2006年11月19日

嵐電のアナウンスが変わっているぞ

嵐電(京福電車)に乗ったら。

なんとアナウンスが大幅に変わっていた。
停車する駅の地域にまつわるうんちくがアナウンスされているのだ。
こないだまではなかったのに。

嵐電は京福電鉄・嵐山線の通称名で、路面電車です。普通に信号で止まるし、横には車やバイクが走っています。観光客はたまにビビっていますが、、

結構詳しく、駅ごとに言ってくれるので、地元民(原住民)も再確認できてよかったです。

当然、観光客には非常に親切で良いサービスだと思います。

嵐電も頑張っているな。

ちなみに嵐電の駅名は京都人独特のいぢわるな性格のために他府県の人からは読みづらいのが抜擢されている。(ウソ)

しかし、今日は雨で嵐山行きのこの車両はシャレにならないほどのガラガラで、せっかくのアナウンスも少しむさしさが漂っていた(涙)。
まぁ2両編成と夕方という時間帯もあるでしょうが、本来ならば紅葉のシーズンの最高潮の日曜なのに。経済的損失は計り知れないだろう。

今日は仕事&ゲーム&地デジ用のauのW33SA2の充電が不能になり、河原町まで文句を言いに言ってきました(笑)。(無事アダプターが原因と判明)
posted by ほへと at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg