> 10月26日(土)~28日(月)東京対面鑑定(新宿)・ボディーワーク教室(表参道)27日(日)夜「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2006年09月08日

マックでSkype導入

Skypeを導入してみることにした。

SkypeとはPC上の電話アプリで、Skypeユーザー同士は全世界で無料で通話ができて、普通の電話や携帯にも格安にかけられるという話だ。

Skype 1.5ベータ for Mac
「今までを越えるシンプルで使いやすいSkype for Mac。Macユーザにあわせてデザインされました。」とある。
とりあえず、アプリをダウンロードしてきて、各種登録。

さっそくSkypeで使えるヘッドセットも買ってきた。

とりあえず、SkypeOUTなる、普通の電話や携帯に掛ける1500円分のチケットを購入する。

さっそく友人に電話する、、が掛からない、まったく掛からない。

おいおいシンプルに使いやすいって、、使えないやん。

ヘルプを読む(賢い人は最初から読んでね)

どうも電話番号の最初に国番号がいるようだ、どうするんだろう?

試行錯誤の末、何とか発信できた。

「プルルルルル」と着信したもよう。


「もしもし?」、おっ声が聞こえた!(当たり前)、「あっもしもし俺やけど」
「もしもし?もしもし?、、、、もしもし?、、、ガチャ!つーつーつー」

オイオイ切るなよ、、
携帯からかけ直して、「ごめん、ごめん、さっきのはコンピューターから電話したんだけどどうだった?」
聞くと、こっちの声が全然聞こえなかったようだ。

原因を探る。

システム環境設定のサウンドより、入力をライン入力にした。でもどうも入力レベルが上がらない。

ヘッドセット説明書を見た。「本製品は DOS/V専用です、Macintoshにはコネクタの形状が異なるので使用になれません。」
(賢い人は最初に読んでね(涙))

どうやらマックでヘッドセットを使うにはUSBタイプがいるようだ、、、これどうするの?

バットネバーギブアップ!
システム環境設定のサウンドより、入力を内蔵マイクにしてみた。

再びSkypeより友人に電話。
今度は声が聞こえるらしい、大きさも普通だそうだ、なんとか使えるか、、でも少しこもっているそうだ。

話せるには話せるが、思ったより音質がよろしくない。
やはり、ウィルコムの高音質になれているせいだろうか?

うーんそれじゃ電話鑑定には使えないな、って感じ、

そもそもSkypeの導入のきっかけは占い鑑定の通話料の削減と着信コースをつくることにあった。

現在、占いの電話鑑定は W-ZERO3[es]でイヤホンマイクをつけて行っている。
対携帯は1分で26.25円で30分電話すれば 787.5円もする。

実際30分で鑑定料を電話代込みで4千円(税別)頂きますが、、通話料を引くと3212.5円です。

普通占いで30分も鑑定して3千円ちょいって、、微妙に、、アウトだよね、、あうー、サービスしすぎかも。普通の占い鑑定は、10分ほどで2,3千円取らないか?良心的なところで?

しかも調子乗って40分ほど話す時もあるし、、通話料1000円以上いってたのか、、辛い(賢い人は最初に計算してね)。


プロバイダのIP電話だと、対携帯は夜で25円なので、W-ZERO3[es]とさほど変わらない。
Skypeは対携帯で1分で17.5円、30分で525円となる、差は262.5円

そんなわけでSkypeの導入を検討してみたのだが、、今いきなり座礁した。ガーン。

さぁどうなる
posted by ほへと at 13:20| Comment(3) | TrackBack(0) | マックやiPodなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg