>☆8月7日(水):神戸(三宮)・大阪(梅田)対面鑑定「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2007年10月05日

須磨へ海釣り(071004)

今日は、いつもの須磨の海釣り公園へ釣りに来ています。
前回は、岸子(岡山の友人)の軽バンで夏休み、凄い渋滞でしたが、
今回はさすがに平日、火曜会主人のもの凄く狭いが速い車で神戸須磨まで快適にやってきました。

P1170741.JPG
のどかな天気で、波も潮も穏やか、、お昼はあまり釣れないので、夕方期待して、のんびりと海を楽しむ。遠くに明石海峡が見えます。


今日は小潮であまり食いは良く無い、しかし、今回釣り2回目のキッコさんにいきなり大物のチヌが掛かるが、仕掛けは小アジ用のサビキ、、目の前でバレるのであった。
仕方無い、レベル1の短剣の戦士が、いきなりラスボスに出会う様なものだ。

P1170750.JPG
そして、日の入りの絶好の釣り時がやってきました、
夕日は美しく、明石の海を赤く染める、潮風が、、、、あれ、あれ、
何か、異常に風が強く、波がどんどん荒くなっていく。
おいおい釣りする状況じゃないぞ!!

(大阪の一部では警報が出ていた様です)

P1170760.JPG
先ほどお昼の波とは違い、あからさまに荒れ狂っておられます。
風も半袖1枚のほへとの体力と気力と精神力を奪って行くのであった。
マジでこんな天候と波が急変するとは、、
ひぃー寒いよー高波怖いよー!もう帰るよー!

P1170768.JPG
そんな訳で4人で行った割には少し情けない釣果であるが、まぁこんなものでしょう。
逃げたチヌが悔やまれる。

P1170775.JPG
アジは塩焼きにされました。よかったひとり一匹ずつ当たりました。
夏の小アジよりは少し型は良かったです。味もGJ!

P1170781.JPG
ガシラとタコは煮付けに。
タコうまぁーい、そりゃ明石のタコだもん。(正確には明石海峡の見える海で釣れたタコ)
そのタコのうまいダシで、ガシラも絶品の味。料亭越えてるやん。

P1170784.JPG
最後は小鯛の鯛飯。岸子の所の米と岸子の備前の器で頂く。
塩昆布と刻みネギ。最高に美味しかったです。

次回こそはとリベンジを誓うのであった。
(今回の狙いは、カワハギと太刀魚でした)
posted by ほへと at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

生まれてこのかた2

福田さんが生まれて26000日目に総裁になった話を某所でしたら、私は何日目でしょうかと食いつかれる某院長先生を、調べました。
Advanced[es]より自分のHP(笑)にアクセスして、入力、ポチっ!
「何ぃー!!!凄い事になってる!!」

その先生は生まれてこのかた、19991日目、あと9日で2万日達成という珍しい事態に遭遇するのであった。

この何万日といっても、福田康夫総理が2万6000日で、71歳。
さっきの先生で2万日で54歳。

それを考えると、1万3000日で35歳。
1万日で27歳である。

3万日で81歳あたりか、、

二十歳で7300日程度である。

ほへと占いでは、生年月日より今日までの日数を計算しますが、この先生と話していて、例えば結婚した日や仕事を始めた日、何か思い出の残る日時は、それでいうと何日だったのだろうか?という話になって。

自分の計算したい年月日をいれると、その日の自分が何日目というのが分かるという機能が可能かという話になり、、

了解!、先生の生まれてこのかた2万日達成記念祝いとして、そのアプリを製作しようという、現状の祭りを無視した約束をしてしまうのであった(うっかり)。

ヤバイ、あと一週間ちょい。

出来たら、いずれサイトで公開しますが、需要があるのか?

通常我々は、20歳になったら、とか50歳になったらというのを使いますが、
この、1万日までに、とか2万日になったら、3万日ならというふうに考えるのも面白いかもしれませんねという話題で盛り上がった。当然、千や百の単位でもいいですよ。


研究と統計データでは、キリ番に向い、意識が葛藤し、キリ番を迎えたら意識次元のアップといおうか吹っ切れがあるようです。とにかく、意識的に何らかの節目はあるみたいです。

キリ100日や1000日、10000日。
また、111や777等のぞろ目にもコメントしていますので、
その時に、何か、気付いた事があれば教えて下さい。
posted by ほへと at 02:52| Comment(13) | TrackBack(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

iMacG5をディアルディスプレイ化

ちょっと最近バタバタしていて、コンピューター上の作業が混乱している。

愛用のiMacG5は17インチ。最初は広大な広さと思っていたが、今ではそのデスクトップは手狭になって来ている。

新型のiMac20インチとも思うが、新しいOSが出る前に買うのはちとな、

そういう訳で、古い使っていないCRTを引っ張りだして来て、iMacに繋ぐのであった。

繋ぐには、「Apple VGA ディスプレイアダプタ」が必要です。

しかし、そのまま繋いでも、マックの画面をミラーリングしているだけ、実際作業領域は広がるどころか、メリットはまったくない。

そこで、「Screen Spanning Doctor v0.3.3」という、非常に危なげなアプリを使用する。
これは、ワンクリックで、ibook、iMacのミラーリングの足かせを解放して、自由なディアルディスプレイ環境を実現する。
但し、本体のファームウェアを書き換えるために、一つ間違えば、故障する。
また、対応している機種以外に使うと壊れます。
非常にデンジャーなものだ。けっして良い子はマネしてはしけませんよ。メっ!

さて、この「Screen Spanning Doctor v0.3.3」は、システム環境設定から、言語環境から言語のトップを、通常「日本語」の所を「English」に並べ替え、再起動してから、
このアプリを起動する事。(後で戻して下さい)

うまくいくと「ディスプレイをミラーリング」のチェックを外す。
すると、
071001-201735.jpg
うほほーっ、こんな感じです。実質、32インチでしょうか?

これで、会社でいうとデスクにもう一つ小さなデスクがくっつく、ちょっと出世した感じでしょうか?

posted by ほへと at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | マックやiPodなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg