとが初めてでは無いでしょうか?

主に4種類のグループが存在します。
X系:神秘的な力のレベル。DX、EX、SPLなど7段階
N系:誕生数の力を強めたり、弱めたりします。Gt、ph
Z系:性質を抽象化するレベル。ab、z、xyz
DB系:複数の誕生数の性質を持つ。Db、std

さらに陰陽と現実化と抽象化と4つのフラグがあります。
a+:陽
p-:陰
△:現実化
▽:抽象化

これらを詳細に説明していきましょう。
とりあえず、今回はDB系を
複数の誕生数の性質を持つ。Db、std

Dbは誕生数とそれとは別の誕生数の2つの性質のハイブリッドです。Dbとはダブルの意味です。Dbの後ろに、もう一つの誕生数が表示されます。性質的にこの2つの数字が、協調するか、争うかで脳内会議がまとまったり、長引いたり、荒れたりします(笑)。


stdは誕生数とそれとは別の誕生数2つ、計3つの性質のハイブリッドです。といっても、主となる誕生数が圧倒的に強く、あとの2つの数は、補助輪的に作用し、弱点を補正しようとします。ゆえに一般的に常識的な行動や考えに落ち着かそうとします。stdは標準に向かうの意味です。スタンダード。まぁ変わっている人も実は多いのですが(笑)


とりあえず今回はこんな感じで、、
posted by ほへと at 23:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg