> 10月26日(土)~28日(月)東京対面鑑定(新宿)・ボディーワーク教室(表参道)27日(日)夜「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2007年10月01日

iMacG5をディアルディスプレイ化

ちょっと最近バタバタしていて、コンピューター上の作業が混乱している。

愛用のiMacG5は17インチ。最初は広大な広さと思っていたが、今ではそのデスクトップは手狭になって来ている。

新型のiMac20インチとも思うが、新しいOSが出る前に買うのはちとな、

そういう訳で、古い使っていないCRTを引っ張りだして来て、iMacに繋ぐのであった。

繋ぐには、「Apple VGA ディスプレイアダプタ」が必要です。

しかし、そのまま繋いでも、マックの画面をミラーリングしているだけ、実際作業領域は広がるどころか、メリットはまったくない。

そこで、「Screen Spanning Doctor v0.3.3」という、非常に危なげなアプリを使用する。
これは、ワンクリックで、ibook、iMacのミラーリングの足かせを解放して、自由なディアルディスプレイ環境を実現する。
但し、本体のファームウェアを書き換えるために、一つ間違えば、故障する。
また、対応している機種以外に使うと壊れます。
非常にデンジャーなものだ。けっして良い子はマネしてはしけませんよ。メっ!

さて、この「Screen Spanning Doctor v0.3.3」は、システム環境設定から、言語環境から言語のトップを、通常「日本語」の所を「English」に並べ替え、再起動してから、
このアプリを起動する事。(後で戻して下さい)

うまくいくと「ディスプレイをミラーリング」のチェックを外す。
すると、
071001-201735.jpg
うほほーっ、こんな感じです。実質、32インチでしょうか?

これで、会社でいうとデスクにもう一つ小さなデスクがくっつく、ちょっと出世した感じでしょうか?

posted by ほへと at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | マックやiPodなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg