2011年08月03日

言葉の重さ

現実という状況と言葉は分離されなければいけない。
言葉は言葉で独立して、意味を、力を持たなければいけない。
言霊という力は、結局はそういうものであり、現実や状況に負けない力の源のようなものだ。

有言実行できない人。
言葉の軽い人。
知ってることをやたら披露したがる人。
そんな聞けば即、自分のものにする人。

そんな弱い力しか使えないようなら、厳しい現実に、負けるだろう。

感情は、現実の状況。
それだけで生きていれば、常に現実に流される。

そんな状況だから仕方ないと、言い訳せずに、深く、重く。
感情は否定しなくてもいい、流されず、それを冷静に見つめ直す。
それは、現実に流されず、現実を冷静に見つめ直すこととイコール。

そうして何年、何十年も掛けて、自分の意志と行動を言の魂の栄養にしていく。

辛い状況でも、待っていたチャンスにもしっかり対応できる、
実のある言葉を得て、そして使い、それに素直に動かされればいい。


あなたは、あなたの人生、全ての森羅万象を一とするもの。
それ以下か以上か?
posted by ほへと at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月02日

神戸にて(110801)

P1090092.jpg
神戸に久々にやって来ました。

P1090106.jpg
異人館周辺で喫茶店、にしむら珈琲。

P1090107.jpg
ものすごく、よさげな雰囲気、重厚。珈琲も濃く。朝方まで寝れんやん。

P1090113.jpg
なんか、このあたりに、残念な感じのバーが、、

P1090115.jpg
姉妹店か?、いや、、新手の残念な感じのバーか、、

神戸、どんだけヨウツベ好きやねん。

P1090123.jpg
途中、神社を発見。偶然見つけたなら、見ないふりはできない。お参りしよ。


P1090121.jpg
どなたか分からないけど、お詣り。

あぁーここが、有名な生田神社か。
、、「紀香」、「陣内」という、残念な名が浮かで消えた。

P1090128.jpg
神戸だけど、日本海庄的なんたらの名前の居酒屋へ。

P1090129.jpg
ここの店長も、ちょっと残念な感じか?

P1090130.jpg
うまい。カサゴのお刺身。

P1090136.jpg
馬刺し。
うまいな。

ここは残念ではないな。
posted by ほへと at 12:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg