2007年09月10日

Advanced[es]でGPS(NAVITIME編)

Advanced[es]にはNAVITIMEというアプリがプリインストールされている。

最初こんなの使うか、乗り換えやWebマップは足りてると思っていたが、
意に反して、使えば使う程、使い易く、つい月額利用料315円払っている。
Advanced[es]のみで位置情報を取得し、簡易ナビに利用出来る。
しかし、位置情報を取得するのに、W-SIMのパケ通信を切り、位置を取得し、またパケ通信を再開と、なかなか忍耐が養われる。

今回は、GPS(コメット)を繋ぐ事により、リアルタイムでのナビが可能となる。
さらに、音声ナビまで利用出来る。月額の元を取らねば。

GPS(コメット)を繋いで、ちゃんとポートも確認。
NAVITAIMEも起動、GPSチェックも良好!

SCRN0002a.JPG
とりあえず、恒例の朝散歩、広沢の池までナビって頂こう。
トータルナビからフリーワードで「広沢」と入れる。その後、現在地周辺(GPS)に絞り込み、「広沢池」を発見。なんか恐ろしく簡単だ。
5時40分発で6時01分着は、歩行速度セカセカ(速め)に設定、CO2ゼロって、、

SCRN0003a.JPG
音声ナビ開始を押し、出発!、え”ー、やはりいつものコースと全然違うルートに案内される。さて、無事に広沢の池に辿り着けるか?

P1170476.JPG
いやー感動だね。もの凄く正確に位置を示してくれる。
W-SIMの位置情報とは精度の桁が2、3個違うぞ!

「100m先を右」という感じで、案内してくれる。
今迄とは全く違うルートは新鮮な感じだが、意外に細かい道を指示してくる。
右曲がってすぐ左のようなL字ルートは、「右!、左!」どっちやねん!と慣れが必要。

P1170509.JPG
おいおい、マジでここ行かすか?一瞬、目を疑った、画面を確かめたが、間違いない。
本気で今にも崩れそうな、ヤバそうな橋だが、、ナビは一押し。普通ありえない。
看板に「使用禁止、本橋は河川法の許可がありません、、使用しないで下さい」とある。
いやーナビって凄いな、マジで。
恐る恐る通る。
さらに、ありえない、細い道で公団の中を進む。(私有地好きだなコイツ)

SCRN0004.JPG
でも、意外に面白いですね。ここでこっちの道行くか?と思うけれど、今迄の自分の凝り固まった生き方を反省。

もう少しで池だ。あと四分!

P1170482.JPG
池の東側に出ました。いつもは池の西側に出ます。それは日の出を見る為ですが、、
こっち側は、なかなか来ないな。でも本当に新鮮な気分です。

ちゃんと使えて、新しいコースも発見。地元だけどまだまだ知らない道もあるものですね。
広沢の池へもコースが増えて良かった。

SCRN0007.JPG
おいー!目的地まで、あと140mのところで衝撃の事実が、、

池の真ん中がゴールかよ!
な”ー、最後は泳げとおっしゃるのですか???

せっかくゴール到着を楽しみにしていたのに!

ナビ一発目はゴール不可能を悟るのであった。

P1170498.JPG
しかし、そこからはいつもは見られない、美しい風景が広がっていました。
この時間、池の東側から見た事がなかったので、この出会いだけで満足満足。

こんな感じで、Advanced[es]+GPS(コメット)+NAVITIMEはなかなか使えました。

でも、ヤバイルートと池の真ん中をゴールにしないでね(泣)
posted by ほへと at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | スマートフォンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Advanced[es]でGPS(奮闘編)

深夜、何気にネットサーフィンしていると、Advanced[es]で使える、USB接続のGPSのコメットUSB/3が、SuperMappleDigital for SPAというマップアプリが付いて、送料・代引き手数料が無料で、10500円(なんか記念価格だそうだ)という、お買い得感に、買おうか考える前に、ついうっかり指のやつがポチッとやっちゃいました。

こいつを使えば、最近お気に入りのNAVITIMEで音声ナビが出来るし、
また、PocketMappleD7という地図アプリで、パケット通信無しで、GPSナビが使える。

にゃははぁー(妄想中)

P1170513.jpg
数日後、やってきましたコメットちゃん!

ネットでしっかり予習していた為に、さっそくドライバをAdvanced[es]に組み込みます。
232usb - RS232 USB Serial Driver(ぞろよし様)

【GPS】W-ZERO3[es]でUSB接続のGPSを使う
ここを参考にする、しかし、上記の設定では、GPSを認識する時と認識しない時があった。

なんせ、自宅室内では、うまく衛星を補足出来ない。
マニュアルには空が360度見える所にコメットを置けと無茶を言われる。(麒麟の田村か!)

普通そんな空が360度見える所で、こんなハイテクな作業が出来るのか?しかも外は大雨だし。

まぁベランダからちょこっと出して、確認するが、不安だ。

あーやっぱり、繋がったり、認識しなかったり、わけが分からん。

最初コメットの点滅にヒントがあると思ったけど、関係無さげ。

とにかく、ドライバがイマイチ怪しい。
GPSを認識しないのだから、、
本当は、一度設定すれば、あとは自動的に繋いでくれるそうだけど、、

よくGPSを認識してくれない。(7割)

全く原因不明。

自宅で、衛星が補足出来ないのか?
ドライバか?
設定か?

ネットを見ていると、いろいろ認識しないなど苦戦しているひともいるようだ。
その場合は、リセットしたり、抜き差ししたり。

また、設定のUSB接続をモデムにしろ、ケーブルに相性があるなど、今思えばガセっぽいネタも多い。

結局、Gps Viewというアプリで判明した。
GPS Viewerはこれを利用!(Kzou's Diary様)
最初から入れたら良かったのだが、WindowsのActivesync経由で入れないとダメだって、
でも、仕方なしとAvtivesyncを使おうとしたら、「それ古いし新しいの入れてね」みたいな感じで怒られる。

SCRN0012.jpg
なんだかんだこのGps Viewを入れれば解決した。

こいつ(コメットちゃん)、繋ぐたびに、ポート(COM:)を変えよるのか!

てっきり、COM2ポート専用と思っていたのに、なんじゃい!

大体、COM5ポートなどが多く、COM2ポートもたまに出る。そりゃ分からんわい。

ドライバは無実でした(ぞろよし様ごめんなさい)

繋ぐたびに、Gps Viewでポートスキャンし、どのポートかを確認する。

とりあえず、これで、Advanded[es]とコメットは繋がりました。


次はアプリだ。


SiRF StarIII搭載 最新GPSセンサー コメットUSB/3(本体)
SuperMappleDigital for SPA 添付サービス
パソコンGPSショップ
posted by ほへと at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | スマートフォンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg