2007年09月09日

チューバが吹きたい

誰か、チューバを吹かしてくれる人いませんか?

ほへとは高校時代、ブラスバンドでしたが、最初に配属されたのはチューバ(Tuba)という、やり過ぎだろ!と思える、超巨大な金管楽器でした。
重さは10キロほどあったのだろうか?

ブラスバンドでは低音(ベース)担当であるが、その透き通った、低く暖かい透明な音は、今思うと恋しい音ですね。

ほんの数ヶ月で、女の園であるクラリネットに飛ばされるのであった。当時のシャイなほへとには、女の園の居心地は悪かったのであった。(まぁバスクラになった時に低音ということで、チューバと一緒に練習してましたが)

で、気功の站椿(たんとう)というポーズがあるが、それは、一見すると空椅子のイジメに似た格好であるが、なかなかすばらしいボディワークである。

ただ、立禅として、無心で立っていても良いのだが、站椿では、各種瞑想やイメージしたり、感覚的に全身に気や勁を巡らしたり、全身、部分をを緊張、リラックス、またその中間状態を作り出す。

何気に、チューバをイメージして、低い音を響かせて、ゆったりと吹いていると思って、瞑想していると、本当にチューバが吹きたくなった。

大きな管が何重にも巻かれた、その金属自体を、振動させる。
それは、部屋全体、空間全体と自分が一体となって、響きとなるよな感じ。
チューバはそれが一番分かりやすいと思う。

トランペットなど、高音を鳴らそうとすると、冷たい息を吐く。
高音域は、高度に身体を緊張させる必要がある。

チューバの低音は、凍えそうな手を暖めるように息を吐く。
低音を出そうとすれば、逆に全身を高度にリラックスさせなければいけない。

いやきっと、金管でも木管でも声楽でも、
本当にうまい人は、暖かい音を出していると思う。
そして、リラックスしていると思う。

音楽はいろいろ聴くけど、その辺を意識して聞いています。

最近は、桑田佳祐の「風の詩を聞かせて」がそんな感じ。
桑田さんの歌い方が好きなのは、そんなところ。(意外とキーは高い)
そういえば、サザンや桑田さんファンは、このブラバンの先輩の影響でしたね。


な訳でJPopでもあまり、緊張系のアーティストは聞かないです。


そうそう、そのチューバを吹きたい事を、某友人に話すと早速、ネットで値段を調べてくれたが、いやいや、買わんやろ絶対!、むちゃ高そうやし。
なんせデカいし!、重さ10キロって持ち運び一人では辛すぎる!またどこで吹くのだ!

誰か呼吸法の為にチューバ吹かして下さい。
(スーザホンでも可)
posted by ほへと at 20:33| Comment(5) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg