> 10月26日(土)~28日(月)東京対面鑑定(新宿)・ボディーワーク教室(表参道)27日(日)夜「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2007年04月22日

トランプと原子番号

トランプの意味を調べていろいろ探すが、イマイチ納得出来るものが無い。
似ているが、少し、タロットの小アルカナとも違う感じがする。
当然,タロット以外でもやルーン、ドリスペなどをいろいろ参考にするが、いまいちトランプの本質を言い当てていない感じがする。
あげくは宇治の平等院の国宝の雲中供養菩薩像(52体)まで研究する始末だ、、

そんな分けで、いろいろ考え中、原子世界に到達するのであった。

トランプは13x4=52枚ですなわち52週間で364日となり、ジョーカーを足して365日が完成する。(閏年の為にジョーカーは2枚入っている)

1年というのは、地球が太陽を一回りする時間単位です。

その太陽は核融合によって、光と熱を我々に提供してくれている(いいやつだ)。

核融合は、4つの水素の核が融合してヘリウムを造り出す。

ほへとは、水素(1)は陽でヘリウム(2)が陰と捉えている。
また、その中でリチウム(3)も微妙ながら作られているようだ。

太陽の内部に行くにつれ、重力収縮というのを起し、中ほど、圧力と温度は高くなる。やがてヘリウムも核融合を起し炭素(6)、さらに炭素(6)から酸素(8)、ネオン(10)、ケイ素(14)、最後には鉄(26)が作られる。※かっこ内は原子番号

鉄(26)は安定しているのか、それ以上は太陽の中では進まないようだ。

この原子番号の26というのが非常に怪しい、怪しいですね、ふっふっふっ

ほへとは占いの研究には、うさん臭い本はあまり読まないようにしている(笑)。
別に避けている分けではなく、まったく読まないわけではなく参考にはします。
一番大切なのは、意味も分からんが?事実は事実だという自分の経験だ。
これは、最低限自分にとって真実だからだ。それだけではダメなので、自分の経験ともっと大きな真実を照らし合わせる。
 だから、自然関連、天文や原子、素粒子、生命、進化、人体、解剖学の本等から、影響やヒントを受ける事は非常に多いですね。
そういえば、本も、誰かが創作した小説より史実な歴史物が好きですかね。

ちなみに今は少し前に役に立つだろうと買った「ニュートン2006・10号/周期の表の決定版」などを読んでいます。(まさか占いの参考に使われるとは夢にも思ってまい(笑))

例えばさっきの、水素(1)という作る側(核融合)と、ヘリウム(2)という作られる側という陰陽関係や、リチウム(3)はバッテリーに使われる、充電と放電。また、水素(1)、ヘリウム(2)の不安定さ、逆に、炭素(6)の安定度、炭からダイアモンドになる。窒素(7)はアミノ酸やタンパク質を作る、ぞろ目パワーでお清め?のナトリウム(11)など、、ほへと数秘の参考になっています。

だからやってる事は人から言わすとカバラ数秘だが、勉強しているのは、原子だったりして(そのまま、原子の世界を数秘術に応用しています。)、、なわけで、ほへと数秘というカテゴリーを勝手に作っています(笑)

さて、太陽とトランプに戻るが、ほへとの脳内では以下の考えが浮かんでいる。

1年を4季に分ける。4とは?
4つに分けると、00、01、11、10と2ピットで4パターン出来る。
しかし、陰陽は2パターン出来る。00+11、01+10だ。

そういえばトランプも4つの柄だが、陰陽は、赤と黒の2パターン!

太陽は水素とヘリウム、そして鉄まで原子番号26番までを作る。
おそらく、26番以降の原子番号は太陽系を離れないといけない気がする。

トランプは、13X4+1で1年の日数と関係ある。
1年の基準は太陽にある(地球の公転周期)

26とは13/2である。

そんなわけで、ほへとオリジナルのトランプは水素(1)〜鉄(26) X 2(陰陽)
で意味を考え中です。


そういえば、改良版エゴリズム(旧トランプ占い)を製作中。

posted by ほへと at 02:18| Comment(5) | TrackBack(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg