2007年01月06日

W-ZERO3[es]の良さ?

P1150023.JPG

W-ZERO3[es]はウィルコムの携帯端末だ。

特徴が大きく2つあります。

ひとつは、PHSということです。PHSは家庭用のワイヤレス子機がベースの日本独自の技術です。
電波が微弱ということで、アンテナの範囲が狭く、当初は繋がり難いと言われていましたが、現在はほとんど問題はありません。
逆に微弱電波な為に低電磁波です、病院でも使用可能なところが増えています。

そして、ウィルコム定額では2900円でウィルコム同士24時間定額とどこの携帯やPCともメールは使い放題です。データ定額も、他の携帯に比べて圧倒的に安いです。
ほへとの回りはウィルコム人口密度が異常に高いので、良い感じです。


もうひとつは、W-ZERO3[es]はPDAということです。PDAとはPersonal Digital Assistantの略で、携帯情報端末などと訳されていますが、実際はPDAといわれています。簡単に言えば、手のひらサイズのPCです。
そうそうW-ZERO3[es]は携帯端末よりPCに近いということです。
だから、PCを触ったことのない人は、近づかないほうがいいです。

例えるなら、W-ZERO3[es]がPCなら、一般の携帯端末はゲームマシンって感じですね。
与えられるアプリだけを動かしたいなら携帯。
自分であれこれカスタマイズできる人はW-ZERO3[es]に挑戦する資格があると思います。

カスタマイズの壁を乗り越えられれば、キーボードやVGAの画面が、パラダイスへと導いてくれます。

PCしかり、使う目的は人によって違います、だから、PC、汎用コンピュータはユーザーのニーズに合わせて、必要なアプリをインストールします。
最初から入っているのは、最低限度のものなので、それでW-ZERO3[es]を評価しないように。

目的に合わせて、スケジュールやアドレス管理でマネージャーのように使う事も出来るし。
映像や音楽も、PCとほぼ同じファイルが再生できます、2GBのminiSDも五千円を切ってきました、これに、音楽や映像をぶち込んでおけば、持ち運べるマルチメディアプレーヤーとなります。

ゲームも一見少ないように思えますが、本気になれば恐ろしい数のゲームがプレイできます。(黒に近いグレーゾーンだけど)

最大のウリは、やはりインターネットですね。
日々の情報をインターネットに頼っているほへとは、インターネットが無ければ困りますが、W-ZERO3[es]はいつでもどこでもネット出来るので本当に重宝します。
これこそ、PDA+PHSの強みです。

そんな、W-ZERO3[es]ですが、一見大きな携帯だなぁと思われますが、小さなPCと思えば凄くコンパクトに思えます。

次回は実際の使用感などをレポートしたいですね。








posted by ほへと at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | スマートフォンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg