2006年11月11日

キムチ鍋と毛ガニ

今日はいつもの場所で、いつものメンバーでキムチ鍋をしました。

そして、いつものキタノスーパーへ買い出しにいくと、わりと大きな毛ガニが特価で売っていました。
松葉(ズワイガニ)より,味が淡泊な為に、キムチ鍋に合うだろうということで、

この口からブクブク泡を吹く,活け毛ガニは、生きながらに、キムチ鍋にぶち込まれることに、決定されました(合掌)。

とはいうものの、さすが、そのままぶち込むと食べににくいので、足をもがれ、足は鍋に。
ダルマ状態の毛ガニ本体は、蒸されることに変更されました。


imges350.jpg
足を、生で食べる。毛ガニ最後の無駄な抵抗で、食べようとした、ほへとの指にとげが刺さる。
が、めげずにパクリ!、うっまぁー(幸)

imges351.jpg
キムチ鍋の食材。今日は贅沢ですね。

imges355.jpg
グツグツキムチ鍋。毛ガニの足は、やはり相性ばっちりでおいしかった。

imges360.jpg
お腹いっぱいで、お開きかという雰囲気が流れたときに、、!あっ忘れてたと、危機一髪で、思い出した、今日のメインディッシュ!、ダルマ(毛ガニの本体)さん。


宴は夜中まで及ぶが、りさぷーが帰ってから(しかも携帯また忘れて)、外がやたら騒がしい、お隣が夜逃げでもしているのか?と思っていたら、やがて、雷声が轟く。
激しい雨と、稲光。なんと嵐ですか。

雨が収まるのを待つが、なかなかにしつこく降り続く。
傘を借りて、帰ることに。

病み上がりの身体にちと切ない雨でした(毛ガニの祟りか?)。


posted by ほへと at 14:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg