>☆ほへと電話鑑定「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2011年08月31日

火曜会(110830)

P1110504.jpg
火曜会スタート。とりあえず、ほへとが男の料理、お揚げと山芋焼き。
きっと後で太一がすごい料理をこしらえてくるはずなので、あえて超シンプルに。

前半は、旧嵯峨野火曜会派閥。
火曜会主人に、大原のお嬢、小太郎さん、姫路の姫。

P1110512.jpg
岸子のお土産ものの、親鳥。地鶏ではないが、若鶏にはない、硬さと旨みがある。

P1110514.jpg
ハンバーグ。なんか最近よくハンバーグを食べる気がする。

P1110528.jpg
この前の伊豆の美人さんが火曜会にも来てくれました。
着物の若旦那に佐伯氏、服部さんに、太一も

P1110516.jpg
太一氏のたこ飯。すっごいウマイ!

P1110519.jpg
さらにアスパラ。

P1110523.jpg
きました煮物系。
すごくおいしいもの3品もありがとう。

P1110533.jpg
良く年代として、20代、30代、40代と10で分けるが、ほへと的には、19、28、37と数秘的に分けるという話をした。
なんとなく、20歳からではなく、19歳から変化した人も多いのでは?

そんな話の中、聞いてるか?
だいぶ、眠くなってきている図。
posted by ほへと at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

東京にて(110828-29)

28日(日)東京にやってきた。いつものように新宿で対面鑑定して、渋谷の某事務所の風水を見に行く。

どこの事務所でも、気が付けば、収納する物がどんどん増えてくる。
活気ある事務所にするには、あまり物を貯めこむのは良くない。
仕事場の席の位置を微妙にアドバイス、スタッフの数秘でのアドバイスをして再び新宿に戻り対面鑑定。

P1110179.jpg
JR新宿南東口。

P1110191.jpg
居酒屋で夕食。

あまり塩分を欲しすぎるのは、自律神経失調かも気をつけて。

P1110196.jpg
ゴールデン街は納涼祭という祭りがあったようで、結構カオス状態。
行きつけの店が一杯で入れん。呑むところを探して流離う。

P1110436.jpg
29日(月)は、世田谷方面にお使いクエストと、風水鑑定にいく。
同じ世田谷といっても、広い。
太陽がガンガンで、もう少しで熱中症になるところだった。

P1110477.jpg
こ、これは、、、噂のアレか。

P1110480.jpg
世田谷から下北沢まで徒歩でやってきた。

P1110491.jpg
新宿で対面鑑定後、銀座へ移動。
銀座の焼き鳥屋、といっても綺麗な店。

某女優さんと食事しつつ、数秘9のマネージャーについての相談。そりゃ悩むよね(笑)。
ほへとのGalaxyTabを見やすいと気に入ったご様子。

P1110499.jpg
さすが、銀座、茶碗蒸しも、豪華な感じ。
でも、スッゲー熱い。
手にこぼした、茶碗蒸しのかけらで、火傷しそうになる。

再び。新宿で対面鑑定だけど、時間がない。
わざわざ車で送ってもらいました。すみませんでした。

今回は、移動が多かったな。
鑑定に参加していただいた方ありがとうございました。
次回はボディワーク教室したいです。

京都への終電で帰る。(新幹線)

posted by ほへと at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

明日から東京に行きます。

明日から、東京へ対面鑑定や、風水鑑定、人と会ったりの予定です。
明日夜の予定が急に無くなったので、どうしようかな?(暇な人遊んで)
後の基本はスケジュールは、決まってますが、ごく数名なら対面等できますので申し込んでください。

東京は大雨だったそうですが、明日、あさっては、大丈夫そうですね。
出張中に、ゲリラ豪雨でずぶ濡れになったら、残念すぎますから。

そういえば、アメリカの東海岸は大変なハリケーンのようですね。

日本では民主党代表選などもあり、我々は一票を投じること無く、あの民主党から、新たな総理が選ばれるようですね。
期待感は0です。
あんなエグい総理を生む党だ、紳助より桁違いに闇が深そうだし、、また古い人が出てくるし、次は信じろというのもな、、
頼むから、日本をよくすることを考えてくれる人で、、言葉はもう信用できん。

それでも、もう日本はどん底ついた、あとは上がるだけと希望は持ちたい。
posted by ほへと at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月26日

いおりにて(110824)

P1100923.jpg
京都は西陣、中立売通西入一筋目北西角の「いおり」に食事に来ました。
ここは岸子の恩師のお店。
いつも、夜のコース(3000円也)

P1100927.jpg
コーススタート。
今日は、カメラはG2+LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4で、いつもより少し頑張って撮影する予定。
しかし、目の前にごちそうがでれば、早く食べたいと妥協するどころか、撮るのも忘れることがあるので注意だ。

P1100941.jpg
椀物。
何回かのんでいって、舌も鍛えられるなと感じる。

P1100948.jpg
お刺身。

メンバーは、火曜会主人と岸子、大原のお嬢の4名。
何を食うのか?誰と食うのか?も大事だね。
気兼ねない友人と食べる食事が一番。

P1100954.jpg
煮物。

今日も有名旅館に就職し、修行している若い子の鑑定をしていた。

アップルのスティーブ・ジョブズがCEOを辞任した。
紳助よりこっちに驚いた人もいるだろう。

そのスティーブ・ジョブズがこの前お忍びで京都に来たときに、泊まった宿だそうだ。

P1100958.jpg
うまきウマ。

さすがに、そんなレベルのところだし、駆け出しが、料理を作らせてもらえるはずもなく、
皿洗いの日々だそうだが、現代の若者にとっては酷なことなのだろう。

P1100960.jpg
鱧の鍋。

彼曰く、料理の世界は、年数ではなく、実力だという。
彼は、若いし、その考えを否定する気はない。
また料理の才能もあるだろう。
でも、こういう世界は、先輩よりウマイからと、簡単に立場が入れ替わることは難しいと思われる。

P1100980.jpg
大好きな、鮎の雀揚げ。イチジクのあげもの。

ほへとを含め、多くの人は天才ではない。
なるほどと、高い世界の違いが分かる人は一握りだろう。
絶対的な価値をつけられる人など、稀だろう。

学んだ、料理を再現するのには、そう何年もかからないだろう。
絵で云えば模写か?

凡人には見分けがつかないだろうが、、。

P1100983.jpg
締めはそうめん。

何にしても、浅くはないと思うが、では何年も修行して食える未来があるかと言えばそれも難しい時代。

若くして、野望があれば、新天地にチャレンジすればいい。
ただし、伝統をバカにするものでもない。

いつも思う。得るべきは、技術ではなく、尊敬できる人だと思う。


ここ西陣は、古に着物の職人の街であり、何十年の目の肥えた職人を相手に、食事も出してきた所。
有名な食事の老舗もある。
言い方に語弊があるが、金持ちが行く、祇園とは違い、ここには職人同士の勝負のようなものがある気がする。
板長が、西陣を店に出したはさすがと思う。


ごちそうさま。


食処「いおり」

京都市上京区中立売通西入一筋目北西角
定休日 月曜の夜、火曜日
お食事おまかせコース 3000円〜(予算等の相談に応じます)

要予約 075−464−7633
posted by ほへと at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

火曜会・嵯峨野(110824)

今日の火曜会は、須磨の釣りからの流れで、嵯峨野です。

P1100734.jpg
火曜会主人と岸子さんが、沢山のごちそう。

P1100739.jpg
小太郎さんのインコ、みーたんが特別ゲスト。

P1100755.jpg
今日のゆかポンは少し化粧が濃かった。他意はない。

P1100765.jpg
釣った、カワハギのお刺身。肝が絶品だが、もう少し大きいのが釣れたらよかった。

P1100767.jpg
アジフライ最高です。おそらく火曜会主人と岸子がさばいてくれた。

P1100792.jpg
エソという奇怪な魚は、丸い練り物に。味はおいしい。鶏のような味。

P1100799.jpg
ベラもフライにしたらすごく美味しかった。

P1100858.jpg
神戸で、合流した、岡山美人U子さん。念願の?火曜会発参加。

P1100863.jpg
デザート。岸子のところのぶどうなど。

P1100865.jpg
Kちゃんにキッコさん。

P1100875.jpg
服部さんのプチ誕生会。
そうそう今日は服部さんのためにシイラを釣ろうと頑張ったけどさすがにダメだった。

P1100900.jpg
今日のえいみちゃんのベストショット。
今日は何やら、注射を打たれたらしく、少しテンションがおかしかった。

カメラはG2+LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4。やっぱ撮りやすいね。
posted by ほへと at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

須磨海釣り公園(110823)

朝一から、火曜会主人、岸子と3人で須磨の海釣り公園へいきました。

P1100682.jpg
途中、激しい雨にも遭遇し、釣り無理か、、ドライブだなという話もあったが、、無事火曜会主人の新車で須磨に到着。

P1100691.jpg
今日の一匹目、ベラちゃん。

時折雨が降る、夏だけど、日焼けしそうにない天気。
まぁ過ごしやすい。

P1100693.jpg
久々の、珍しい魚、エソ。

なんか、不思議な日だった。
目の前に、シイラが現れたり、アオサギちゃんが海なのに目の前に飛んできたり。
今日は、大物が釣れそうな気が、、

P1100696.jpg
岸子はサビキで、今夜の夕食のアジをガンガン釣る。

P1100705.jpg
カワハギ釣れた。

昼を過ぎた時点で、終了し、帰路へ。
途中、友人が合流。

P1100706.jpg
少し遅い、昼食は、高速のサービスインターで、大阪王将。
京都の餃子の王将より、薄味。

P1070791.jpg
今日の釣果。
火曜会主人と岸子でさばいてもらい、夜の火曜会のテーブルに並ぶはず。


posted by ほへと at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

大乗寺(応挙寺)にて(110819)2/2

大乗寺(応挙寺)は京都から、北西から121キロ、真言宗の寺であるが、円山応挙派の芸術色の強い寺だ。
この前行った、曹洞宗の永平寺は逆に、京都から北東128キロにあり、超厳しい禅寺。
この二つの寺の対比というのがふと面白いなと思った。

さて、大乗寺(応挙寺)の今は収蔵庫に、保存管理されている、応挙派の襖絵(オリジナル)を特別に見せていただくこととなりました。(ありえない、感謝!!!)

一旦外へ出て、少し離れたところにある、収蔵庫へ向かう。

副住職が、分厚い収蔵庫の扉をキーで開けて中に入る。
無論、副住職とほへとら4人のみのプライベートな公開。

中は、温度と湿度が管理された、ひんやりした空間。
光は非常に薄暗い。

中に入って驚いた。てっきり美術館のようなガラス張りの中に保存されていると思いきや、襖絵のあった部屋自体が再現されていた。畳も柱もある。ガラスはなく、直接触れる状態だ。

そして!本物のあの孔雀(の襖絵)だ。
本物は違う、芸術に疎いほへとでもさっきのレプリカとは違う、圧倒的な存在感を感じる。

本当は正面からの自然光が良いのだが、ここは上からだといわれた。
ライトは暗いが、目がなじむに従って松の葉が浮かび上がって見えてくる。

今度は、副住職自ら、丁寧に襖絵の説明。
さらに日本画の説明をしていただいた。


ひと通り見た後に、これまた特別に、畳の上、間近で襖絵を見せて頂きました。
さらに、視点によって、絵が変わるものや、絵、その空間を感じる為に、
寝そべらせてくれたりと、ものすごい贅沢な時間でした。

特に山水の間は、本当に素晴らしく、レプリカには無い、海の広がり、空間の広がりに、本当に驚きました。(レプリカは微妙な地平線を汚れと見なし削除されたらしい)、感じとしてはプラネタリウムで建物の壁などが消失し、全面が景色になったよな感じ。それがわかるように、上座の方へ座らせて頂いた。

日本画を勉強している友禅の佐伯氏も、本では分からなかった細かなところを、食い入るように見ている。

副住職曰く、本来、襖絵は、美術館で、スポットライトを浴びて、じっと鑑賞するものではなく、生活の一部であり、背中や、また五感で感じるものだとおっしゃってました。

光と影、遠近法の洋画に対して、光と闇、濃淡で表される。

それは、3次元を2次元に投影したものではなく、5次元を3次元の空間に投影した感じで、
まさに作品の中に、入り込んでいる感じだ。


襖絵とは、建築の一部であり、建物と共に時間の経過で汚れ、劣化していくもの、だが、
寺や神社が長い時を経ても素晴らしいように、今の住居やマンションのように単に古くなるものではない。

日本人は茶碗の茶渋や、数珠の黒光りなど、長年時間の経過したものを、汚れではなく、価値と見る文化がある。ここに西洋と日本の差があると。
だから、200年経過した今も、劣化したのではなく、完成し続けている。
無論、円山応挙は200年先程度は見越して、襖絵を描いていただろうと。

実際、博物館に保存さてれいたわけではなく、実際に襖絵は開け閉めされ、絵画ではなく、200年、道具として使えていたというのもすごいことと思う。

残念ながらレプリカは、その時間の蓄積を、コピーすること無く、単に汚れとして認識し、200年前のできた当時の真新しさをコピーすることを目指したようだ。

それにしても、副住職の襖絵に対する熱意は相当なもので、
レプリカが、自分の力が及ばず、住職の人選で行われたこと、レプリカの質に関しては、納得いかない感じで、悔しさか、時より酔っぱらいのおっさんのような(笑)、愚痴やイヤミが出ていた。


お礼を言って、収蔵庫を出る。

日本画がけっして、いや全然、洋画に、文化、意識、技術に負けていないことが、これほどはっきり分かったことに、感激を覚えるのであった。日本素晴らしや!


(副住職の)奥さんが、お茶を出してくれた。

以前にオリジナルを何度か見ていて、今回レプリカの後に、収蔵庫のオリジナルをみて、本当に凄さがよくわかりましたと話した。

奥さんも、レプリカに変わった時は、心の切り替えが上手くできず、襖絵の説明が出来なかった時期もあったそうです。説明中時より、泣きそうになったこともあったそうです。

奥さんは、説明時に着物の若旦那と友禅の佐伯氏が、レプリカと本物をちゃんと見分けていたことに気づいていたそうです。
さすが、友禅のインクジェット(コピー)と本物は販売店でも見分けがつかないと云われているが、この人達は一発で見破るスキルももつ。
着物の若旦那曰く、レプリカは見ても、何も感じない。それだけ。

時の流れもあり、応挙派の絵に興味があってくる人ばかりではない、香住のカニのツアーに組み込まれて来る人も多いそうです。
着物の若旦那と友禅の佐伯氏のように、ここまで絵が分かる人は少ないと思う。

ほへとには完全に猫に小判。
そんな違いの分からない人の多い現代は、派手できれいなレプリカでよしとし、
原画の方は、何十年、何百年先に、人間の意識が上がった時まで、価値がわかる時代まで、ひとまず眠ってもらう。応挙もそれで納得ではないか。そんな気もした。

ともかく、レプリカは、今後副住職の世代になった時に、佐伯氏ら若手がもっといいものというか、ちゃんとしたものを、作ってくれたらと、期待したい。

さらに映像や秘仏も用意して頂いていたのだが、時間的に帰ることになった。
もう、みんな腹いっぱい過ぎ。

P1100635.jpg
帰りの大乗寺(応挙寺)

本当に有難うございました。また来ます。

P1100640.jpg
京都へ帰ってからも、居酒屋で着物の若旦那と佐伯氏と今日の感動冷めない話で盛り上がるのであった。



大乗寺(応挙寺)
大乗寺円山派デジタルミュージアム
5月には特別に、収蔵庫が公開されるそうです。
みなさん、是非一度は大乗寺(応挙寺)に旅行してみてください。
posted by ほへと at 17:19| Comment(3) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

大乗寺(応挙寺)にて(110819)1/2

今日は、兵庫県は香住、現香美町の大乗寺さんへ円山応挙の襖絵を見に行きます。
メンバーは着物の若旦那と友禅の佐伯氏など4人。

着物の若旦那の運転だが、日頃の行いが祟ったのか、テニスでアバラを負傷したらしく、サポーターを装着しての運転。さらに、工事や渋滞などで到着は大幅に遅れる。

途中豊岡に寄る。コウノトリが飛んでいた。広い田んぼが広がるがコウノトリのエサのため豊岡市の田んぼは無農薬だ。

P1100631.jpg
香美町へ

P1100634.jpg
大乗寺、応挙寺へ到着。

いつものように副住職の奥様に、襖絵の案内をして頂きました。(VIP待遇)

そうそう、襖絵は数年前にレプリカに変えられ、200年経過したオリジナル襖絵は劣化をこれ以上進ませないために収蔵庫に保管されているとのことです。

思えば、大乗寺にて、最後(?)の襖絵を見るために(とカニだな)、ここ香住によく来ていたのかな?と思うこともあったが、レプリカになってからははじめての大乗寺の襖絵。

いきなりの、孔雀の間で、驚いた。
違う。ナニ?という感じ。あの孔雀がいない。

レプリカは、何故か洋画の偉い人の指揮で作成されたらしく、
描かれた当初、200年前の作品を復元したらしい。

なるほど、金箔が金ピカで、時代の経過の黒ずみも無いというわけか。

それにしても、何やら、写真で言う、白飛び、黒つぶれ、コントラストが強調し過ぎの感がする。

ともかく、いつものように奥様に最後まで、襖絵を丁寧に説明して頂きました。

本物の襖絵は、以前ここで何度か見たことがあった経験から、
レプリカはやはり、どこか違う。魂っぽいのを感じない。
気のせいか?

さらに、一般公開のない、2Fの鴨の間、猿の間も特別に見せていただいた。(さらにVIP待遇)
ここはレプリカではなく、本物ばかり、しかも、あまり紫外線にあびてないらしく、麩の具合も良さそう。

着物の若旦那と友禅の佐伯氏も、レプリカではなく、長沢芦雪ら本物の応挙派に、興奮し、満足していた様子だった。

それにしても、さすがこいつら、着物の職人だけあって、絵を見る目は本物だと逆に感心する。
そんなことには節穴なほへとには羨ましい。

ここで、大乗寺の(副住職の)奥様から恐ろしいお言葉をいただく。
「収蔵庫の本物を見れるように頼みましょうか?」

そんな大それた事を、丁重に遠慮し、断わろうとする間も無く、
「是非お願いします。」
着物の若旦那と友禅の佐伯氏。

「大丈夫、収蔵庫、見れるそうです」

続く。
posted by ほへと at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

Bar Fishにて(110817)

ひょっとしたら、魚でも飼うかもと、久々に木屋町のBar fishに行った。

P1100595.jpg
魚屋のじゅんくん。ってしばらく見ない間に、なんという世紀末な髪型になってんねん。

P1100606.jpg
熱帯魚にエサをやる。
エサはぎりぎり最小限にやるそうだ。水が汚れないから。
どこが最小限かは、経験で魚は生きていたらセーフだそうです。

P1100612.jpg
アロワナの水槽に、大きくなったスッポン(モドキ)が一緒に入れられていた。
食われるなよ。

なんかペット飼いたくなったが、
理想は魚、次に、エビ、最悪はヤドカリかな。
posted by ほへと at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月17日

左大文字(110816)

金閣寺前に左大文字を見に行きました。
今年は、岩手県陸前高田の護摩木の問題などがありましたが、大震災という年、京都が少しでも力になったらと思いました。

P1100397.JPG
LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4のせいか、炎の「大」以外の部分もよく写っていました。

うーむ、今年の大文字は考え深いですね。

posted by ほへと at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 & おもい川で撮影

2011-08-16 14.40.27.jpg
LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 にエツミのラバーレンズフード(46mm)を装着してみました。
通常は裏返して、レンズの保護。

2011-08-16 14.41.07.jpg
フードを出した所。こういうふうに変形します。
標準のフードはカッコいいが、携帯性が悪い。

2011-08-16 14.46.51.jpg
LUMIX G 20mm/F1.7も同じフィルター径46mmなのでこっちも使えます。

意外と、25mmと20mmと差が大きく、広角寄りのLUMIX G 20mm/F1.7も使いどころは多いです。

P1100281.jpg
ラバーレンズフードを装着して、烏丸に呑みにやって来ました。

G2+LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 はウエストポーチに入るコンパクトさ。

P1100284.jpg
和民んにて、着物の若旦那チームと打ち合わせ&呑み。

イカと肝のホイル焼き。

P1100287.jpg
G2+LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 は実は顔認識が最高。
高速に瞳にピントを合わせてくれます。
しかも正確に。

驚きます。

P1100293.jpg
こんなアングルでもバッチリ。

瞬間を逃さないです。

P1100302.jpg
毎度の二次会、おもい川にやって来ました。
ここは相当暗いので、F1.4&ISOを1600まで上げて、フラッシュ無し撮影。

P1100312.jpg
ほとんど光が当たらないけど、表情はバッチリです。

P1100323.jpg
着物の若旦那は隣なので、換算50mmでは下がらないと入らない。

P1100327.jpg
太一の店はじめての佐伯氏にあいさつする太一(苦笑)。

P1100350.jpg
ISO3200に引き上げる。無駄に太一は動くので、シャッタースピードを上げねばぶれる。


P1100369.jpg
カウンター内で踊る太一もバッチリ。




posted by ほへと at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタルPHOTO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

満月(110814)

暑いですね。外出にはMAGICOOLが必須になっています。
冷えピタのリサイクル版のようなものです。
首に巻くと、見た目以上に涼しくて、まぁそんなには冷えないけど、最低限度熱を下げてくれる感じです。

夏バテ、今までの熱の蓄積で、疲れると熱中症にもなりやすいです。

P1100180.jpg
今、月は満月。LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6の超望遠で撮影。さすがにマニュアルで撮影。

満月から数日は地震に注意してください。また経験上、暑い場合が重なるとさらに危険度がアップします。
関東とかゲリラ豪雨とか激しい地域も、ひょっとして地盤のストレスが影響しているかも知れません。

明日15日(月)は方位マネージャーの1番のある日ではないけど、2番はあるので、(南東)、いろいろ世の中にイレギュラーな出来事が起こりやすい要注意日です。

HAARPもなんか変な感じです。太陽の影響かもしれないけど、数日大地震には用心してください。(本当に起こるか、どこに起こるかは分からないけど)


posted by ほへと at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

Galaxy Tabのリフレッシュ

最近、回りでもスマートフォンにデビューする人が増えてきました。

Galaxy Tabも、最近動きが重くなってきた。
去年の11月26日、発売日に手に入れているのだが、
大体ひと通り、主なアプリも試したが、たまに、これ何のアプリだっけ?というのも増えてきた。

大掃除だなと、インストールしているアプリの仕分け作業を行う。
同じような機能のやつは代表1名に絞り、あまり使わないのは、心苦しいが、退出してもらった。

ついでにリフレッシュということで、ホームアプリの変更にもチャレンジました。

ホームアプリはいろいろありますが、シンプルで一番高速ということで、
「Zeam Launcher」を選択。

英語ですが、ここを見ればバッチリ。Zeam Launcher 設定の日本語訳
http://www.datacider.com/628.php

さらに重さ対策。
一番は、ライブ壁紙は重い。
使用する場合はマシンに負荷がかなりかかっているね。また魅力的なアプリがどんどん出るし。
最初の頃は気がつかなかったが、あれこれ時が流れて、アプリも積もれば、顕著にその重さはあらわれてくる。
GoogleMapや重いアプリが固まる原因になってるっぽい。

「アカウントと同期の設定」もたまに確認しないと、
ほへとに無断で、同期Onを勝手にするアプリもある。Skypeとかmixiとか。
バッテリーのヘリが早いと思えばやはりこいつか、ってことが多い。

便利さは残しつつ、オオナタを振るうのは難しいが、ここは政治手腕が問われるところです。

スマートフォンユーザーはたまには、バックアップもして、一度初期から再構築してみるのもいいかも知れません。
posted by ほへと at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | スマートフォンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

火曜会・嵯峨野(110809)

P1090885.jpg
岸子のお父さんが釣られた、天然アマゴ。向こうでは「ひらめ」と呼ばれるを持ってきてくれた。

P1090898.jpg
火曜会主人が釣ったアジを、揚げたて。さすが揚げたてはむちゃうまい。

P1090901.jpg
Kちゃんが仙台に行ってきたそうで、お土産の牛たん。

P1090910.jpg
ゆかポンと病み上がりのえいみちゃん。今日はちょっとおとなしい。

P1090914.jpg
岸子得意の唐揚げ。揚げたて。

P1090922.jpg
大原のお嬢の自家製トマトだけど、このトマトは本当にうまい。
みんな大絶賛。

P1090939.jpg
えいみちゃん。

P1090951.jpg
以前火曜会主人が、保護した、スズメっぽいヒナ。ちゃんと育っています。

P1090947.jpg
しめの紅白焼きそば。すぐ無くなった。
posted by ほへと at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月10日

しょうざんプール

しょうざんプールに太一氏に誘われ行ってきました。

P1090858.jpg
しょうざんプールは子供用と大人用の2つのプールがある。
こっちは子供向き。

P1090856.jpg
奥には、大人用のプールがある。しかし、あまりみんな積極的には泳がず、体を焼いたり、本を読んだりしている。

ここの大人用のプールが、180cmのほへとでも足がつかない深いプールで、
うーむ突き放しているね。

P1090847.jpg
スレンダーなお姉さんの後ろに陣取る。ドキドキ。

基本、ここのしょうざんプールは、むっちゃ人が少ない。なぜだ?
やや高めの値段設定か、足のつかないプールのせいか?
ゲ◯が多いしか?

P1090841.jpg
泳ぐゲ◯の太一氏。

ちなみに、ほへとは、かなづち。
プールの手すりから離れなれない。スケートリンクか!

大体子供用は、浅すぎ、大人用は深すぎ。
大人と子供の狭間の人用の深さ設定希望。

P1090853.jpg
太一の水着はピンク。

しかも、プールサイドで太一氏と知り合いとおぼしき人が、ほへとを見て太一の彼氏か?とあまりに失礼な一言。
誰がじゃい!酷い。

P1090862.jpg
お昼はカレー。

P1090864.jpg
太一氏とバーのスタッフ、たくま君。

P1090879.jpg
たくま君は非常にどんくさい。
今日2日目のひっくり返り。
残念だ。


昼間から、ビール飲んで、体焼いて、泳いで(溺れて)
とりあえず、向こう岸までは、平泳ぎで行けるようになった。

家から近所だし、また来たいな。
posted by ほへと at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

琵琶湖の花火大会(110808)

JR太秦駅に待ち合わせて、火曜会主人、岸子ら4名で、琵琶湖の花火大会へ行っていました。
ほへとも、火曜会主人、岸子の3人は浴衣。

P1090717.jpg
うーむ、この前買った。LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6では大きく写りすぎて入らない。
しかも、三脚なしは辛いな。

P1090723.jpg
望遠がキツイ、花火を中心に追えない。

P1090738.jpg
まぁ、今回は準備不足だな。でもきれいだった。

終了までいると帰りの混み混みに巻き込まれるので、早めに駅へ。

P1090816.jpg
振り返ると、えらいことになってますね。というか駅前でいいやん。こっちのほうがよく見えたな。
一番先か、駅前か、中途半端はアカンかった。

P1090823.jpg
帰りの電車を待つホームからもまだ上がっていました。

いやーさすがは琵琶湖の花火大会。規模が違うな。
posted by ほへと at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月08日

函南の振袖館、京都もなみさんにて(110807)

P1090625.jpg
ホテルの朝食バイキング。ビジネスホテルの無料サービスなので贅沢は言えない。

P1090628.jpg
三島駅から函南駅へ。函南:(かんなみ)と読みます。

P1090629.jpg
着物の若旦那と、タクシーで「もなみさん」へ向かう。

P1090630.jpg
途中、すっごく、個性的な山並みが見えます。このあたりは15年ほどまえからほとんど変わらない町並みですね。

P1090652.jpg
振袖館「京都 もなみ」さんへ到着。
ここも風水アドバイスして15年以上の関係です。
ともかく、会長に玄関周りをキレイにするように指示し、植物系を全て排除。

ちなみに「もなみ」は名前ゾロ目。

P1090635.jpg
風水的なレイアウトもアドバイスしたりする。
お客さんが安心して見ていただけるように、背後には気をつけるように。

P1090642.jpg
それにしても、見事な友禅ですね。佐伯氏のだな。

着物の若旦那以外の、佐伯氏、眞鍋さんの着物、帯も飾る。

P1090643.jpg
着物の若旦那、辻が花の職人自ら、最前線へ。スタンバイ完了中。

P1090648.jpg
ここ、もなみさんの息子さん(次男)。

着物の若旦那ともなみさんの息子さん(次男)が次世代の着物業界を担うこととなるだろう。

相反するもの、作り手と売り手、時代にあった着物、時代に流されない着物。
それを対立ではなく、いちとして、ブレイクスルーして欲しい。

P1090653.jpg
ここで飼われている、にゃんこがいた。むっちゃかわいいやつやな。

結局、この日は、人が来すぎて(笑)、対応できなかったそうです。

何だ、佐伯くんや眞鍋さんも来たらよかったのね。
今回は様子見で、慎重にいったのが裏目に出た。
ともかく、最低ラインはクリアしたようなので良しとしよう。
今後も、継続して、着物の若旦那チームを使っていきたいとのことでした。

3人分働いた、着物の若旦那のHP(ヒットポイント)が限りなく0になるほど疲れたようです。
お疲れさん。

また、全国の着物販売店さん、その知り合いの方などで、着物の若旦那チームの展示会等を企画されたい方は連絡ください。(hoheto@gmai.com 着物の係まで) 今ならもれなく、風水師がついて来ます。(笑)
posted by ほへと at 13:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

名古屋から三島へ(110806)

今日は午前中から名古屋で対面鑑定でした。7名様ありがとうございました。
急遽、鑑定予定の喫茶店が潰れてたりで、名古屋名物のコメダ珈琲さんに変更。すごい並んでましね。
おもいっきり長居してみました。(すみません)

鑑定終了後、三島方面へ移動に新幹線へ。
16:33発 名古屋発 ひかり478号 東京行。2時間に一本がひかりが三島駅にとまります。

P1090567.jpg
むっちゃ腹減った、休みなしのぶっ通しだったので、、そばかうどんを食べようと、、新幹線ホームの立ち食いそば、、
おーおー!きしめんオンリー!、立ち食いきしめん屋!
さすが名古屋、かたくなに、食文化は他を相いれないな。

P1090565.jpg
冷たい、きしめん。
まぁ平たいうどんなのだが、そういうと怒られるかな?うまいうまい。

P1090574.jpg
富士山は曇りで見えなかったけど、今日は曇が早く動いていました。

三島駅に到着し、下の電車で、熱海方面、函南駅へ。

新幹線の三島と熱海の間には、この函南駅しか無いし、熱海と合併したらいいと素人は思うけど、
三島と熱海の間には山があり、硬い岩盤でトンネルがなかなか掘れず、昔はあまり行き来がなかったそうです。
だから、文化が違う。また三島は伊豆半島の玄関口。熱海はリゾート地ですね。

P1090579.jpg
函南の振袖館、京都もなみさんへ、今日から着物の若旦那が、ここで展示会をやっています。
終わりかけに到着。

P1090583.jpg
ツイッターを見て来てくれた、着物の若旦那の友人の友人さん。伊豆美人!
本人も織り職人を目指しているようです。

P1090605.jpg
1日目も終わり、何故かこの3人で居酒屋へ。(さすがは着物の若旦那、そこは抜かり無し。うまい(謎))
もともと熱海に行くつもりが、三島前のホテルで宿泊に。

そもそも三島駅は、北口と南口が分断されていて、自由に行き来できず、常に140円の通行料(入場券)を取られる。
ありえない。北口のホテルに荷物を置いて、南口の居酒屋へ。

P1090623.jpg
着物の若旦那と二人で、二次会。
お疲れさん&明日の作戦会議で、渋いバーへ。
渋いバーテンおじさんに三島うんちくなどを聞く。

では、明日がんばりや。
posted by ほへと at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6テスト&コサギ



先日LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4ー>LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 に更新。
LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4とZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6(梅70-300mm)をドナドナしました。

さらに、手放した。ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6、超望遠レンズ(換算600mm相当)に対して、
あたらに、LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6をアマゾンポチりました。

早速、荷物が到着したので、テスト撮影に行きました。

P1090345.jpg
バスに乗り、慣れた嵐山方面へ。
バスの窓から、渡月橋の上を撮影。

キラキラ。

P1090361.jpg
清瀧行きのバスだったが、途中大覚寺で降りる。

大沢の池のカモちゃんを撮る。

すげー、梅70-300mmと違うな。ピントむっちゃ速い。絵もコントラストに質感もバッチリ!
思った以上の写りに感激。
大きさも615gから520gにダイエットだが、写りや手ぶれ補正など機能は大幅アップ。

P1090368.jpg
水中の鯉ちゃんも。それにしても、100mmからだとすごい下がらな鯉も撮れないな。

P1090384.jpg
鴨が急に羽ばたいても、こんな感じで撮れる!

しかし、最近の大覚寺は根性が無いので、昔のように、大沢の池の周辺を自由に散歩できなくなっています。

しかたなく、広沢の方へ徒歩移動。

P1090410.jpg
広沢の池に到着。これは、LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4で愛宕山を撮影。

P1090436.jpg
風があり、サギちゃんたちは見当たらない。そうか、子供達がそこらでザリガニを釣っているので、退避したのか?

とりあえず、超警戒心の塊のカイツブリを撮ってみる。

ふふふ、さすがに撮られているとは気づくまい。(勝ったぁ)

P1090465.jpg
池の東の辺りに、小さなコサギが一匹いた。ずいぶん遠いが、この望遠レンズのおかげでいい感じに撮れる。
なんか、エサ捕まえたようです。

P1090488.jpg
急に、走ったりするのですね。エサを発見したのか。

P1090493.jpg
やっぱ、サギ系の水鳥は美しいですね。

P1090547.jpg
と内心褒めていると、気づいたのか、どんどんこっちにやって来ます。
さらに、水面のキラキラ装飾をたずさえて。

P1090540.jpg
結局、目の前まで来てくれました。えらいな。
それに、水面に雲が映った、いい感じの背景。
今日のラストショット。

P1090563.jpg
LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6
値段も、5万円切って、600mm相当の大望遠&手ぶれ補正付き。
マイクロフォーサーズ(ルミックスGシリーズやオリンパスPenシリーズ)専用だが、他の機種じゃこんな機能でコンパクトな望遠レンズは無いですね。
これは、野鳥好きには必須アイテムだね。


posted by ほへと at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタルPHOTO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

飲茶BAR SinSinにて

今日は、着物の若旦那が、うら若き美女たちと食事をするとの情報をキャッチし。
彼のある弱みにつけ込み(謎)、強引に参加するのであった。

P1090203.jpg
むっちゃ若いしキレイやん。学生とな?

P1090210.jpg
ほへと以外5人は全員きもの関連の人らしく、前半は着物話で完全にアウェイ。

P1090219.jpg
この店は、着物の若旦那の友人が最近オープンした中華のお店。

P1090227.jpg
久々の中華だな。おいしいな。

P1090228.jpg
さて、占い関連で挽回中。あーその数秘かぁー。
無論だが、すごく当たっていたというか、ウケた。
しかし本性がバレて、美女からメスゴリラに格下げ中。(酔って自我も崩落中)

P1090232.jpg
こっちは、既に女将も雰囲気。同じ年らしいがお姉さんだね。

P1090234.jpg
コースなのでどんどんでてくる。
おいしいが、腹がいっぱいだ。

P1090275.jpg
店長さん。
ごちそうさまでした。

P1090285.jpg
おもい川へ二次会へ行く。

偶然なんと妹が来てびっくりした。

そういえば、週末、8月6日(土)、7日(日)と、熱海は函南の振袖館京都もなみにて、着物の若旦那達が展示会をします。


飲茶BAR SinSin
京都府京都市中京区四条新町上ル東入ル観音堂町470 道家商事ビル1F 075-211-2179
posted by ほへと at 20:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg