> 10月26日(土)~28日(月)東京対面鑑定(新宿)・ボディーワーク教室(表参道)27日(日)夜「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2007年12月30日

ハイサワー(パート2)、フジカサワー

  前回のハイサワー(パート1)

それから、季節は流れ、
今回東京新宿に来たでついに幻のハイサワー(その店)を探すのであった。

そういえば、火曜会主人が、正月、実家帰ったら、久々にヘネシーXOとか言ってたな。
こっちは焼酎の炭酸割りかよ。

t_P1030589.jpg
新宿アルタ前にやってきました。
まぁ見つかれば良いのだが。


t_071228-185146.jpg
あった(涙)、ありましたよ(滝涙)

ついに今回は発見しました!

なんやこんな所か!

興奮を抑えつつ、店内へ

t_P1030591.jpg
とりあえず、腹ごなし。

定食を頼みつつ。
当然、ハイサワーを頼む(うぉー!)。

定食もいい感じの初老なおじさんで、バイトまがいではなさそうだ。
しかし、定食激安。新宿地価安いのか?850円也。

t_P1030593.jpg
そして、ハイサワーがやってくる。
しかも、マジですか?の350円也!
平静を装いつつ、久々の緊張感!
ぐぅーっと
おーおーこれこれ!この味!このシンプルだが絶妙な味!
やっぱ、完璧だな。
今まで無駄に呑んでた、バッタハイサワーとは深さが違うな。

きっとさっきのおっちゃんが作っているのかな?
いやー生きてて良かった。感激!

定食を食べ、ハイサワーを数々の思い出と共に、噛み締めるように呑むのであった。



もう少し、このハイサワーが呑みたかったので、2階の焼酎バーへ行くことにし
た。

二階へ上がってちとびっくり、
もっと、渋いバーテンと思いきや

岸子のような女の人だった。(まぁよりは若いが)

ハイサワーを注文。

えっあんたが作るの?

ハイ。

その作り方を見たときに愕然とした。

ガビョーン

味の秘密が分かってしまった。

焼酎は只のいいちこ(25°)

問題は炭酸とレモンだが、それは専用のレモンサワーの瓶だった。
すなわち、炭酸とレモンと何かが、既に出来ているのを入れるだけ。
しかも、驚くほど古い昭和初期調の小瓶で、「フジカサワー」と書かれていた。

焼酎と氷、そのフジカサワーを入れればハイ出来上がりというものだったのだ。


あの絶妙の味は、よほどの腕の人とみたが、、、

この作り方なら、バイトでも全然オッケーやん。


その子(バーテン)に根ほり葉ほり聞く。

このハイサワーって美味しいけど、作り方にコツはあるの?

コップの下の線まで焼酎入れて、氷入れて、この瓶1本入れるだけ。

やはり、、、必要技術スキル0かよ。
この味は、バーテンの腕でなく、完全にフジカサワー様かよ。

この店は古そうですが、いつからやっているのですか?
まさかハイサワー発祥の地?

いえ、建物は古いですが、店自体は5年ほど前です。

と残念な答えが。

ハイサワー2杯呑んで、700円也
激安、焼酎バーであった。


問題の本質がフジカサワーであることが判明し、ある意味、ここの店の脳内株価は大暴落するのであった。

そして、意識はハイサワーからフジカサワーへ移行する。


フジカサワーってなんじゃいー!

どうも、麻布で創業した、フルーツドリンクやサワー、かき氷のシロップを作っているメーカーのようだ、現在は横浜に会社があるようです。

地球に優しい、リサイクルビン使用の為か関東圏でしか手に入らないようだが。

果たして、フジカサワーを手に入れる事が出来るのか?

つづく(?)


posted by ほへと at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハイサワー(パート1)

ハイサワーは、レモン酎ハイではない。

何年か前に、新宿アルタの近所で食事した時に、呑んだハイサワーが非常においしかった。
たまたまそこは食事処、たしかマグロのずけ丼のようなものを食っていた時。
テーブル向かいに座った、競馬新聞をもったおっさんが入ってきて、ハイサワーを注文し、おいしそうに呑んでいた。

すみません、僕もハイサワー下さい。

ウマッ!甘くなく、ほのかにレモン、アルコールもしっかり、炭酸も効いていた。
あまりにも、当たり前においしかった。
へぇーハイサワーってうまいもんだなと感心した。

よく見れば、店の2階は焼酎バーだった。

なるほど、うまいはずだな。

店を出た。

古いお店で、隣に沖縄料理があったのを覚えていた。

京都に帰って、愕然とした。
よく飲みに行くショットバーでハイサワーを頼めど、満足な味のところは無かった。
というか、ハイサワーって何?と聞かれるレベルだった。

そうかハイサワーがうまいのではない、そこのハイサワーがうまかったのだ。

自分でも、焼酎、炭酸、レモン果汁を買ってきて、比率をいろいろ試し、研究したが、あの味にはまったく近づかない。

あげくに、行きつけのバーテンに鬼注文し、違う違う!もっとキツい。もっと酸っぱい。いやぁー違うなぁー、焼酎を神の河にしてとか、いろいろ注文した。
バーテンも、炭酸とトニックで半々で割ったり、レモンシロップを数滴いれたりと何とかほへとのいう味に近づけようとしてくれました。ありがとう。(アツ君、みっちぇる君、ゆりちゃん、他多数)

それでもあの味には辿り着けなかった。

何ぃー、あのハイサワーはそれほどのものだったのかー。

その後、東京に来たら、新宿でその店を探すのだが全然見つからず。
でも新宿の焼酎バーなどでハイサワーを頼めど、全然話にならない、目的のハイサワーは無かった。

まさかハイサワー発祥の場所じゃないだろうな?
いやあり得る、そんな懐かしく、シンプルな味だった。

大体、東京もそう頻繁に行かないし、新宿もアルタの近所程度しかヒントがない。
地理感無し、基本方向音痴。
こんなことなら、緯度経度はともかく、せめて店名だけでもメモっといたらよかった。

新宿行っても、見つかりそうにないし。店大杉。

もう二度とあのハイサワーを呑めないのか?

いや、手はある。
探偵ナイトスクープに頼むという最後の手段が。

はたして、あのハイサワーに再会できるのか?
posted by ほへと at 01:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg