2007年01月31日

酒盗とガシラ

火曜会メンバーと岡山の友人が、四国に旅行へ行ってきました。ほへと抜きで(涙)

岡山の友人が絡んでいるために(4EX)、やはり、過酷な強制スケジュールだったようです。
年末にほへとが行った金比羅さんも登ったようです。

imges787.jpg
その時の高知のおみやげの「酒盗」。
岡山の友人が以前高知のお店で食べたのがおいしくて、土産物屋で「酒盗」を買って帰ったが、それが酷くはずれらしく、今回は、その料理屋の店員に、「ここの酒盗を分けてくれ」と頼んだそうで(ありえん(苦笑))、店員も「板長に相談します。」ということで、結局ビンに詰めてもらってきたそうです。ビンには原材料やバーコードなどの表示は無い!
頼むから、旅先で迷惑掛けるな!こないだも、一から芋作らしたり、、

でもこの「酒盗」、味はさわやかですっきりした味。その辺りで売っている、半分腐っている感じのものとは全然違い、確かにおいしいです。まぁビールにはちと塩辛いですが。日本酒には良さそうです。

imges789.jpg
今日のメインディッシュの「ガシラ」の丸揚げ。
脳裏に「とったどぉー!」という浜口優(まさる)の声がリフレインする。
写真で見る以上に巨大です。
どこ食っていいのか格闘しながら食します。

ほへとも高知に行きたいですね。

posted by ほへと at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

東京にて(070127)

東京へ行ってきました。

物件の鑑定ですが、月の家賃が200万という、アンビリバボーなモノでした。
デザイナーさんがメインで作られたものらしく、非常にオシャレで、独創性に溢れた物件でした。

結果は、うーん、ダメですね。
デザインも、オシャレと悪趣味の微妙な位置と、一般の建築形態を無視した構造は、風水的にもダメダメでした。

たしかに一見おもしろいのだが、、、

こうして、東京のメインの用事は一撃に終了して、時間はお昼の3時前には路頭に迷う。
せっかくなので、原宿は竹下通り。など見物。なるほど&絶句な街だ。

なにげに、ネットカフェへ寄る、グーグル検索に「ほへと」を入れると、履歴に、
ほへと占い
ほへと数秘
ほへと数秘術

とほへとを検索してくれた跡が残っていた。
「うぅーさんきゅーっす(涙)」


「あれ、さっきと同じ!?」
その後に、このコミュ見てきてくれた方を何人か占いましたが、なんと、そのうちの二人がまったく同じ生年月日で驚きました。 年も一緒!
シンクロですね、普通あり得ない確率です。(月日だけでも300分の1以上)、しかも続けてでした。
ノートを一枚戻すと、同じ生年月日が、、計算の手間が省けた(笑)、、

またブログで東京行きを知って連絡をくれた方、すみませんでした、時間が取れなくて。
また今度余裕をもって行きます。(今回はMixiのみ事前に知らせました)

東京にて(関東方面)
imges795.jpg

「のぞみ」のスピードが高速過ぎるために、富士山は真っ直ぐだが、建物や電柱が斜めに映る。
携帯(W-ZERO[es])の内蔵カメラでは、CMOS画素チップが画像を上から下へ情報を取り込むが、その取り込むほんの一瞬にも、のぞみは爆進しているために、画素の上を取り込んで、下に達する頃には建物や電柱の位置が変わっているのだ(進んでいる)。特に近くは酷く、遠くに従って直っていく。おもしろい。

imges802.jpg
歌舞伎町を今回は徹底的に探索!
ゲームの「龍が如く2」で歌舞伎町のマップは予習済み。
ゲームでは「神室町」となっているが、スポンサーの店、ドンキなどはそのままの位置にそのままの名称で登場。

imges803.jpg
ここも見たことある(ゲームで)風景。劇場前広場。さすがに現実ではヤクザは絡んで来ない。来ないでね。京都の友人と話しながら(Willcom同士定額だよ)、歌舞伎町を実況してました。

imges813.jpg
チャンピオン街いや、ゴールデン街の古いバーで酒を飲む。
ここは昭和初期で時間が止まっている地域で、もの凄く「きたない」感じ(笑)
ここもゲームで知ったが、普通の人は行かないだろう!?
でもココは「阪神」好きのオーナーのお店で、フレンドリーに話せたし、オーナーの趣味という酒の種類と値段の安さにびっくり(税金対策だとか、、)

それにしても、東京は広すぎますね。
posted by ほへと at 19:13| Comment(3) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

突然の東京行き

imges797.jpg昨日の夕方突然東京行きが決まり、今日は朝から新幹線です。
当てにならない天気予報。
今日は実にすばらしい天気だ。

久々に富士山が驚くほどキレイでした。

W-ZERO3[es]の内蔵カメラで撮影したので、画像はイマイチですが、やはり、雪をまとう富士は感動しますね。
車内で画像をトリミングしてのブログ投稿です。

今日は天気が良いせいか、ボーっと窓の先の風景を眺めています。

それにしても新幹線はスゴいなと、超高速の地面を滑空するロケットです。
何気ない事ですが、このテクノロジーには関心します。
2時間12分という時間で
京都から東京品川へ移動します。

今回は座席が進行方向左窓側が取れてラッキーでした。
posted by ほへと at 11:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

北海道の料理屋さん

大阪は梅田の泉の広場より少し行った所の、北海道直送「本生御殿・丼ぶりや」という所で、こっち方面の友人と食事をしました。
どこへ行こうかと迷ったあげく、以前に行こうとして、たどり着けなかったココに決定。
今回は、北海ものが食べたい願いが通じ、なんとか店にたどり着きました。

imges772.jpg
ぶり大根、ぶりは北海道産を8時間煮込んだそうで、身はしっかりしているのに、でっかい骨も柔らかくびっくりです。すごくおいしい。

imges773.jpg
スケソウダラの白子。っていうかその上にのっているひとの方が気になります。

imges778.jpg
歯触りのばいがい、大きなホタテ、そしてうに(バフンウニ)!。幸せです(涙)

imges780.jpg
北海道のほくほくジャガイモに、なんだっけ、、チーズをのせたやつ。トマトも。

imges782.jpg
食後のデザート。レアチーズケーキ。

実はここの社長さんとはちと知り合い。
お客さんにも、料理や素材の事を説明してくれます。
とてもフレンドリーな人です。

料理も非常にリーズナブルなのでお薦めです。

本生御殿・丼ぶりや・HP
東梅田店 06‐6312‐9988
(マップがわからなったので、HPに載せるよう言っときます。)
posted by ほへと at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

理解と把握2(身体風水序章)

人を理解する事は出来ない。
人を把握するは可能だ。

自分の事を理解していると思っている人は、やがて大失敗する。
自分の事を把握している人は、自分を生かせやすい。

相手を理解したという瞬間、その人との関係は終わりに向かう。
離れた相手の事をふと理解することはある。
これは、理解が結果ということです。

進行形の対人関係では把握することを意識しましょう。


物事を把握するには、集中しすぎてはいけない。
物事を一点で見てはいけない。

物事をちゃんと見るのだ。
見入られてはいけない。
部分に囚われないこと。

見るということは、意思表示ではない。
そこから何かを感じるのだ。

また、把握力の弱い人は仕事を頭で理解しようとするのだが、目の動きもおかしい。一点固定だ。

把握力のある人は、目より、例えば耳で状況を把握していたりする。視覚に頼り切らない。

理解は頭だが、把握は身体は前面部、胸、腹部で行われる。一般的には「はら」や「ハート」という場所だ。
屈筋や知覚神経も重要だ。基本的に屈筋の方が感じやすく敏感に出来ている。

また行動は身体の後面部、背や腰が中心だ。
伸筋と運動神経が重要。

実は真の思考は内蔵、五臓六腑で行われる。
これは横隔膜、自律神経の関係が大きい。


こうしたほへとの研究で「身体風水」と呼ぶカテゴリーである。

仕事や人生が上手く行かない人の多くは、知識や勉強不足ではなく、身体がまず出来ていないのだ。
そうした人は逆に「ハウツー」ものに頼るという悪循環を起こし、「どうするの?」という意識を持つ。

○把握できる身体作り。

・身体の重心を足裏に落とす、やや前かがみ。
・みぞおちには指の第1関節が入る程度にゆるめる。
・意識は外界を見るのではなく、それが映る心を見つめる。
・脳内のホワイトボード真ん中辺りは、キレイに消しておくこと。

逆に、みぞおちを張って(胸を張る)、辺りを警戒してキョロキョロしていてはダメです。

どんなことも身体の内部でしか感じないのです。
それを飛び越えていきなり頭で理解しようとしないことです。
posted by ほへと at 18:48| Comment(3) | TrackBack(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

Operaが起動しない

何故だろう、Operaが起動しなくなった。
ここで言うOperaとは、正確にはOpera(Mobile)8.6 for W-ZERO3という、W-ZERO3[es]用の実質標準のウェブブラウザだ。

さらに「PseudoOpera」というアプリを使い、勝手に終了しないように使っていた(お薦め)。

そのOperaが何故か、突然、起動しなくなった。
原因は分からないが、、、まさかそんな事はないだろう。

原因を探ると最近新型W-SIM(赤耳)のフォームウェアをバージョンアップしたから、その事だろうか?、いや違う。

おそらく、ライバル社のNetFront3.4のプレリュー版をダウンロードして使用したせいか?
どうもこれが一番怪しい。実際はそんなことは無い(はずだ、だろう)

ともかく、ほへとのoperaはへそを曲げて、雲隠れしてしまいました。

どうしょうもないので、ライバル社のNetFront3.4を使用しようとも思ったが、何かイマイチな感じ。

とにかく、久々にフォーマットリセットを行うことにした。

以前のW-ZERO3ではフォーマットリセット後の環境復興の作業は大変でしたが、W-ZERO3[es]では非常に簡単になっています。


とにかく、バックアップツールにてバックアップを実行。
出来たと思ったら、バックアップを失敗しましたとの報告。おい!

前のバックアップファイルをリネーム。

再度チャレンジ、今度は成功、バックアップを検証後リセット。

何故かW-SIMがオフになっている。

マニュアルの11-6「完全消去する(フォーマット)」に従い。フォーマットリセットを行う。


オー買った状態!、字もギザギザだし、いちいちクリック音がうるさい。

問題のoperaを起動すればちゃんと起動してくれた。良かった(ほっ)。


バックアップツールにて復元を開始。

「バックアップの復元が完了しました。」

確認する。おおっちゃんとアプリなんかも復元されてる!
アドレスは?おお完璧やん。メールもバッチやな。

すっげー、ちゃんと元通りやん。

さて、operaは?

、、、、、、

動かんとこまで、復元してるやん・・・_| ̄|○ がーん
よく考えればそうなんだが、
今までの苦労が、、(涙)


でも、1/18にもバックアップしていたので、それを復元することに。
その時には、NetFront3.4も入ってないからね。


再び「バックアップの復元が完了しました。」

しかし、1/18から今日までに書き込んだ予定が消えている。その間のメールは、転送によってバックアップはある。ん。

ぎゃー昨日合ったのあの子のメルアドが消えてるやん・・・_| ̄|○ マジですか

まさか、真の原因はそこかっ!、、誰だ?一体誰だ?





posted by ほへと at 04:45| Comment(2) | TrackBack(0) | スマートフォンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

理解と把握

理解と把握は違う。

理解は結果。
そして理解は理解しただけ、頭だけである。
知識が増えます。

把握することは、行動を起こす前の準備である。
把握は、行動のときに、無意識的な動きをサポートします。

行動するときは、頭を空っぽにする必要があります。
理解してから行動しようとすると、頭が優先され、身体の動きが制限されます。


理解は頭で起こる。
把握は頭以外で起こる。

理解の怖さは、分かっていないのに分かった気になることだ。

例えば、説明者が上手いほど、怖い。
泳ぎ方を理解した。
運転のやり方を理解した。
代数幾何を理解した。
宗教的な言葉を理解した。

など実は全く分かっていないのに、理解したと思い込むところが怖い。
また安易に理解しようとするのも問題だと思う。

これは今の教育制度にも言える。
英語を話せないのも、把握でなく理解しようとしているからだ。
また、理解力に優れた学生も社会に出れば「頭を使え」と怒鳴られる場合もある。
物事を身体で把握する能力が低いからだ。
社会ではいちいち答えを教えてくれないし、解説も無い。

一流のアスリートは、把握する力がすばらしいと思う。
身体の状態、状況の変化を把握し、結果を出すのです。

要は、理解より、把握することが重要だということです。
posted by ほへと at 18:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

生命(セルフ)


行動は生命を生かす場合と殺す場合がある。

セルフを中心に置かない、エゴ的行動は、自身の生命自体を弱らせる場合が多い。

エゴは、肉体的本能によって肉体的生命の安全を優先してしまい、結果として消極的な生き方、守りな人生になってしまう。

人間の死に脳死というのがある。
心臓が動いていても、中枢神経の中心である脳幹が死ねば、医学的には死と定義づける(異論もある)。

脳幹が生きていて、意識が無い状態は植物状態で何十年経って、ふと目覚めるように意識が戻る場合もある。

中枢神経に対して、末梢神経があり、これはさらに、3つに別れています。

知覚神経、自律神経、運動神経

これは、ほへと的にはエゴの本質とみています。

これは、先の感性、思考、行動と関連しています。

エゴ中心的の、感受し、思考しの行動には、生命の輝きはありません。いわば美が無い。

ほへとは中枢神経は生命の本質と考えています。
そしてセルフとの関連付けています。

セルフを中心に置いた、感受、思考、行動は、エゴをコントロールする。
そこには生命の基本である、力強さ、積極性、美しさがある。

現代人は、中枢神経の活性度はかなり低い。
それは、姿勢からみても分かる。

ゆえに、エゴ的とらえ方、エゴ的思考、エゴ的行動に走ってしまうのだろう。
そこには生命の輝きはありません。長期的な幸せもありそうにありません。

最近も多くの人を鑑定しますが、この本質的な壁にぶつかっている気がします。

みんな、無意識にこのままではダメだ、でもどうしたらいいのか分からない。といった感じも多く見られます。

そんな鑑定では、その人の「セルフ」の部分に意識を合わせ、落ち込んだ「セルフ」に「活」を入れることを重要視しています。
占いが当たったなどは些細な問題です(当たるけど)。
「セルフ」の部分に意識を合わせているからこそ、「エゴ」的部分には容赦なく「ぶった切り」ます(笑)
結果的に元気が出たり、積極的な気持ち、すなわち、生命の輝く状態(セルフ復活)にできればと思って鑑定しています。


実はHP(ほへと占術研究室)を立ち上げた目的は、そこにあります。

まずプロセスとして

(1)エゴ的自身の把握ー>ほへと生年月日占い
(2)セルフ的視野の発見ー>言霊(名前)占い
(3)運気を上がる(エゴ的力以外の発見と恩恵を受ける)
    ー>陽(方位マネージャー)、陰(風水)
(4)ボディーワーク(セルフ活性の)ー>身体風水(予定)
という目的で、HPを立ち上げました。

ぼちぼち進行していきます。


posted by ほへと at 12:47| Comment(5) | TrackBack(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

W-ZERO3[es]だけでYouTubeを

よく行く喫茶店で、週刊アスキーを見ていたら、W-ZERO3[es]のプチ特集があった。

そこに、衝撃の記事を発見!
なんと、W-ZERO3[es]のみで、YouTubeのflvファイルをAVIやMP4に変換して、[es]本体にダウンロード出来て、それをTCPMPで再生して見れるというものです。

詳細は今週号の週刊アスキーを見て下さい。パクリになるので。

注意点としては、OperaをPCモードにしなければ出来ません。

やり方は、YouTubeより、見たいファイルを選びます。
現在のW-ZERO3[es]のOperaのフラッシュのバージョンでは画像が見れない場合もあります。
URLをコピーして、週刊アスキーに載っているサイトにコピーして、お望みのファイル形式を選択し、スタート!

なんとこのサイトがflvファイルをコンバートしてくれます。
そして、コンバートが完成したら、ダウンロードして、TCPMPで再生!

すげー!、PCやマック経由での変換がいらない!

多少時間は掛かりますが、その間は、違う作業(テキスト入力など)して待てばすぐです。

別にW-ZERO[es]用ではなく、PCやマックからでも簡単に行えます。

今週の週刊アスキーは必見ですよ。

posted by ほへと at 18:26| Comment(1) | TrackBack(0) | スマートフォンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

火曜会、いも祭り

例の岡山の友人であるが、サツマイモを送ってきてくれた。
しかし、只のサツマイモにあらず。

3種類のサツマイモを送ってきてくれたのだが、どれも貴重で、中には幻のサツマイモまであった。

2年前に岡山の友人が九州に行ったときに、サツマイモ農家の人にこんな芋見たことありますか?と尋ねたら、今は作っていない、、よし作ってやろう、そしたら送ろう。みたいな会話があったそうで、あれから2年、ちゃんとその人から送ってきたそうです。このために栽培されたんかな?
そんな無茶な話あるのかよ、、(泣)

ほへとも幻のさつまいもの話は知っていて、非常に栄養価が高いと聞いている。

それが、目の前にあるやん。
品種は、古い人参芋、今の人参芋、安納芋だ。

その古い人参芋を見た瞬間、これ幻のサツマイモやん!って叫んでしまいました。

現在は今の人参芋でさえ、幻のサツマイモと言われているようです。

imges745.jpg
幻の古い人参芋。白く丸いサツマイモだ。非常に貴重品。

imges746.jpg
現在の人参芋。十分貴重。

imges748.jpg
安納芋。高価だがこれは市場で手に入る。


imges751.jpg
アン肝。キタノの半額ものを家で湯がいたやつ。うまっー

imges752.jpg
なぜか、鹿刺し。馬刺しのようだがあっさりしていて食べやすい。

imges755.jpg
芋を焼く。かなり長時間焼きました。

imges756.jpg
幻のさつまいも、古い人参芋、中は黄金色!。味は上品な甘さです。甘さの中にもしっかりとした芋の味があります。

imges757.jpg
今の人参芋、人参のように赤い。味は甘く。おいしい。赤い色はβカロテン。

imges758.jpg
安納芋、一番見慣れた感じ。で味も非常においしいが、いつものお芋だ、ジャガイモに似ているせいか、少しパサパサしている。バターが欲しい。

imges759.jpg
なぜか、クワイ芋も特別参加。さすが甘みが薄い。


そんな感じで、今回は岡山の友人のお陰で、貴重なサツマイモを頂きました。
それにしても、九州の人って凄い。岡山の友人のパワーも凄いが(苦笑)

九州の人、本当にありがとうございました。また迷惑お掛けしまして済みませんでした。
posted by ほへと at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

行動について

行動というのは難しいものだ。
思考とは違い、取り消すことが出来ない。
またゲームとも違いやり直したり、リセットすることは出来ない。

そして、行動により、新たな現実が形成される。

それは行動とは、この感じている完全な現実に自らが干渉する行為だからだ。

この現実に行動という干渉によってのみ、私という存在は進化していく。

行動の反対は感受である。すなわち、この現実を感じること、現実から干渉されること。

だから、行動とは、この現実側に干渉することや、感じさせることだ。

実際に行動を起こして、私が存在しなければ、起きないことを起こしてみる場合と、

例えば女性のメイクやファッションの様に、他者に何かを感じさせるのも一種の行動である。
現実側への干渉には変わりないのだから。


行動は、どんなに影響が小さくても、現実への干渉である。

完全なこの世界、現実に対して、小石を投じたことになる。

小石自体の影響か、広がる波紋の影響かは分かりませんが、影響した分は、

再び、新たな変化として自身が感受することになるでしょう。

色受想行織の織は再び色に変える。


問題は、無意識の行動は、その結果を感受しにくいこと。
意識しての行動は、その結果をより鋭敏に感じることが出来る。

また、意志をもった行動は、長期スパンで、一定方向のベクトルを持って、現実に干渉していく。
思いつきでの行動は、現実に干渉する力が分散される。

行動のキャンセルは許されない。

よって、途中で、行動や意志の方向転換を行なった場合も、過去に起こしていた行動の影響を受ける。

その場合は、過去にさかのぼって、過去の自分とよくコミュニケーションしなければ、
今後の目的を、邪魔しているのが、過去の自分だったということになりかねない。

意志が強いほど、行動の輪郭はハッキリする。
posted by ほへと at 15:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

ウクレレの発表会

北山の某喫茶&ギャラリーにて、ウクレレの発表会&新年会?が行われ、ほへとは偶然そこへ行くことになりました。

imges734.jpg
最初は立食でのパーティー。ポトフや各自が持ち寄った食べ物。
特にエビフライとヒレカツは驚きのうまさ。聞けば衣にコーンフレークを使用しているそうです。
ほへとは車での参加なので、おとなしくジュースです。


imges737.jpg
ウクレレ。近くで見るのも、触るのも始めて。
思った以上に音圧もあり、軽い音ではなかったのに少しびっくり。
三味線の音に似ていた。
ギターに比べると小さいというかおもちゃのようだが、、
何度も、ウクレレやってみませんかと?誘われるが、、、丁重にお断りする(苦笑)

imges740.jpg

演奏会が始まる。ウクレレの多重演奏は思った以上に多くのパートに別れていました。
そして、神髄はウクレレの音色はコーラスに合うということだ。
また、ウクレレといってもハワイアンの曲ではなく、タンゴなどいろいろなジャンルが演奏されました。

なかなか楽しい会でした。


posted by ほへと at 07:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

美容室

今日は湿度が高く、頭(髪)が爆発している。
というわけで、美容室に予約をいれて、髪を切りに行くことにしました。

美容室は、いつもの所で、北山にあります。
家からは少し遠くにありますが、縁あってそこへいっています。

途中の道で交通規制をしている、沿道に人が多く集まり、どうやら駅伝があるようだ。

少し早く着いたので、近所の喫茶店兼ギャラリーへ行く。今日の夜はウクレレの発表会があるそうだ。どうしよう。

ほへとは頭を染めていますが、それは3回に1回にしています。前回染めたので、今回はカットだけです。
でも毛先にはまだ色がしっかり残っています。次回切れば真っ黒に戻ります。
3回に1度しか染めないのは、やはり、頭髪や頭皮のダメージを考えてです。

また、髪型など普通こういう風にして下さいとか、雑誌見たりして言うそうですが、、
ほへとはいつもお任せです(笑)。センスの良い方なので、始め「何これ!?」って思うこともありますが、回りの評価が良かったりするので、お任せに至りました。

美容師さんは、写真家でもある人で、カメラや写真の話をします。
根っからのアナログカメラ派の人ですが、最近デジカメを借りて使い、デジタルもよさげなことを言っておられました。

カットの腕も、ロンドン仕込みで、上手いです。ほへとには、過剰スペックですが。

今日は、さっきのギャラリー喫茶で、この美容師さんとウクレレの会に参加することになりそうです。


posted by ほへと at 17:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

分かること

本当に全てが完全に分かるということは無い。

少しでも、真理のようなものに近づく事だと思う。
まず分からないことが大半である。

中途半端に分かった気にならないように注意が必要です。

分かったと思った瞬間、そこからの好奇心や探求心は消えてしまいます。

物事は単純ですが、何事でも決して浅くはないと思います。
単純に考えることは大事ですが、浅はかに考えるのは何ですので注意が必要です。


また、「知っている」ということも、まったくどうでも良い事です。
何でも知ってるよという人は、知識(情報)の収集それ自体に満足しているのかもしれません。
本当に知るということは、非常に大変です。

また知れば知るほど、簡単に人に説明できません。
簡単な言葉を説明するのにも、多くの事を話さなければいけません。

また、極めたもの同士は、割とコミュニケーションはスムーズだったりする。
理解より把握しようとするからだろう。


「自分を知っています。」
「あなたを分かっています。」

などと馬鹿げたことを口にしないようにしましょう。
信用を無くすだけです。注意して下さい。

知ったかぶりは最悪です。
残念な人に多いのですが、バカにされたくないのか、偉く見せたいのか不明ですが、残念ですね。

素直に「知らない知らない、それ、どういうこと?」と身を乗り出して聞くようにしてみて下さい。
世界が広がるかも。

知っていると思いこんでいるのも問題です。
実は本当に何も知らないのです。

そう思って色々な物事に、再び、好奇心と、自分の思いこみを疑ってみて下さい。
posted by ほへと at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

W-ZERO3[es]の方がいいかなぁ?iPhoneより

アップルから噂のiPod内蔵携帯とされていたiPhoneがとうとう発表された。

根っからのアップルファンなので、非常に興味があるのですが、日本での発売はまだ先のようです。

日本の携帯形式には現在未対応のようです。
もし、対応するとなるとどこでしょうか?
auはリスモでiTunesに対抗しているし、ソフトバンクでしょうか?(個人的にイヤだな)
やはり、ウィルコムのW-SIMに対応して欲しいけど、、無理だろうね。

しかし発表された仕様やレポートを見ていると、日本で通用するのかな?って感じです。
操作は全面タッチパネルでボタンは見あたりません。すごくスマートでかっこいい操作感のようですが、、

おそらく本当にスマートな操作性を除けば、iPhoneの機能は既に大半はW-ZERO3[es]で実現されています。
まぁそのスマートな操作性がウリですが、、。

iPhoneの機能→W-ZERO3[es]では

携帯機能→W-SIM(PHS)
メール機能→EメールもライトメールもOK
Webブラウザ(Safari)→Opera
iPod同等機能→TCPMP等
Googleマップ機能→Operaで可能だが遅い(涙)
P1150031.JPG
Googleマップ機能を使用した「方位チェッカー」(ほへとアプリ)

やはり、キーボードが無いことで、ほへとのW-ZERO3[es]の代わりにはなりそうにありません。
W-ZERO3[es]の良いところはキーボードであると思う。

小さいながらも、配列はPCとほぼ同じ。
思考を停止させることなく、文章をガンガン入力する事ができます。
最近気のせいか、買ったときより、キーボードが柔らくなってきて、打ちやすくなってきた気がする。

また、パケットなどの通信費もW-ZERO3[es]はお得ですね。

iPhoneはまだ発売が先なので、それまでにW-ZERO3[es]後継機には特にソフト面の進化に期待します。
posted by ほへと at 11:25| Comment(5) | TrackBack(1) | スマートフォンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

火曜会01/09 

今年最初の火曜会。

新年早々、フグ三昧です。
なぜか、フグが2匹も振る舞って頂きました。
いつもいつもありがとうございます(汗)。

久々の、この場所は、やはり落ち着きます。
今日は買い出しも無く、鍋に火が入れられ、てっちりが始まりました。

imges710.jpg
てっちり。コラーゲンという言葉に過敏に反応する、女子達の姿がそこにはあった。

imges712.jpg
てっさ。以前のものより、ぶ厚く、食べ応えがありました。

imges720.jpg
サプライズイベントで、突然クラッカーの音で誕生会に突入。
ケーキや花束などのプレゼントで誕生日ソングが始まった。
当然、祝に欠かせない、ケンタッキーフライドチキンが投入される。

imges726.jpg
なぜか、またメロン。いやぁー贅沢すぎます。すみません。

imges729.jpg
甘いイチゴ。ちなみにイチゴは野菜です。

最後は、フグのおじや。おいしいけど、食べ続け過ぎて、お腹が苦しいよ。

録画された、M1等を見ながら、今宵の火曜会は、水曜日の夜明け前まで続きました。
posted by ほへと at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

思考について

思考は「答え」を出さないといけない。

その答えを出すために、思考する力には、5つの方向性があります。
(1)発想
(2)分析
(3)記憶
(4)判断
(5)応用

今の教育では、どうしても、発想や応用が足りなく、分析や記憶に重きがあるような気がします。

発想と応用は似ていますが、発想は非現実的で、応用は現実的です。

また、発想と分析は方向が真逆なので、同時に行うことが出来ません。そういう設計です。

ですから、発想しきってから、分析して下さい。
よく、人の発想を頭ごなしに、分析否定する人がいますが、どうか一緒に馬鹿げた発想についていって、一緒にアイデアを出し合って下さい。
でないと、その会議は不毛なものとなるかもしれませんよ。


思考とは「思う」、と「考え」でありますが、

思うとは「発想や記憶の呼び出し」、考えとは、「分析や判断」だと思います。
思うということは、何を考えるかということにも繋がり、先の感性も重要となります。

だから、「思う」と「考える」は決定的な違うのです。
思うは考えの為の材料を集めている、考えるは「答え」を導くのが目的。
よくごっちゃな人は多いですが。まぁ英語では同じ「think」ですが。

思っているだけでは、何も変わりません。
考えて、答えを出して、それに従って行動して、始めて変わるのです。

受想行識の行ですね。

思っているだけで、変えようとすることは「念」といい。
一番運気を下げることです。
このブログを見ている人は、「念」を捨てて下さいね。

答えが出たのに、行動に結びつかない場合もあります。
それでは、思考していた時間を無駄にすることになります。
行動に移すには、決断力と気力が伴います、これを「勇気」と呼びます。

また、考えているのに、答えが出ず、出ても、再思考に入る場合も多々ありますね。
それを「悩む」といいます。早く、分析、判断して答えを出して下さいね。


感性から思いが生まれ、考えから答えが出ます。その答えは行動に繋がります。

当然、考えて、答えを出して、行動しても、失敗する場合があります。

それでいいのです。

100%成功する行動など、大した成果は得られません。
考えての行動の失敗は、思いつきの行動とは違い、確実に成長していきます。

考え方が間違っている場合もあります、考える材料が間違っている場合もあります。
時期がまずい場合もあります、運が無い場合もあり、相手がいる場合はどうしょうもない場合もあります。

でも、なぜその考えになったのか、それを考える事そのものが間違いの場合も多いですね。




posted by ほへと at 19:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

感性について

感性について

ほへと占いでは霊感を用いない。
しかし、感性は必要なのだ。

世の風潮としては霊感の方が重宝されていますが。

感性と霊感は根本的に違うものだが、
極まった感性は、霊感に見えたりもする。

昔、尊敬し、多大な影響を与えて頂いた、
師匠であり親分である人がいた。

「自身でよく見ること」を大切に言われ、霊感や霊能力に頼ることを戒められた。

そんな親分は突然ズバッと、最近こういう出来事があったでしょうと当てられる。

「ぎくっ何で判るのですか?」

コーヒーを混ぜるスプーンや、飲むときに発するカップの音で判ると言われた。

それは霊感ではない。
研ぎ澄まされた感性なのだと言われた。

あれから10年以上も経ち、おっしゃられた事の3%程度は判ったかもしれない。

霊感も、ある方向に向けられた感性ではある。
しかし、本来見るべきものの方向ではない。

感性とは、判断される前の純粋な情報だ。
人によってその情報量は圧倒的に違う。

ある人の感性は死に、物事を決めつけてしまう。
そんな人が感受する世界は狭い。

昔のほへとはそんな所があった。

まず、この世界に触れているのが感性だ。
そこが曇っていては、ちゃんと世界は見えてこない。

考える力はあっても、何を考えるのか?の何が根本的に間違っている人は多い。

人間の営みは単純であり、世界を、感じて、考えて、行動し、未来を創る。
それを仏教では五うん(色受想行織)と呼ぶ。

まず、世界をちゃんと感受することがスタートである。

逆に言えば、その人の世界とは、感性ということとイコールである。
感性こそが、その人の世界の広さと緻密さ、その全てだと思う。

直面する現実に、あれこれ、論理武装せずに、純粋にその現実を見つめてみてはどうでしょうか?
思考は、感性をダメにします。

意味付けは後からも出来ますから。

ほへとは朝起きて、散歩すれば、これから起こることが分かったりします。

当然それは、霊感ではなく、自分の感性で分かります。
良く見れば、ちゃんと見れば、見落とすこと事を拾うことができますね。

そんな感じが、ほへと占いの土台となっています。
posted by ほへと at 19:25| Comment(5) | TrackBack(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

新年会

新年会をしました。
今年は2度目ですが。

前回は2日早々に新年会をやったために、主なスーパーは全滅でした。
少し遠出をして、かどの大路四条の京都ファミリまでいったら、猛烈な半額祭りが開催されていて、結構いい品が、かなり安く買えました。

今回もそれを目指して、京都ファミリまで行く。

しかし、前に比べて明らかなパフォーマンスダウン。
キタノでも行くかと思ったやさき、中華料理の専門店が、全品半額を宣言。
こぞって、ゲット。

imges704.jpg
今日は中華です。場所は、ほへと宅(ほへと占術研究室)

何気ない話のなかで、雨の日は中華料理が良いよという事を言った。
なぜ?って、雨、すなわち、水という陰気を、火や油といった、陽気で相殺するからだ。
ちとした風水的感覚なのだ、だから、雨の日は、焼き物や油ものの中華料理がお薦めです。


今日は新年会なので、前向きな話が多かったです。
今年は頑張ろう。

posted by ほへと at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

W-ZERO3[es]の良さ?

P1150023.JPG

W-ZERO3[es]はウィルコムの携帯端末だ。

特徴が大きく2つあります。

ひとつは、PHSということです。PHSは家庭用のワイヤレス子機がベースの日本独自の技術です。
電波が微弱ということで、アンテナの範囲が狭く、当初は繋がり難いと言われていましたが、現在はほとんど問題はありません。
逆に微弱電波な為に低電磁波です、病院でも使用可能なところが増えています。

そして、ウィルコム定額では2900円でウィルコム同士24時間定額とどこの携帯やPCともメールは使い放題です。データ定額も、他の携帯に比べて圧倒的に安いです。
ほへとの回りはウィルコム人口密度が異常に高いので、良い感じです。


もうひとつは、W-ZERO3[es]はPDAということです。PDAとはPersonal Digital Assistantの略で、携帯情報端末などと訳されていますが、実際はPDAといわれています。簡単に言えば、手のひらサイズのPCです。
そうそうW-ZERO3[es]は携帯端末よりPCに近いということです。
だから、PCを触ったことのない人は、近づかないほうがいいです。

例えるなら、W-ZERO3[es]がPCなら、一般の携帯端末はゲームマシンって感じですね。
与えられるアプリだけを動かしたいなら携帯。
自分であれこれカスタマイズできる人はW-ZERO3[es]に挑戦する資格があると思います。

カスタマイズの壁を乗り越えられれば、キーボードやVGAの画面が、パラダイスへと導いてくれます。

PCしかり、使う目的は人によって違います、だから、PC、汎用コンピュータはユーザーのニーズに合わせて、必要なアプリをインストールします。
最初から入っているのは、最低限度のものなので、それでW-ZERO3[es]を評価しないように。

目的に合わせて、スケジュールやアドレス管理でマネージャーのように使う事も出来るし。
映像や音楽も、PCとほぼ同じファイルが再生できます、2GBのminiSDも五千円を切ってきました、これに、音楽や映像をぶち込んでおけば、持ち運べるマルチメディアプレーヤーとなります。

ゲームも一見少ないように思えますが、本気になれば恐ろしい数のゲームがプレイできます。(黒に近いグレーゾーンだけど)

最大のウリは、やはりインターネットですね。
日々の情報をインターネットに頼っているほへとは、インターネットが無ければ困りますが、W-ZERO3[es]はいつでもどこでもネット出来るので本当に重宝します。
これこそ、PDA+PHSの強みです。

そんな、W-ZERO3[es]ですが、一見大きな携帯だなぁと思われますが、小さなPCと思えば凄くコンパクトに思えます。

次回は実際の使用感などをレポートしたいですね。








posted by ほへと at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | スマートフォンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

kantei_logo.jpg hhm_logo.jpg