2007年08月30日

桓武天皇皇后陵

向日市に来ていて、ふと、Advanced[es]でGMM_NAVIでグーグルマップで現在地を表示していたら、すぐ側に桓武天皇皇后陵があることを発見し、ご挨拶に伺う事にしました。

汗だくになりつつ、急な坂を上り、なんとか到着。

070830-180540.jpg
長岡京と平安京の間にある向日市の山手に、この桓武天皇皇后陵はある。

070830-180417.jpg
桓武天皇の皇后は藤原乙牟漏(ふじわらのあそみおとむろ)という方です。

070830-180844.jpg
京都市内が一望までとは言わないが、市内を望むことができる。
丁度、北東の方角に平安京がある。

桓武天皇と乙牟漏の、二人の出会い?の運命は、あのムシゴロシ(645)で有名な大化の改新まで遡る事となります。
あの時の蘇我氏にクーデターを起した、大化の改新は中大兄皇子と中臣鎌足であることは、受験勉強したと思う(笑)

その後、中大兄皇子は天智天皇とクラスチェンジし、その血統は桓武天皇に引き継がれる。
中臣鎌足は藤原の名を賜り、藤原家の祖の藤原鎌足にレベルアップし、その血統が、乙牟漏に引き継がれるのであった。

時を百数十年を経て、この二つの血統が結ばれることとなる。(相乗効果も凄い)

また子供の嵯峨天皇は非凡な才能の方で、空海や最澄とも親しかったらしい。
ほへとも嵯峨で生まれ、育ち、なので、ある意味、お父さんお母さんですね。

追記
posted by ほへと at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

風水・お仏壇の位置2

必ず、お仏壇の背にしてる壁の向こうは、自分の住居内ではいけない。
お仏壇の向こうは常に家の外か他人の家や部屋であること。

最低最悪は、お仏壇の向こう側に、寝室があるなどという場合。
それって、死んでる世界なので、即止めて下さい。
必ず、精神的な病気を引き起こしますので。

基本仏壇を拝むときは、人が北か東を向く、仏壇は逆向きとなる。
北は北極星を表し、不変。仏壇は南を向く
東は、日の出の太陽を表す。仏壇は西を向く

これに関しては、宗教、宗派によって相違あり。

1階か2階か?
1階の場合は、2階に上がった時に、お仏壇の上空を侵犯してしまう危険性がある。2階に上がった時にお仏壇を踏みつけないように。
踏まないからと、上に寝てもダメです。
2階にすれば、踏む危険が無いので、2階に置く場合もありますが、、
2階の場合は、お供え物や水や花などの取り替えが面倒な場合もある。水道や食堂が1階にしかない家も多い。またお仏壇をきちっとされる人が高齢者の場合は階段での上り下りは大変である。

なお、マンションなど上の階の人が踏むのは構わない。というか仕方がない。もし、マンションの人でどうも原因不明の悪夢などに悩まされる場合は下の階の仏壇を疑う必要もあるが、都心の高層マンションでは、どうしょうも無い場合も多い。その場合は、ちょこちょこと寝る位置を変えよう。

また、仏壇の下の台が、不安定というのもいけない。
しっかり、安定した台。少しは高価な台に乗せてあげて下さい。

仏壇を意図的に、壊したり、傷つけた場合、その本人や家族に不幸が起こることは確認しています。

何かあっても仏壇には当たらないように、ばちが当たりますので。

また神棚やお札なども基本陰の性質なので、仏壇を置く部屋にまとめるのも良いと思います。(台所に貼る、火の用心(火迺要慎)等は別です)

ただこれに関しては、宗教的な教えもあり、鎌倉以降の宗派や新興宗教は別にしろと指定する場合があります。
posted by ほへと at 21:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

火曜会(070828)

070828-203739.jpg
今日の食料。
手前の「筋子」は訴えたい程の不味さ。何の卵だ?筋も無しだし。
一口食って、ゴミ箱へ。

070828-204932.jpg
珍しく、モモがしきりに顔を洗っている。明日は雨か?(降りました)

070828-204959.jpg
お眠ー!

070828-205629.jpg
茶マメ。実は非常に美味しい、枝豆。独特の香りがあり。ブレイクの予感。

070828-210312.jpg
ごろ寝のモモにちょっかい出す。

070829-010649.jpg
いつもの、テーブルの下でくつろぐモモ。機嫌良さそう。(笑)

それにしても。Advanced[es]はフラッシュ無しでも良く撮れます。
モモもでかくなったし、モモ写真をまとめたいですね。
posted by ほへと at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

風水・仏壇の位置以前に

仏壇の位置と云えば、やれ西に向けろや東に向けろ、
とそう単純なものではありません。

位置以前の問題として、仏壇を置く部屋というのをどこに持ってくるのかが重要です。また、仏壇を置く部屋とはどういう部屋か?が問題となります。

単に西向きに置けるのがこの部屋だけだった程度では、ちと残念。

家相でなく、ちゃんとした風水での住居の鑑定は、バランスを(も)観ます。
変に家相に凝って、全員4番バッターみたいな家相にしても、チームは勝てません。

テレビがあり、家族がワイワイと笑い、時には喧嘩もする、微笑ましい部屋があるとします。
やはり、そこには仏壇は置くべきでは無いのかもしれません。

いや、逆にそうだから家族の一員として、仏壇を置くというのならいっこうに構いません。

やや暗い部屋、北・北東の部屋が一番暗くなりますが、例えば、暗いからと、明るいカーテンや雰囲気を派手にさせる、風水の人もいるようですが、ほへとは、自然にまかせ、渋いままに生かそうと考えます。

最初からデザインできるなら、北東の部屋は和室にして、仏壇を置く部屋として設計します。まぁ例えばです。

反対に、南や南西の部屋を明るく、派手な部屋として、陰陽を際だたせます。
もともと、光が強いので(窓があれば)、ものの色のコントラストは強くなるのが普通です。
そうして、各自の部屋や、寝室は、陰陽のバランスの取れた部屋に設計します。(当然適した方角は玄関の向きなどで変わる)
自室が極端に陰陽に偏ると、自分の性格も本来のから偏ります。

先にも言ったように、全員4番ではいけないのです。

例えば赤い色が好きなら、全ての部屋を赤色にするのではなく、リビングを緑、ダイニングを白、自分の部屋を赤というふうにして、陰陽バランスを考えるということです。(念の為、例えです、これは風水悪いですのでマネしないように)

家族が楽しむ場は、陽と設定して、笑い、喧嘩もオッケーとし、

仏壇の部屋は逆に、陰と設定し、騒がない。大事な物事を考える場所なり、反省や、子供をちゃんと叱る部屋と利用する。

だから、先に、家族が団らんする場所に、仏壇は無い方がという意味になります。(考え方のひとつです)

posted by ほへと at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

まだ夏は暑く

以前の夏は、東京から新幹線で帰ってきたら、

京都駅で、新幹線から降りるのを躊躇するほどの、ムッとした熱波、丁度、サウナのドアを開けた感じで、メガネもマジで曇った。(以前の東京はカラッとしていたのですが)

今回は、京都人がさらにイケズになるほどの、猛暑でしたが、東京の暑さも尋常で、負けてはいませんでしたね。

気づいたこと、今さらながら、黒い服は着るな、特に下着。

新幹線が寒かろうと、シャツ(オレンジのチェック)の下に、黒のタンクトップを着込んで行ったのが、敗因でしょう?
熱吸収力は、白とは完全に違いますね。バテたぁー

そういえば、東京など出張に行ったときに、皆さん、ほへとのラフで気軽な格好に驚かれます。まぁ本当にそこのコンビニ行くのと変わらない格好です。

まぁ新幹線で直ぐですから。

今まで、展示会などの鑑定をはじめ、スーツにネクタイといった姿で占った事は一度も無い(笑)
こだわり以前の問題で、別にこだわってませんが。

そんなほへとに何故か大物の人ほど、仲良くなります。
逆に、見栄で着飾った人は、最初に明らかに上から目線攻撃を受けますが、

それ以上に丸裸にしますので大丈夫です(笑)

そんな意味では、尊敬する、山下清に一歩でも近づけたらと思うまだ暑い夏であった。
posted by ほへと at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

東京(070825)

200782612146.jpg急きょ、東京に来ています。
国分寺という場所に行っていたのですが、この場所は凄いです。
本当に歩く度に、驚きと感動がありました。

まぁ、ほへとの名字とまったく同じ地名で、
○○5丁目、○○図書館、○○公民館、○○八幡、、
店にも○○の文字が踊る。

いきなり、ここの征服者になった気分でした。(笑)

夜は、こちらの友人と合流して、居酒屋へ行きました。
さすが、東京新宿。

和風が食べたいと思って入った居酒屋でしたが、何故が?普通か?
店員が外人ばかりだ、、

しかも、コミュニケーションがイマイチ取れない。
「サンマはありますか?」
「サマある」
「じゃサンマの塩焼き下さい」
「サマは刺身だけ!」
「わた、内臓も食えるなら頼みます。」
「聞いてきます」
帰ってきて「サマは刺身だけ!」

てな感じです。
たまに国産の店員が、料理を運んでくれたら、
それだけで、もの凄くホッと癒されるのでした。

そして、西新宿で一泊して京都へ帰るのであった。
posted by ほへと at 12:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

勝尾寺

ダルママニアの声優のキッコさんに連れられ、大阪は箕面の山にある、勝尾寺へ行ってきました。

P1170447.JPG
今日も暑いですね、入道雲がもこもこ発生中です。
こりゃ、夕方、夕立来るなと話していたら、、夕立来ました、、かなりキツいのが。

P1170448.JPG
勝尾寺入山入り口は、現代風で、自動ドア付き。
いきなり、ダルマさんがお出迎え。

P1170449.JPG
山門周辺は工事中でした。

勝尾寺は、勝ち運に関連する、受験や勝負事にご利益がある様です。

P1170453.JPG
参道を上がって行くが、そこら中に、小さく怪しい勝ちダルマが、あちらこちらにいるのであった。
正面の多宝塔は12支が3つ四面に飾ってある。

P1170458.JPG
ほへとは、あまり勝ち負けに興味が薄いので、ミンミンゼミなど捕まえつつ、さすが、街より標高が高いなとセミの声を聞いていた。

P1170466.JPG
本堂に到着、、でもなんだかねぇー
うぅーん、スピーカーから、大音量のお経が流れている。
しかも、某国の国営放送のようなテンションと節回しで、太鼓をドコドコ叩いて、ノリノリの縦乗りで、般若心経を読経している。
どうやら本堂で行なわれているようだ(シークレットライブ)

P1170463.JPG
鐘を撞(つ)きました。鐘を撞けたことは良かったですね。
ゴォーン、、ウォンウォンウォン、、と低い音がうねっている。
脳波θ波が活性されそうだ(笑)

P1170468.JPG
本堂奥の山から、龍か?、人か?、神か?怪しげな雲が登場!
こ、こんな怪しい雲は初めて見たよぉー(泣)

P1170475.JPG
出口にて、商売上手そうに、お土産がこれでもかと並んでいた。
ここのダルマさんと記念撮影のキッコさん。

なお、ダルマということで、当初達磨大師(禅の祖)と関係があるのかと期待しましたが、発見出来ず。ただ、この勝尾寺は当初、桓武天皇の異母兄の光仁天皇の皇子の開成が「彌勒寺」として天平神護元年(765年)に開かれたという事です。それが清和天皇の病を当時の座主が治したということで、「勝王寺」という名を賜れたそうです。恐れ多いという事で「勝尾寺」と控えたそうです。突っ込むと清和天皇は31歳の短命でした。

帰りは、激しい雷雨に見舞われました。
聖地巡りの後はよくこういう雷雨に遭遇しますが、、良いのやら悪いのやら、、
posted by ほへと at 14:55| Comment(3) | TrackBack(0) | デジタルPHOTO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

火曜会(070821)とサンマ造り

暑いですね、この猛暑はどうも1994年以来ってテレビで言ってたけど、
1995年って阪神の震災があったやんと、真剣に地震が心配ですね。

さて、火曜会は、主人が造り用のカツオを台所であぶって、冷水で冷やして、タタキを作ってくれた。
070821-204635.jpg
できたてのタタキ。臭み無く、さすが美味しいね。

070821-204706.jpg
このくそ暑いのにおでん。そうか冷たく冷やして食べるのか?
リサぷーがしっかりレンジで温めて持ってくるのであった。

あとゴーヤチャンプルやゴーヤチップを作って食べました。

火曜会では無いのですが、昨日、美味しいサンマを食べました。
070820-191327.jpg
北海道直送の大きなサンマ。

070820-192031.jpg
サンマのお造り。基本は焼きの方が好きなのだが、、

070820-191300.jpg
なんと、サンマの肝も生!
これが恐るべきうまさ。良いサンマの肝には緑色のウロコ(仲間の)が入っていません。
しかし、この濃さ、苦さ、うますぎる。

あと、肝を醤油で溶いて、さっきの造りをつけて食べます。
いやーサンマの評価が変わりますね。

うますぎる。しっかり身にも油が乗っています。

カワハギの肝と刺身の組み合わせとは全く違ううまさでした。

ここのお店は、何店舗が大阪にあるのですが、いろいろ相談に乗っていました。
「その店長じゃ潰れるよ」、厳しくアドバイスします。

美味しく、安く、料理を提供したら、流行る程、商売は甘くはありません。(特に大阪)
残念ながら、指摘した通り、その店舗の売り上げは下降線でした。

どこの店や会社にも言える事ですが、箱(店舗)よりも、そこを収める武将を育てたり、見いだす事が一番難しいですね。

まぁここの大将は非常に面白く、アイデアマンなので大丈夫でしょうが、ちとa+(max)なのでバランスとして、ブレーキを掛けるのであった。

ごちそうさまでした。
posted by ほへと at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

広沢の池(070820)

大分、涼しくなりました。
盆も明け、まだまだ暑いでしょうが、世間は日常に戻る。

24時間テレビの影響で、昨日は逆に良く寝れた。

そういえば、この間、谷村新司さんお息子さんの個展に行きました。

P1170418.JPG
早朝ではないですが、7時台。日差しはまだまだ耐えられる強さ。
風は無く、昨日降った雨がまだ草の上で露玉となっている。

P1170421.JPG
アブラゼミ、今となってはクマゼミとのシェア争いで苦戦中。

P1170422.JPG
小サギちゃんが2羽。カップルでしょうか?仲良くお食事中でした。

P1170437.JPG
愛宕山。田んぼの稲穂が大きくなってきている。

P1170439.JPG
こないだの、鳥居形。それにしても位置が低いなぁ。

さて、そろそろ、夏の研究課題をまとめていかないと。
posted by ほへと at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタルPHOTO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

ウロコ雲なのに

猛暑ですね。
暑いからって、室内に籠っていて、たまに日中に車を運転したら、眩しさで目をやられました。
今日は、五山の送り火も終わり、空だけは秋の様でした。

空は高く、雲は入道雲から、ウロコ雲でした。

070817-183032.jpg
夕方ごろに見た空の雲。
真夏なら、昼間の入道雲がこの時間に夕立になる所だが、
見ての通りのさわやかな秋の気配。
但し、気温はご承知の通り。超異常気象です。
来週の満月(28日)前後は大地震に注意ですね。

P1170414.JPG
今朝の5時30頃の空。
今日こそは涼しくなると確信したのに、、、

明日からは湿度が上がるそうなので、、蒸し暑い夏は続きそうです。
posted by ほへと at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五山の送り火(広沢の池、灯籠流し)

8月16日、京都市内は五山の送り火がありました。

最近は、大文字が見えるビルの屋上などで、大文字見ながら、ビールを呑んで騒ごう的な、企画が横行している。

送り火を見に行く人に、騒がしくビールを売りつける非常識な露店もある。

五山の送り火は、花火でも祭りでもなく、お盆に帰って来られたご先祖さんを、再びあっちにお送りする厳かな行事です。

まぁ、京都の大行事だから見物人、観光客も多いから仕方がないけどね。

P1170344.JPG
三条通りから、丸太町通り、そして、一条通、広沢の池に出る。
この光景を初めて見た人は「おぉ」と驚く。

P1170359.JPG
ビルの屋上から、五山が全て見えると自慢している人もいるが、
多くの灯籠が風で流れる光景を見れないので、うらやましくはない。

P1170355.JPG
真近でみる灯籠。

この灯火が消える頃には、魂は帰っていかれるのだろう。

P1170369.JPG
灯籠の淡い輝きは、水面にも映り、その数以上に見える。

P1170374.JPG
やっと鳥居形が表れた。
五山の中で一番最後に点火される鳥居形。実は一番ドットが多いそうだ(108)。
しかも、松明は松ヤニ入りで、他の四山とは色が違う(オレンジ系)。

しかし、色だけではない。

P1170385.JPG

檀家のひと(魂)は、大文字の結界の中、西方極楽浄土行きの舟形に乗って帰られる。

この鳥居型だけ、鳥居という事で実は、お寺系ではないのだ。
京都、平安京の神仏習合のコンセプトでお寺も神社も一緒のイベントなのだ。

その神社の象徴の鳥居は、あっちの世界と繋がっている愛宕山の、その参道の鳥居を表す。

五山の送り火は、静かに始まり、そして、花火や祭りのように、クライマックスに盛り上がる事もなく、静かに終わるのであった。

さて居酒屋へ呑みに行こ。

posted by ほへと at 07:30| Comment(2) | TrackBack(0) | デジタルPHOTO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

すごいぞ!Advanced[es]でiPodを認識した。

今日はiPodで聞く曲のプレイリストをiTuneでいじっていた。

無理なのを承知で、iPodとAdvanced[es]を繋いでみた。
GSFinderを立ち上げたが、やはり認識しないか、、と思った瞬間。
10秒程遅れて認識しやがった!
以前の[es]では無理だったのに、なんて事だ!

そういえば、[es]では不安定だったメモリカードリーダーが非常に安定して使えている。
Advanced[es]は電源回りを改良したようですね。

お陰で、あの絶対無くすと思われた、microSDカードを抜き差しせず、
いったんマックからSDカードにデータ転送し、そのSDカードが刺さったメモリカードリーダー経由でデータのやり取りをしている。
それでも大きなデータは、マックから直接microSDに転送していた。
それが、iPodだと何十ギガ!

P1170339.jpg
GSFinderではリムーバブルディスクとして認識。そこからiPod内にコピーしたムービーデータをAdvanced[es]より再生!

ひとつ気がかりは、このiPodの電源はどっから来てるかだ。
iPod内のバッテリーか、USBにてAdvanced[es]から供給されているのか?

ipodandades.jpg
ガーン。しっかり充電モードになっとる。
ということは、iPodに連結している間は、Advanced[es]のバッテリーがガンガン減るってことだ。長時間のムービーなどはiPodからmicroSDへコピーしてから再生しないとエラい事になりそうだ。

しかし、前[es]では繋がらなかったiPodが使えるようになったことは非常に大きい。
何十ギガのデータをモバイル出来るのだ。生活が変わりそうだ(オーバーな)

あっそうそう、マックでiPodを使っている人はいったんウィンドウズでフォーマットし直さないと、Advanced[es]では認識されませんので。
posted by ほへと at 18:33| Comment(4) | TrackBack(0) | スマートフォンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペルセウス座流星ひとつ

昨夜も、今夜も、曇りで、夜空に浮かぶ雲を恨めしく見上げていた。

見頃の、午前様になっても、曇り空で、流れ星は観れそうにない。

友人と近所の居酒屋へ行き、2時の閉店で帰る頃には、星ではなく、小雨が降っている始末。

今年の、ペルセウス座流星群は無情にもお預けだ。

近畿最高峰の弥山で観て、大覚寺の池のほとりで観て、北嵯峨で観て、、そんな思い出が浮かんだ。

この時期の流れ星は、、お盆や旧暦の七夕などに重なる。

プログラミングの合間、ふと、コンビ二へ出かけようと、外へ出た。

知らぬ間に雨は上がり、あれほどあった雲は、数える程が浮かぶ程度。

足は桂川の河原へ向いた。

街灯が真っ暗闇にはさせないが、徐々に目は慣れて、星が無数に表れだした。

河原は、川のせせらぎ、キリギリスの声と、静かな音響が響いていた。

天球は広い、当たり前だけど、広すぎる。

プラズマや液晶大画面の16:9の比率は人間にとっての比率。
カメラも28mmでもほんのほんの一部しか切り取れない。

などと思いつつ、

残念な視力の為、見えた様な、見えない様な、流れ星の気配を感じながら、久しぶりに、夜空に見とれていた。

東の空には、オリオン座が見える。

「!」

来たー!、本当にほんの一瞬だけど、大きな流れ星がきらめいた。

流れ星を観た時間は、3:47

あれほどでかいのは滅多に観れるものじゃない。

見えたのは、この一つだけだったけど、なんとか、観させてもらいました。


真夏の夜の小さな出来事でした。







posted by ほへと at 10:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

ゲームパッドを接続

Advanced[es]用の為にゲームパッドを購入しました。

出張便利シリーズという魅惑な言葉についうっかり買ってしまいました。

このゲームパッドは出張に持って行く用に、小さくたためるというもの。
丁度、Advanced[es]は持ち歩くので、こいつをカバンに入れておけば、どこでもゲームが出来るというものです。但し、さすがに、この歳で電車などではやらないが、、

Advanced[es]には繋げば使えるわけではなく、ゲームパッド用のドライバを手動で入れてやらなければいけない。結構初心者にはキツいので、それなりのスキルのある方のみです。
参考:WS011SH アドエスでエミュレータ/ゲームパッド

SA350028.jpg
たたんだ状態。

SA350029.jpg
オープン状態。
巻き取りケーブルなので、ケーブルも伸ばせます。
ターボボタンで連射機能もあります。

結局は部屋で使っていますが、今度はAdvanced[es]用の充電器というか、スタンドが欲しくなりますね。

ゲームは非常に快適です。

○メモ
MorphGearはATOKを切らなければ使えません。
切るたびに再起動が必要ですが、勝手に再起動してくれるので、エミュの場合は逆に便利かも。


このゲームパッドはWindows用ですが、マック(OSX)でも使用出来ました。


USBゲームパッド/BBT-GC01シリーズ/BUFFALO公式


posted by ほへと at 15:48| Comment(2) | TrackBack(0) | スマートフォンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キリギリス

今日の夕方くらいから、家の真近くというか、窓の外辺りに、キリギリスが鳴き始めた。

ここ数年、家の近辺ではキリギリスの声は聞いていなかったので、少しうるさいけど、不快な感じは無く、さすが暦の上は立秋だなと季節を感じていた。

それは、もう夜も11時を回っても、鳴いている。
窓からの灯りの所為か、鳴く事が嬉しいのか?

それから、その鳴き声が異常に近い気がした。

そのキリギリスは、室内に侵入して来た。

とりあえず、少年に戻って、キリギリスを捕獲する。

しっかり、首を押さえ、自慢の後ろ足が取れないようにする。


P1170331.jpg
甥っ子が置いていった虫かごに入れる。
とりあえず、サラダのキュウリと水分を補給してあげる。
キュウリの水分を舐めていた。

P1170337.jpg
キリギリスは美しい姿で、好きな昆虫の一つ。
バッタ系より、車高が高く、フレームもしっかりしている。
昔乗っていた、キリギリス風のバイク、TDR250を思い出した。

明日には庭に逃がすと思うが、今日はこの人を眺めて、ビールでも呑もう。
posted by ほへと at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

方位マネージャーに十干と八門の意味表示

方位マネージャーは、ほへとが方位術の奇門遁甲をお手軽にしたものです。
出来るだけ、難しい言葉や表現は避けようとしていましたが、

少しだけ、奇門遁甲用語が表示されるようになります。
(以前から、(表示)を「詳細」にすれば、詳しいひとように、八門と気学九星は表示されます。)

表示さすには、方位メニューか方位マスをクリックして、任意の方位のみを選択します。
(例)
2007年08月12日(日)

北西 △19+:幸運到来、仕事、勉学が発展。試験事。奉仕の精神。

--------------------------------------------
 天盤 丁(火陰):頭脳、冷静さ、コンピューター。
 地盤 甲(木陽):成長、タイミングを逃すな。

 八門 生門:新たな気分で、気力充実。
--------------------------------------------

こんな感じで表示されます。
十干の組み合わせは100の意味の元なので、よりその意味が理解し易いと思います。

また、八門の意味は、心構えの様なものと理解して下さい。

方位マネージャーを利用されている方は、参考にしてみて下さい。

HP:方位マネージャー・奇門遁甲
posted by ほへと at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

方位マネージャーに十干天地盤を表示

本来、奇門遁甲はその日の、気学九星(局数)と十二支で地盤の十干と天盤の十干を決め。さらに八神、九天星、八門、気学九星をそれぞれ配置する。

それで総合的に、その日の八方位を占うのである。

ほへと方位マネージャーではその中で、十干の天地盤、10X10=100通りの意味と、大吉、吉、並、凶、大凶と表し。
八門中の三吉門を「+」、死門を「ー」で表示しています。
基本この表示で、一目瞭然でその方角の意味を分かるように作成しています。

八神、九天星の計算は難しくは無いのですが、表示すれば、総合的にその方位を判断するのが難しくなるので、
思い切って省略しています。

今回は、任意の方角を選んだ時に、十干天地盤と八門を表示するようにしました。

以前から、奇門遁甲に詳しい方からリクエストがありましたが、任意方位を表示させた時に、画面が寂しいかったので、とりあえず表示させました。

こんな感じです。

2007年08月10日(金)

南西 ☆01+:開運に最高。強い精神力を得てどんどん事が発展します。

----------------------
 天盤の10干 :甲(木陽)
 地盤の10干 :丙(火陽)
 八門:開門
----------------------

天地盤がその日、その方位のテーマなので、それに自分のテーマを合わすと良さげで、テーマがズレればうまく行きません。

初心者は何の事か分からないと思いますが、簡単に説明を加えて行く予定です。
例えばこんな感じで、(少し待ってね)
甲:一気に成長する勢い、タイミングを見極める事。
丙:パフォーマンスの発揮、やり過ぎは自滅。パワーコントロール。
開門:運が開く、充実した運を表します。

二つが合わされば、甲丙、木陽と火陽の組み合わせは、最高の組み合わせの一つで、「青龍反首」と呼ばれています。
番号は☆01とし、一見して大吉とわかるようになっていますね。

しかし、タイミングとパワーコントロールで最大の効力を生みます。
そんな、心構えが分かるようにしたいと思います。


お勉強
十干とは

甲(きのえ)
乙(きのと)
丙(ひのえ)
丁(ひのと)
戊(つちのえ)
己(つちのと)
庚(かのえ)
辛(かのと)
壬(みずのえ)
癸(みずのと)

と呼びます(訓読みでは)

意味は、陰陽五行を表しています。

陰陽は、「え」が陽、「と」が陰です。「兄」、「弟」ということです。
五行は、そのままで、「きの」は木、「ひの」は火、「つちの」は土、「かの」は金、「みずの」は水。

例えば、乙は、「おつ」ではなく、「きのと」と呼び、陰陽五行で木の陰という意味です。

木火土金水(もっかどきんすい)=五行です。

相性が良い(隣同士)
木-火-土-金-水-(木)

相性が悪い(隣同士)
木-土-水-火-金-(木)

基本この組み合わせで、吉凶を占っています。
天盤10干と地盤10干で100通りの意味が発生します。



興味のある人は
HP:方位マネージャー・奇門遁甲

方位マネージャーサンプル
posted by ほへと at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2代目ドエス(Advanced[es])

実はこの間、フルリセットが出来ないことに気づいた。(W-ZERO3シリーズは3つのリセットがある)

バッテリーカバーを外した、裏にあるフルリセットスイッチがどうも死んでいるようだ。

買った当初も 電源キー長押しで起動せず。キーボードヨコのリセットスイッチで起動した。

この間、動作がもっさりしてきたので、フルリセットしようと、バッテリーをいったん外し、裏フルリセットして、電源キー長押しするが、、

起動しない。

キーボードヨコリセットでは起動するが、時計はリセットされていない。(本来フルリセットでは時計はリセットされる)

さらに、最終手段、フォーマットリセットを試みても、やはり、電源キー長押しで止まってしまい、結局普通のリセット動作となる。

これは非常に良く無い事態だ。

サポートセンターへ連絡すると、ギリギリ初期不良ということで交換してくれることになりました。
買ったのが、ウィルコムストアだったので、本体のみ梱包して黒猫で送り返した。

そういえば、妙にバッテリーの減りが早い気がしていた。

そんなこんなで、2代目がやってきた。

今回は普通に電源キー長押しで、起動してくれた。
SA350025.jpg
本当に必要なアプリだけをインストールしてくれよ。

さて、今回はしっかりOverLay Brilliantも貼ってみた。(前回は品薄で手に入らなかった。)
前の[es]にはしっかり貼っていたので、猫のモモの攻撃も防御してくれました。
これで、モモのマクロ撮影も大丈夫。

本来は全く同じ製品のはずだが、気のせいだろうが何かが違う。
キーボードの出し入れは良い感じ、だが、
持った時に微妙にスライドして、トランプを持っている様な感じがちと嫌。

また同じ設定でもXcrowlが使いにくい。個体差?

でもバッテリーは前回よりも長持ちっぽいですね。

みなさんも(持ってる人は)、一度ハードリセットテストして見て下さい。


posted by ほへと at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | スマートフォンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

亀岡の花火(070807)

今年も、亀岡の花火(56回亀岡平和祭保津川花火大会)に行ってきました。

待ち合わせの仲間が、大幅に遅刻の為に、駅前に並ぶ屋台で腹ごしらえ(のどごしらえ)、それでもタイムリミット、先発組は先に出発、ほへとは残り仲間を待つ。

P1170200.JPG
そういっているうちに、遅れていた仲間と合流。その直後に花火開始!
JR亀岡駅からでも、こんな感じで見れます。
花火に見とれず、急いで、合流地点を目指す。

P1170212.JPG
合流地点では、先発組がしっかり、ビールとあてを買ってくれていた。
屋台も花火が始まったから空いていたと、さすが!(ぬかり無し)

P1170222.JPG
今年は、景気が上向きなのか?
初っぱなから、派手な花火がガンガン上がる。

P1170226.JPG
いつもの秘密の場所は、以前にましてガラガラ。
何故だ、おそらく一番花火に近いのに、、
それにしても、このカメラ(FZ20)を一番引いても収まらない、迫力の場所。

P1170238.JPG
今回はしっかり撮ったぞ!「ドラえもん?」
若干、ダークサイドに落ちた感じだが、、(目が怖い)

P1170245b.jpg
某教団の花火大会などと違い、ド派手さではない。
一発,一発を十分に味わう。

P1170252.JPG
ほへとの好きな花火、パーっと開いてから、アトランダムに動く。

P1170260.JPG
今回最高やん!(笑)

P1170269.JPG
亀岡は、数ではなく、どれだけ美しいか?
そんな芸術作品が見れます。

P1170270b.jpg
芸術玉はさすが気合いが入っていて、やたらに花火の名前が長いですが(覚えられん)、
名前負けしていない、日本の花火職人の技と美を堪能できました。

P1170277.JPG
ナイアガラ(終わりかけ)と重なって上がる花火。

P1170295.JPG
本当に今年は、リッチな花火が多いですね。
本当にちょっと心配になりました(笑)

P1170303.JPG
フィナーレーを迎える。
始まって、合流地点まで来るのに、大幅に時間がかかったので、実際は30分程度でしょうか?

アンコールは無さそう。

まぁ花火の後は、少し寂しいものです。

P1170322.JPG
帰りに時間調整のため、例の超怪しい屋台へ行く。

ほどよく亀岡から、火曜会会場へ場所を移して2次会へ突入、
亀岡から太秦(火曜会)はたったの20分!近い!

「亀岡の花火」とググれば、去年のブログがトップに出て来て、ビビった(汗)。

posted by ほへと at 12:37| Comment(5) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

映画「トランスフォーマー」見ました。

徹夜明け、FF7をやった勢いで、メカ系のトランスフォーマーを見に行くことにしました。(サンダーのマテリアル装備)

本日は日曜日、しかも昨日封切りの話題作。
とりあえず、朝一で映画館(TOHOシネマズ二条)へ行く。

なんか、こんな時間なのに暑すぎないか?
でも映画館はクーラー効いてるんだろう。

とここまでは、映画を見る前。
すでにシートは予約済み。
なか卯で朝飯を軽く食って、映画館に向かうが、9時12分。
開演3分前。気持ちは急げ!


見ました。

「よくできるわぁ」

いやー最初は悪趣味な、メカやなと思っていたが、
だんだん、格好良く見えてきますね、慣れって怖い。

それにしてもCG!?スゴすぎる。
あり得ない世界を見事に存在させています。
いやいや時代はスゴいですね。
どうなってんだか、実写との線引きがわからん。

まぁ女の子には無理に勧めませんが、
ガンダム世代、またはゴールドライタンだっけの超合金で遊んだ人は見に行きましょう。
兵器オタクにもお勧めです。
話題のあの戦闘機も出てきますよ。

内容とかストーリーの映画ではなく、
百聞は一見にしかず系です。
(以外と日本人向けかも?)

眠いはずだが、寝てる暇がなかったです。

誰か、あのクオリティでガンダム映画作ってくれ!


眠くなってきた、、、でも寝れない。
posted by ほへと at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

kantei_logo.jpg hhm_logo.jpg