>☆8月7日(水):神戸(三宮)・大阪(梅田)対面鑑定「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2007年12月06日

方位マネージャーとエゴコントロール

エゴは未来は怖い。
日々の生活は想定内の出来事であって欲しい。

だから、ついついエゴは、未来を予想する。
また、今日はこんな日であって欲しいと願う。

それ自体は悪い事でもなく、ナチュラルな人の思いなのでしょう。

しかし、それは無意識による、自分への制限なのだ。

方位マネージャーによる吉事は、エゴにとっての吉とは限らない。
方位マネージャー、奇門遁甲、方位術の源の力はエゴの配下では無い。
だから、エゴを超えた力が働くから、エゴの想定外の事を起こす。

特に大吉方位のパワーが十分に炸裂した場合は、
エゴの想定外の非日常な出来事が起こるが、
それにエゴがうまく対応できないと、いろいろバタバタと大変かもしれない。

ほへとは経験上、方位マネージャーで、エゴな思いや希望で無意識に日常を狭めていた事に気づいた。
そして楽しみながら、方位マネージャーでエゴのコントロールを学んでいった。
その辺りが、一般の方位術の研究とは一線を引くところと思う。

エゴのコントロール:
タイミングの取り方、待ち方、ニュートラルな意識のキープ、攻め守りなど。
何かとエゴが出過ぎると、タイミングがずれることに気づくでしょう。
うまく、エゴをコントロール出来てくると、吉方位が楽しくなってきます。


方位マネージャーで吉方位へ向かう時は、エゴはリラックスして、起こる事を変に予想したり、エゴな吉を期待しないようにしてください。

それは方位マネージャーの的中率を弁護するわけではありません、
方位マネージャーは、エゴが考えている以上の良き現実を見せてくれるからです。

それが、エゴの視野を広げ、開運へつながるということなのだ。


方位マネージャーを駆使し、エゴに成長を促すイベントへどんどん参加してくださいね。

ーーーーーーーー
ブログサイドバーの簡易方位マネージャーでもオーケーです。

posted by ほへと at 11:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

火曜会(071204)

今日の火曜会はプチ誕生会。
そして、こないだ、とある演劇を見に行ったのですが、その舞台女優さんがゲストで来られました。

t_P1020699.jpg
キタノ風情でもこちらは、高級そうな神戸のホテルキタノのトマトソースとジャム。
鑑定での頂き物です。

t_P1020702.jpg
こちらはこないだの嵐山紅葉にこられた着物親子様より、皇室献上品。

t_P1020703.jpg
トマトソースでさっそく、火曜会主人がピザを作ってくれました。

t_P1020705.jpg
誕生日の人がいたので、当然ケンタッキーで祝う。
誕生日の人はキッコさん、声優さんです。
今回はノートパソコンを持参。内蔵ハードディスクは残り5MB!!警告でまくり。
しかも、ウィルスソフトも期限切れで、ヤバそうな警告も出まくり。
ありえない、狂っているよ。
PC初心者は恐ろしすぎる。
外付けHDを増設するが、マックと違い、むちゃくちゃややこしいWinXP.。
とりあえず、iTunesのデータを外部に移動。内蔵をすっきり。

舞台女優さんは、集団ATP所属の人で、今回の舞台の為に神奈川からわざわざ京都に。
舞台は、大盛況で超満員でした。
お芝居の話とほへと占いはウケました。

t_P1020715.jpg
今日の生き物。「エナガ(スズメ目・エナガ科)」
そういえば、モモちゃんも拾われてはや1年ですね。

posted by ほへと at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

否定的な感情を利用する

人からどう見られているか?
と気になって気になって仕方が無い人がいますね。

そんな人はやはり、否定的な事を言われると、当然のように討ち死にしますね。

意識のカレントをエゴに置けば、エゴが全て。
だから、エゴが悪く言われたり、悪く思われる事は、私全ての否定となる。

意識のカレントをエゴではない自分に置けば、エゴの過敏な要求は無視できる。
さらにセルフに置けば、現エゴの要求など無い。(まぁこれは行き過ぎだろうが)

否定的な他人の視線や思いも、
カレントを変えれば、ただのエネルギーだ、しかも、都合の良い純粋なエネルギー。

エゴをコントロールする事を学んだ人は、他人の否定エネルギーも、プラスエネルギーに簡単に変える事が出来る。
それは、他人が強く否定するほど、こっちにとっては好都合なのだ(笑)

うまくいっている人は知っている。
他人のパワーをうまく使う事。
それは、決して好意的なパワーだけではないということ。

あなたがエゴなら、否定的なパワーを否定的に受けるしか無い。
頑張れ、意識を変えれば、同じエネルギーと気づくはずだ。

セルフとして、あなたの半生を思い起こして欲しい。
今のあなたまで来れたのは、コンプレックスや、傷、悲しさ、そんな否定的な感情のお陰様ではないでしょうか?

長期スパンで見れば、割と誰でも、否定的な感情をプラスに変えてきているのだ。

誰かががあなたの陰口をささやいている。
エゴは、緊張し、防御態勢に入るだろう。
また、過剰に自分を正当化し、相手を攻めるでしょう。
でもそんな無駄なエネルギーを消耗せずに、
自分の理想実現の為にそのエネルギーを使いましょう。

意識を私にシフトチェンジして、姿勢を正し、リラックスして、手を伸ばして、一歩進むのです。
相手がエゴにエネルギーを送っているのだ。
それも、自分のエネルギーに上乗せして、理想実現の為に使いましょ。
おそらく、上手く切り抜けば、相手は焦り、さらに多くのエネルギーをくれるでしょう。

それが、上手い人と、下手な人の差です。

否定的な念や感情に負けないよう。

まず、自分が他人に対して、決して恨みつらみな念を持たない事。
大事なエネルギーを相手に送り続けるなら、さっさと近寄って殴るか、もっとエレガントな仕返しの計画をたててください。

立った時、座った時の重心は、中心かやや前のめり。
でも腰はしっかり引くこと。
あごは引き、口は閉じる事。

エゴな格好は、重心が後ろより、腰が前に抜けています。
あごは付きでて、無駄に胸を張っているかもしれません。
でもそれでは、否定的な感情を感じた時、後ろにのけぞります。
重心が上がります。地から足が浮きます。
すなわち緊張&人前で上がるの上がっている状態。
冷静に自分を、回りを見る事は出来ません。
後で落ち込みます。


上手い人は、否定的な感情を感じた時。
実は重心が下がります。
それを前進エネルギーに転換し、相手と一瞬の戦いが起こるかもしれませんが、
その後は非常に良い雰囲気でまとまります。

上手い人は、感情のぶつかり合いを避けず、かつ上手く利用します。

まずは、人からどう見られているか前に、エゴを見てください。
posted by ほへと at 17:36| Comment(5) | TrackBack(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

紅葉真っ盛り!嵐山2with着物美女

t_P1020589.jpg
待ち合わせ場所である、京福の嵐電嵐山駅へ向かう途中。
鹿王院のあまりにきれいな紅葉に驚きました。

t_P1020592.jpg
おそらく、今年ベスト1の美しい紅葉でした。

今日は京都観光とほへとに会いに?に来られる客人と嵐山で待ち合わせです。

すでに2時間前に嵐山に到着され、渡月橋や天竜寺など嵐山を2時間ほど散策されたそうだが、紅葉が今一と人の多さにがっかりしたそうです。

っていうか、真の嵐山はそんなもんじゃないのだけど、、
がっかりさしたまま帰すわけに行かないので、

じゃ、亀山公園でも思ったが、なんと着物!
さすがにその草履で山道は気まずい。

t_P1020605.jpg
釈迦堂(清涼寺)へ行くことにしました。
途中はやはりもの凄い人。

しかし、釈迦堂(清涼寺)付近は一気に観光客は減る。
なんで、みんなこっち来ないのだ?

渡月橋付近はみんな行くが、少し離れた良いスポットはみんな行かないのですね。

なお、渡月橋付近の豆腐と違い、この釈迦堂横の「もりか」の豆腐が嵯峨豆腐でおいしいです。

t_P1020606.jpg
さすが、釈迦堂、渡月橋より標高が高いために、紅葉はきれいですね。

t_P1020613.jpg
とりあえず、記念撮影。
やっぱり着物は良いですね(モデルも)。

t_P1020622.jpg
釈迦堂横の宝筺院 ( ほうきょういん) 。庭は外からは分からない広さで、度肝を抜く紅葉の林が現れる。

t_P1020633.jpg
寺院の中から外を撮影。

t_P1020646.jpg
日が傾いてきた。
刻一刻と、紅葉は様相を変化させていく。
ここは、日の入りが早い。
すぐに太陽が隠れる。

t_P1020660.jpg
再び、釈迦堂へもどる。
西日でさらにパワフルに美しさを増す紅葉。
嵐山駅近辺で、紅葉にガッカリした人は、是非釈迦堂(清涼寺)まで来てくださいね。

t_P1020661.jpg
豪華な紅葉をバックに撮影。

t_P1020655.jpg
釈迦堂での紅葉ショット。西日の強烈な逆光だが、紅葉の透けた美しさは格別です。

そんなわけで、お母様とツーショット。
今日は新幹線で遠路はるばる、気合いを入れて着物で京都へ来た親子でした。
最後は、嵐山の紅葉を満喫されて、非常に満足されていました。よかった。



posted by ほへと at 11:58| Comment(2) | TrackBack(0) | デジタルPHOTO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

名前の力と歩みの方向

数秘占いをしてもらった方は分かると思います。
生年月日というのは、惑星の位置関係のホロスコープだけではないと。

数、そのものがもつ力が、その人の内面の性格に反映する。

同じく、名前は漢字画数だけではない。
言葉の発する、音そのものが力を持つ。

言葉の発するそれを言霊と称しているが、
内面の性格より、外面の人生に影響を及ばすようだ。

しかし、名前の力より、生年月日の内面の力、すなわちエゴの方が強くなった。

そのために、本来セルフである人生が、内面の性格であるエゴによって十分発揮されていない気がする。

そのために、

生年月日の性格をコントロールすること。
名である本当の自分を出現させること。

また、病気、ストレス、トラブル、運の悪さは、エゴを強めます。
その間、名の存在は忘却される。
また、気をつけないと、恋愛も仕事も趣味も、エゴ中心ではうまくいかない。

そんな為のサブツールとして、方位マネージャーと風水があります。

しかし、そのサブツールは、サブであり、それだけで良いわけではない。

メインは、生年月日の性格のコントロールと、自分の全てを名において統合することだ。

そして、ボディワークはいずれ必ず必要となる。

セルフという人生の価値を、エゴレベルから判断する事が出来ない。
エゴが求めるほど具体的な内容などは示されないからだ。

しかし、現実を良く見れば、セルフによりエゴが歩むべき方向は示されているはずだ。
エゴはそれを理解する必要より、エゴを押さえ、その方向へ歩む事が要求される。

歩みは理解してから進むという事は無い。

だから、なんとなく、であり、そんな気がした程度だ。


その方向が示されないなら、名前の力が弱いか
または分かっているのにできないのは、、エゴが強い。

いずれそれを歩み、その方向をエゴが理解するのは、遥か先の未来である。

posted by ほへと at 10:33| Comment(9) | TrackBack(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

カニ祭り(071130)

香住から民宿の若夫婦さんらが京都へ来られました。
その時に無理を言って、カニを注文しました。

カニを注文したのは、その日に、呑み会やってないの?旦那その日いないし、み
たいなカニ好きさんからのメールがあったためだ。

とりあえず、みんなで割ることを想定してそんなに高額なカニは買えない。かと
いってそこらのスーパーレベルではイマイチ。

皆さんはご存じないと思いますが、よくこのシーズン、香住や城崎、もしくは越前その他、多くのカニの本場に旅行されると思いますが、大方の安い旅行プランは、北海もんのズワイガニを松葉ガニと思って食べているのです。

香住だから、松葉ガニというのは無い。
別にズワイガニがまずいわけではなく、カニ鍋などには北海もんのズワイガニで美味しいです。
しかし、松葉ガニの地元で北海ものを食べるなら、素直に北海道へ行ってください。
また、タラバや毛ガニがお勧めです。

今回は、やはり、松葉ガニといえば、ボイル。

現地産の松葉ガニをボイルして持ってきて頂きました。

t_P1010915.jpg
といいつつやってきたカニ。

ぎゃーでかっおおっ!
大大大出血サービス。
感激ジャー!(涙)

t_P1010933.jpg
さっそく、火曜会主人がさばく。

t_P1010947.jpg
今日のゲストのカニ大好きさんことYぽんとその愛娘。
さすがに結婚したYぽんはさぞ料理の腕前は上がったのだろう。
お鍋の野菜を切ってくれています。


t_P1010938.jpg
非常に残念な盛りつけ例。Yぽんよ、、、まぁかわいいけど。

t_P1010956.jpg
じゃーん!大盛りの松葉カニが出てきました。
しかし、こんな贅沢なのにメンバーはたった4人と小さい人。

しかも一人はカニアレルギー、小さい人はまだ食べられません。

久々に、カニで腹一杯という贅沢。

t_P1010970.jpg
今日のゲスト、Yぽんと愛娘のえいみちゃん。

t_P1010975.jpg
そして、カニ味噌の甲羅焼き。
あかん、これは、ウマすぎる。気絶しそうだ。

t_P1010985.jpg
カニの爪の身にカニ味噌を絡めて食う。至福の時です。

t_P1020087.jpg
鍋の後のおじや(雑炊)、カニの身を入れて、カニ雑炊。

そういえば、ニュースで佐賀牛の人が船場吉兆に、但馬牛という曖昧なものではなく、佐賀牛は細かく品質が管理されていて、但馬牛と味は遜色無いと、なぐり込んでいたが、これは間違いです。但馬牛はむちゃくちゃ厳しい品質管理とその種の少なさから貴重で、本当に本物の但馬牛は市場に出回らない。
だから、そんな曖昧なえせ但馬牛と味を比べられても、、

今回、香住で料理旅館をされている、この女将の長兄はJA但馬の肉の店の店長。
ご主人は、もと松葉ガニの港でのセリ人。
そんな若夫婦に今回のカニを料理して持ってきて頂きました。

この冬、カニを食べにいくなら是非ここがおススメです。
香住、佐津/四季の宿「鶴」0796-38-1030
posted by ほへと at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg