> 10月26日(土)~28日(月)東京対面鑑定(新宿)・ボディーワーク教室(表参道)27日(日)夜「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2007年11月05日

iMacG5が、、故障(泣)

昨日衝撃が走った。小沢さんではない。

突如、iMacG5ちゃんがハードディスクを認識しなくなった。
すなわち起動してくれない(涙)

新しい、デジカメ買って、それに伴いデジカメ画像と、HP関連のバックアップをしたとたんだ。
とりあえず、バックアップしたところなので最悪の事態は免れたと思うが、
とにかく蘇生してくれないと困る。

きっと最後のファイルのコピーを見届けて、微笑みながら力尽きたのだろうか?
いやいや、ほへとは絶対にお前をiMacG5を助けるぞ!

とりあえず、明日、シリアルATAのHDとケースを2.5mmの六角レンチを買わねば。

th_P1010135.jpg
本体を開けてみた。開けてもアップルの美学が感じられる美しい基盤の配列。
って感心している場合じゃない。

恐ろしいほどのホコリが溜まっている。
掃除機で吸い取る。(これが原因かも、、)

まぁHDを換えれば動いてくれるとは思う。CPUは元気だし。

新マックも欲しいが、デジカメL10買ったところなので、購入予定はまだまだ先にズレた。なので、まだまだ辞任は許しません。


それにしても、あなたが政治家なら敵に小泉さんと味方に小沢さん、さてどっちがイヤ?
小沢さん、9std2そのまんまな気がする(エゴ抑えてね)
posted by ほへと at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | マックやiPodなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

風水以前の問題として、家を売る

家を売って、新たな場所に家を建てるケースがあります。
家を売る前に、新居を建てる場合、かなり気をつけて下さい。

風水鑑定での話。
工務店さんが、銀行に口添えしてくれて、お金も借りられて、家を売るのに不動産屋まで紹介してくれた。
これで、引っ越しを二度行なわなくて、よかったみたいな話があった。

これを聞いて、銀行へは行ったのか?と聞いた。
工務店の社長と明日行きますと答えた。

断り。
すぐ断りなさい。

とほへとは少し怒って言った。

まず、注目すべき点は、

この工務店は絶対に得をする。
もし、家が売れなかった場合、困るのは、本人(とまぁ飛んだら金貸した銀行)
工務店は、家を建てたらお金は入ってくるからだ。
だから、相手のリスクなどおかまい無しに、金借りさして、とにかく建てれば勝ちだ。

通常物事の順序とすれば、潤沢な資金が無い場合は、まず家を売って、家が売れて、お金が入って来て、それから新たな場所に家を建てる。
その間はどこかアパートなり、ウィークリーマンションなりに間借りしなければいけない。

それと、簡単に家が売れると思ってしまう事だ。

駅前の大人気マンションならまだしも、
残念なことに、家というのは、一般人が考える程、そんなに都合良く売れないのだ。
実際問題、少子高齢化で、家は余ってきているそうです。

家が売れなければ、新居に住めても、実際は旧家と利子は存在し続けるわけです。
値段を下げても、何年も売れない場合も当然あります。
また、そんな売る気の無い仲介業者は、違う仲介業者に紹介してもらう事も禁止する契約もしていたりします。

またバカ程値段を下げて売るなら、バカでも売れます。
適正な価値で、売れなければ話になりませんね。

問題はその仲介業者が、工務店に紹介してもらっている点も注意です。
疑えばきりがないですが、怪しいと見るのが、用心というものです。

もし、家が売れなかった、いやきっと売れるでしょ。ではダメですよ。
人生、ここがバクチどころではありませんよ。

また、工務店もいろいろ調べるべきです。

某工務店勤務の人が、マイホームを建てた。
建てたのは、勤務している工務店ではなかった。
理由を聞けば、働いているから分かるそうだ。
無難にハウスメーカーに頼んだ。
かつ、しっかり張り付いて、監視したそうだ。

建築の設計士の仕事は図面を書く事ではない。
図面通りに施行しているかチェックすることも重要です。
工務店が設計も携わった場合、家が出来上がれば、図面通りに施行できているかチェックは不可能です。

例えば、何年かたって、家が傾いてきて(普通、工務店は地震のせいにする)、壁を剥がして、初めて驚愕の事実を知る場合もありました。

さて、家を売る場合ですが、どこで売ってもらうかが非常に重要ですよ。
自分が中古物件を購入するなら、どこの仲介業者へ行くか?それから考えて下さい。

ほへとの風水は図面を見るだけではありません、多くの住居のトラブルも目の当たりにしているし、一般の人が一生で何回だという、家を建てる事、引っ越しする事に多く関わってきました。そこで得た情報もお伝えしています。

また以前、家を売る為に風水を観た事があります。たまたま鑑定後そこは売れましたが。
ポイントは南東と玄関ですね。入らないものは捨てて、きれいにしておきましょう。

とにかく、家を建てる時は、焦ったらダメです。
建てる時間より、どんなものを建てるかの時間に、もっとエネルギーを注いで下さい。
今回は、ちゃんと家が売れてから、次に進むという話でした。
posted by ほへと at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

香住・佐津

今日は出張で、兵庫県は北部の佐津/香住に来ています。
もうすぐ、松葉ガニの解禁です。(11/6)

P1010027.JPG
佐津海岸。夏は海水浴の浜だが、ほへとはなんとかなづち。

P1010053.JPG
香住の海。嵐の前の静けさか。
解禁になれば、この香住の街はカニ天国化する。

P1010057.JPG
豊岡の円山川。前に洪水のあった川、コウノトリのいる川。
今日はススキ祭りでした。

今回は頑張って車で来ました。往復350km以上の長距離ドライブ。
しかも、いつもここ、途中の豊岡市で迷う。マジで迷う。かなりくじけます。

P1010005.JPG

大体、碁盤の目の街に生まれ育った人間には、意味が分からない、豊岡の道路。

P1010006.JPG.jpg
しかし、今回は、GPSレシバーコメットを接続した、Advanced[es]に行き先をサポートしてもらう。すっげー便利だな。
今回は無問題に豊岡をスルー!ひゃっほー!


P1010012.JPG
佐津の民宿「鶴」さんにて、

この鍋は無茶苦茶おいしい!やっばー
一応、もつ鍋だそうだが、いやいやいや!もつ鍋とは別もの!美味すぎる。
本場但馬牛入り。なんだこれはーって感じ。
まかない料理だそうだが、是非これはと、正式メニューにプッシュ!

カニシーズン前に、いろいろ企むのであった。

posted by ほへと at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

セルフの概念4(意志)

あなたが目の当たりにする現実は、自分の意志によって、作り出されています。

習慣というものがある。
とりあえず、無意識にそれをやってる。

それは、幾日もそれを繰り返し、習慣となる。

あなたがその習慣を止めようとした場合は強い決意が必要ですね。
その意志と過去の習慣とが戦う事となる。

その習慣が、一ヶ月なのか一年なのかで止める容易さは違うと思う。
当然、長い方が止めにくいはずです。


習慣とまで意識しなくとも、自分というものは、流れの方向のようなものを持っている。
丁度川の流れの様ですね。

例えば自分の人生をマップ上のある地点から、ある地点へ向かうルートとします。

出発地点が出生、到着地点が死です。
そのルートがセルフです。
現在が今がエゴです。

エゴは今という地点を、過去にやって来た方向から、その方向の先の未来へ向かっている。

セルフというルートは単純な直線ではなく。
おそらく、時より折れ曲がっていることでしょう。

進行方向は、自分が決めます。
良いですか、進行方向は自分が決めます。

進行方向とは意志の方向です。
意志とは実現したい事のエネルギーです。
意志の強さは、その時と決意と継続時間で表される。
長さと濃さが大切です。
あれこれ実現したいでは、意志のパワーは分散され、薄くなりますね。

かといって、意志を強く持てば必ず叶うほど世は甘くない。
時には壁にぶつかり、崖から落ちるかもしれません。
進行方向の変更を余儀なくされる。

そんな理由でセルフというルートは単純な直線ではない。


真っすぐな時は、過去の意志を継続している状態で、順調に意志実現に向かっています。(当然実現に必要なカリキュラムは出てきます)
折れ曲がった場合は、意志が変更されたことを表します。

進行方向は、自分が決めますが、ここで重要なのは、自分とはエゴではないのです。

過去にやって来た方向から、その先の未来へ向かう直線が自分という感覚である。

今、現在地点でアクシデントなりイベントが発生し、進路変更を行おうとした場合。

例えば現在地点のエゴは進路を、東へ45°、面舵をとろうとします。
しかし、エゴは曲がろうとして、過去からの惰性、直進しようとするエネルギーに、それを抵抗されることになります。

先ほどの、習慣の例と同じ感じですね。しかし、実は無意識の抵抗などとそんな上辺の浅い問題ではない。

この発生する抵抗は、現実に、実際起こります。リアルに起こります。

今まで順調だったことが、急に上手く行かなくなる。
今まで仲良かった人は急に、コミュニケーションが取れなくなる。
今までは無かった障害物、事故などのアクシデントが起こる。

この運命的感覚に、エゴは、翻弄される事となります。

しかし、この抵抗は、自分が起しているのです。
自分が現実を通して現在のエゴに運命的な抵抗を起こしているのです。

先も言いましたが自分とは、過去にやって来た方向から、その先の未来へ向かう直線。
過去から未来を貫く、自分の意志です。

上手く行かないのは、未来を変更したからです。行き先を変更したからです。
今起こってくる事は、過去に設定した未来に丁度良い事です。
だから、今設定し直した、新たな未来には、合っていないわけです。

新たな行き先を設定した場合。過去の自分のサポートが受けられ無いどころか、抵抗されるという事です。
現実には自信喪失や挫折感、泣きっ面に蜂などと感じる場合もあります。

エゴは実際今という瞬間を動き回れますが、今の状況を作っているのは過去の自分ですよね。

ほへとが言っているのは、本当に自分というものは、実はエゴという今自由に動ける方ではなく、
エゴが動く現実世界、状況、フィールドを形成する、時間軸でいう過去から未来へ向かう直線の意志が本当の自分ではないか?ということ。

今の瞬間のエゴを軽視するわけではないが、かといって今の瞬間だけを自分と思えば、エゴは強くなります。

強いエゴは、過去から未来への時間軸が気薄な為に、意志の変更をその場その場で行ない、
またショートスパンの意志は願望達成前に、意志の変更により、キャンセルされた未来のリソースが無駄な抵抗を作り続けるのです。

ころころ方向を変える人は考えて下さい。
今が大事ということは大事です。
どうかそれを低レベルに、エゴレベルに、目先、自分勝手に解釈しないように願う。

ほへとが以前例えた、見られている、現実側、被写体側が自分である。
見てる側、カメラ側のエゴは自分ではないといった意味がここにあります。
また、センス(感受)とは今を知る事=自分を知る事に他なりません。

出発地点から目的地の実際生きたルートの方に着目すれば、ルート上の点存在の自分の性格(エゴ)などとなります。

自分という感覚、直線は、幾度も折れ曲がり、目的地に到達しセルフをつくる。

ルートなセルフには個人的な生まれ変わりはありません。
ちなみにセルフはその後にお役目があります、エゴの終わりはスタート(謎)
posted by ほへと at 13:19| Comment(5) | TrackBack(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg