2015年05月31日

 Google フォト(Photos)

写真の管理は大変だが、現在iPhotoを使用しているが、新しいOS、OSX Yosemiteにアップグレードすると「写真アプリ」に移行するようなので、それが理由にいまだOSは10.6のままだ。

そんな中、この前。Googleフォトが発表された。
PC用にはブラウザアプリで提供される。
Android やiPhoneにはアプリダウンロードだ。

このGoogleフォトの仕様が半端ない。

色々と高機能で、便利なことが色々できそうだが、何よりコレだな、

「16Mの超高画質で無制限保存」

ば、バカか、、いくらなんでも、写真の容量は半端ないぞ。
一体何を言っているのだ?

ちなみに、ほへとのiPhoto Libraryのサイズは450GB

これを全部クラウドにバックアップしても、無料。
しかも、iPhotoでは外(スマフォ等)から見れなかった写真が、
Google フォトに落とせば、どこからでも自由に見れる!

ただ、心配は無制限は16Mピクセルまでという制限だが、

今愛用のDMC-GX7 は、、、丁度16Mピクセル、よっしゃー!

これが本当に無料でアップロードできるのか?試してみた。
4592x3448 4.1MB

Googleフォトにアップロードして、それを表示し、再度それをダウンロードしてみた。

同じ写真がダウンロードできればオーケーで、サイズや容量が減っていたら、多少は劣化するということだ。

4592x3448 4.3MB

増えてるやん。


とりあえず、スマフォ(SH-01G)からも,Wifiから自動で写真をアップロードする設定に。

また、Macの写真管理をiPhotoから、次の「写真アプリ」ではなく、
Googleの「Picasa」をすることに、
これも、知らない間に大幅に機能アップしている。
勝手に、HDの写真を全て一覧できるようになっていた。

Googleの「Picasa」と「Photos」の2段構えで行こうか。

スマフォの人は、Googleフォト入れてみれば、SDの容量気にせず、バックアップも楽ですよ。
posted by ほへと at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタルPHOTO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

袋小路の危険

そもそも、袋小路に問題が多いのを気づいたのは、
ボディワークの生徒さんが、袋小路に住んでおられ、その相談からだった。
欠陥住宅、近隣の家とのトラブル、事故や病気など、、

まぁ占いの中で、同じような相談を受けて、「ひょっとしてお家、袋小路ですか?」
「えっなぜわかるのですか!」的なデータも蓄積し。
それから、いろいろ調べ、研究の結果、当初は、袋小路には、欠陥住宅が多いので、その住宅の風水の問題と考えていましたが、実は、袋小路自体が問題ということに行き着きました。


「風水」は、気は風に乗って動き、水に留まる。

例えば、気は、各方位に意味を持ち、北東なら「骨」の気である。ここに水回りがあれば、骨の気は、トイレやお風呂の水に溶け込み、水の排出と共に、同時に骨の気を失ってしまうのだ。
骨の気不足により、骨格系のトラブルが起こるということだ。

そして袋小路は、気の流れが悪い。というか止まっている。
道路を川と見立てれば、袋小路には水は流れていかないことがわかります。
新鮮な水が入ってこなければ、水は腐ります。
同じように、気が枯れる、汚れた気となります。
だから、袋小路にある家には気が入ってこない、入ってくる気がとても少ないということ。
結果的に、水回りで失ったように、気が足りなくなっている。
それが一つの方位ではなく、全方位で起こるのだ。

だから、袋小路は、無気力、怠惰から始まり、各方面のトラブルが同時に積み重なって起こるために、複雑な問題や、精神的問題、奇病難病が起こる。


袋小路にある、6つほどのお家などは、ミニ開発という、本来は違法になるのだが、規制緩和のお陰で現在可能となっている。
通常の開発では、道路は袋小路はダメで、公道から公道につながっているのが条件だが、
ミニ開発は袋小路が可能である。この道路は、私道であり、家の敷地以外にこの道路分も負担している。
私道なので、道路交通法の範囲外なので、住民同士のトラブルも多いと聞く。
その区画の住人以外が利用しないために、外からの目が届かない。
袋小路は災害に弱く、地震や火事などが起これば、奥の家の人は逃げられない可能性もある。

夢のマイホーム、ミニ企画の一番の売りは「安さ」だ。
安く土地を仕入れ、条件付き宅地という、建物込で売ろうとします。
設計に3ヶ月以内というが、契約した途端に、来週までに間取りを決定してくださいと、とりあえず焦らします。
一見キレイ色の建物が多いが、手抜き工事などの欠陥住宅なども多いので本当に用心して下さい。

ほへとは、このミニ開発系の袋小路に住むことは絶対に反対しています。
posted by ほへと at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月24日

みかげ会&日本伝統工芸近畿展

P1340638.jpg
みかげ会 第一三回「春の温習会」
深蔭(みかげ)流宗家

P1340646.jpg
太一こと、深蔭(みかげ)流松比呂

P1340656.jpg
今日は、扇子だね。

P1340678.jpg
天ちゃん、八才

P1340704.jpg
ウインズ京都の隣の公園で、新緑とハトちゃん。

P1340726.jpg
錦市場は沢山の人、、そこから、
京都高島屋、グランドホール[7階]の「第44回日本伝統工芸近畿展」
着物の若旦那の作品を見に行く。

スゴイクオリティでびっくり、みんなの作品も、日本の伝統工芸って本当にスゴイと思った。
ちなみに、若旦那の作品は展示がガセかと思ったが、ルートの一番最後に展示してあった。

P1340727.jpg
千本の近所の喫茶店で、インドパスタ。
posted by ほへと at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

嵯峨野亭にて(150522)

P1340599.jpg
今日も嵯峨野亭にて呑み会。
バイ貝うまし。

P1340601.jpg
レンコンのはさみ揚げ

P1340605.jpg
Jrは今日はちょっと熱があるそうです。
しかし、お母さん方は熱をすぐに下げようとしますが、小さい体で病原菌などと戦うために、体温を上げ、免疫を上げているので、過剰にそれを邪魔しないように。

P1340609.jpg
今日は、いつもと違うチビちゃんも来ているね。

P1340602.jpg
やめて、ボールをぶつけないで。

P1340617.jpg
ちょっと辛めのチキン、うまし。

P1340621.jpg
いつもと違う、怖いおじさん来てるね。

P1340625.jpg
帰る頃に。えいみちゃんは爆睡中。
posted by ほへと at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月22日

還水平アーク(150522)

今日は、午前中に関東や東海方面のツイッター等で、還水平アークが見えたなう。という投稿やニュースがあった。
人ごとと思っていたら、京都は長岡京市で彩雲・還水平アークが見えているという緊急LINEが来た!
1432277916273.jpg
すごく良く撮れている。

1432278820159.jpg
自宅かららしい。
スマフォはXperiaだそうだ。

ほへとの見ようとするが、市内はビルが高くてわからない。
二条城とNHK京都放送局の間にある公園まで走る。

P1340574.jpg
おぉっ見えた!

しばらくすれば、薄くなって、消えた。
間に合ってよかった。

DSC_0580.jpg
還水平アークか。

不思議なもんだな。

そういえば、3年前、2012年05月21日に金環日食、撮ったの思い出した。
金環日食、反射式。(ほへとのブログ)
posted by ほへと at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月20日

猫寺「御誕生寺」

P1340418.jpg
今日は、福井県は越前市の「猫寺」と云われる、曹洞宗「御誕生寺」に来ています。

今週の「女性自身(光文社)」の猫記事の流れか?

P1340470.jpg
ここには、沢山の猫ちゃんがいます。
捨て猫だったり、飼えなくなった猫など、またこのお寺では里親も募集しているようです。


P1340442.jpg
招き猫の像。なんかふざけてるね。

P1340425.jpg
本堂かな、その裏に、ペット供養の碑。
「楽しい日日をありがとう」合掌。

P1340446.jpg
猫ちゃんはご飯タイム。

P1340504.jpg
のど乾いた。水飲む。ちなみに金魚もいる。

P1340440.jpg
食べたら寝る。

むっちゃかわいい。

P1340454.jpg
猫以外では、とても沢山のお地蔵さんがおられます。

P1340476.jpg
上等そうな猫もいる。ふわふわちゃん。

P1340509.jpg
ゴーンと17時の合図。

P1340517.jpg
車にも登る。

P1340521.jpg
車の下の猫アップ。

あーいい時間だった。癒やされるね。

P1340568.jpg
帰りの越前海岸。
ちゃんときれいな夕陽が見れた。

京都に帰ってきたら、大雨と凄い雷だった。
posted by ほへと at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月19日

着物の若旦那の工芸展など

11012545_826173300802698_7216978021086528262_n.jpg
友人である、着物の若旦那の作品が、京都の高島屋で展示されるそうです。

すごいですね。最近もちょいちょいホームパーティや木屋町で一緒に呑んだりしているが、
「辻が花」という絞り染めの着物作家です。
着物に興味のある方、京都近辺にお住まいの方は見にいってあげてください。

第44回日本伝統工芸近畿展 受賞・入選作品
2015年5月20日(水)→25日(月)京都高島屋グランドホール[7階]
入場料一般500円

絞り染訪問着「白昼」(しぼりぞめほうもんぎ「はくちゅう」)
着物の若旦那=福村健(ふくむらたけし)

また、着物の若旦那のお父様も、
第49回日本伝統工芸染織展
2015年5月20日(水)→25日(月)大丸ミュージアム(京都)
の方に同時に出展されています。

そして、夜は「barおもい川」のマスター?ママ?の太一の昼の顔、
日本舞踊の会もあります。
みかげ会 第一三回「春の温習会」
2015年5月24日(日)午前11時開場 午前11時30分開演 ウイングス京都
チケット2000円

おまけですが、今日発売の「女性自身(光文社)」のドリームジャンボ実績あり! 7億円導く「生き招き猫」売場にちょこっとほへとの書いた記事が載りました。
たくさん書いても、載るのはちょこっとなのですね。
ドリームジャンボ買う人は参考に。(なるのか?)
posted by ほへと at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

身体と風水、五行・内臓と動き

ボディワークの目的は、健康時や美容というのもありますが、占術師の洞察力で人の姿勢というのを観察していくと、姿勢がその人の幸か不幸を決めていることに気づきます。

一見、良い姿勢に見えていても、上半身が緊張し腰を反り返していること、体重がかかと重心なことを見抜きます。
これでは、人は思うように動いてくれない、対人で苦労することが手に取るように分かります。

また、順調だったある社長さんが、首のこりで、まさしく、首が回らなくなった時に、会社が傾いた。首は、お金と関連しているのだ。

この辺りは、実は風水と関連がある。(風水鑑定時は必ず健康状態をお聞きしています)
もともと、ボディワーク・姿勢は、身体風水と呼んでいた。

五行
五行:木火土金水とは、地上3次元のことに他ならない。上、下、左右、前、後のことだ。
左右で一つなのは、人間が左右対象であるからである。逆に上下や前後は非対称に造られている。

五行、三次元、方位、 内臓
木:左右、 東、 肝臓、胆嚢
火:上、 南、 心臓・小腸
土:前、 中央、 すい臟、胃
金:下、 西、 肺・大腸
水:後ろ、 北、 腎臓、膀胱

簡単な図だけど、試験に出ると思うのでこれは暗記しておこう。

例えば、南の方位に問題があれば心臓にも問題が生じる。
心臓が弱ければ、胸部の内圧が低い、逆に心臓が高血圧なら、胸部の内圧が高くなっていないか?

心臓が弱ければ、胸部、循環器系をトレーニングしていく。同時に南の方位が陰気になっていないか同時にチェック。血圧が高ければ、胸の力を抜く、重心を下げる。南の方位の陽が過剰になってないか、または収納等で詰まってないかチェック。陰陽バランスで、腎臓(北)とも関連が合ったりするので、そうそう単純ではないが、参考に。
心臓の経絡は、手の小指側から腕の内側に走ります。腕を下から上に上げる動作。胸の力を抜いて下腹(小腸)に重みが集まるようにします。

また、胃が悪ければ、胃の経絡は。脚の前面に走っているので(足三里のツボなど)、やはり歩かなければ行かない。そう三次元では「前」だが、要は未来のことです。先の未来を心配するとき、胃痛を起こしますね。
と同時に南西の方位が汚れてないかなど気をつけないといけない。

方位で、斜めは無いですが、
北東 骨格系 運動神経
南東 神経系 知覚神経
南西 内臓系 自律神経
北西 バランス 
となっています。
だから、北東に水回りなどがあれば、骨格系の気が無くなり、どうしても骨格系のトラブル、腰痛や肩こり、膝痛など起こしやすくなります。しかし、一番の問題は、物事がうまく行かず、対人関係も悪くなるという点です。そう、人は運動神経の延長線上なのですね。中枢は腰なので腰は十分鍛錬しましょう!
posted by ほへと at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

嵐山・三船祭(150517)

P1340232.jpg
今日は、車折神社の神事「三船祭」を見に来ました。
車折神社前を通って、嵐山へ。

P1340304.jpg
神事が始まり、平安時代の舟遊びまで時間があるので、渡月橋の上流へ向かって歩く。
渡月橋もいいが、それよりも、新緑が美しい。

P1340318.jpg
カモちゃんが気持ちよさそうに泳いでいる。

P1340313.jpg
川魚の稚魚たちの群れの塊が泳いでいる。

P1340292.jpg
亀山公園のさらに奥、大堰川のほとりをドンツキにまで歩く。
今日は、日曜日、祭りの人も、観光客も、多くの人が嵐山に訪れているが、
この場所は静かだ。

P1340300.jpg
お気に入りの場所で、しばしたたずむ。

P1340303.jpg
さて、そろそろ戻ろうか。

おいおい、渡し船って、、

P1340326.jpg
三船は御座船、龍頭船、鷁首船のこと。

御座船がやってきた。

P1340345.jpg
龍頭船がやってきた、丁度目の前で転回していく、

P1340368.jpg
鷁首船がやってきた、同じように、目の前で転回していく。

それにしても、思いのほか、目の前に来てくれるので、望遠レンズ装着なので、全部はいらんやん。
逆に、もうちょっと向こう言ってよという贅沢な注文。

P1340385.jpg
たまたま、亀山公園の前立ったが、丁度見物にいい場所だった。
posted by ほへと at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

葵祭(150515)

京都三大祭りの「葵祭」を見に来ました。
いつもは、京都御苑の堺町御門前で見ていましたが、今回は京都御苑の中で見物することに。
それは、あまりに暑いために、日陰を求めて。

正面に京都御所。丁度行列が曲がる絶好のポイント。

14316550739040.jpg
ここには、各新聞社のカメラマンが脚立に登って撮影しています。
しかも、良いカメラにデカイレンズ。

これは、SH-01Gスマフォで撮影。

P1330995.jpg
ようやく、葵祭の行列が来ました。このまま御苑を出て、下鴨神社に向かいます。
DMC-GX7+LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6

P1340015.jpg
やっぱ、この場所カッコイイな。

P1340059.jpg
ようやく、主役の登場ですね。

P1340107.jpg
かいらしい(可愛らしい)のが来た。

P1340082.jpg
平安貴族の女性と、日傘持ちの男性の図。

P1340126.jpg
主役「斎王代」登場なう。

P1340135.jpg
真正面に来た。

P1340155.jpg
こうして、行列は過ぎ去っていくのであった。

1400年前に始まったとされる「葵祭」、現代も行われている。

それにしても、これからはこういう撮影は、新聞社のカメラマンをまず探すことにしよう。
posted by ほへと at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月13日

嵯峨野亭にて(150512)

14315121348460.jpg
大吉が出る時と出ない時があるなと思っていたら、大吉が出たらもう一杯というのに、今更ながら知った。
ガーン。ちゃんと教えといて〜な。

14315122084530.jpg
パトカーコスプレしている京福嵐電に乗る。

14315121973440.jpg
嵯峨野亭にて呑み会。火曜会主人の好物の鯖寿司。
分厚くいいやつや。

14315121844860.jpg
そして、焼肉パーティ。

14315121634710.jpg
遅くまで、呑み会が進行中、チビ達はねんね。
posted by ほへと at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

風水、方位と四神について

四神 東:青龍、南;朱雀、西;白虎、北:玄武
 四方位は、方位の基本。東西南北は大事ですね。でいいのではないか?なぜ「神」なのか?
やはり、方位の研究を突き詰めていけば、地球の動き、自転や公転になります。
 方角のない、宇宙空間で、地球は自転しながら、太陽の周りを公転します。 これが、何よりの方位の基本です。
 自転、それにより地球という球体に、軸というものが生まれます。軸の両端が、北と南。 そして、自転という回転により、太陽が昇ってくる方位と沈んでいく方位が生まれる。東と西。
 日の出とは、これからの未来、空間を示すもので「青龍」、 日の入りは、今までの経験・過去の記憶を示すので「白虎」
 青龍は、空を昇る龍の姿。これから訪れる幸運を示します。 白虎は、今までに得た幸せを守るように、大地にしっかり爪を食い込ませる虎の姿です。 だから、東は、何も書かれていないまっさらな白いノートのような軽い風水にし、西は、書き込まれたノートをしっかり保管するような重い風水にしなければいけない。 逆に、東が重ければ、何も始まらないし、西が軽ければ、何も残らないということです。

 そして、その東から西に動く太陽が、頭上垂直真上に来る瞬間が有ります。 今で言う正午12時。 太陽が一番高く昇る時間であるが、 実際、北緯23,4の地域では、夏至のお昼。太陽は真上にあり、影は消える。
 本当の南とは、真上です。垂直真上です。 ということは、イコール、その時、垂直真下が北となるのです。
 真上を示すもの、太陽、鳳凰、それが朱雀ですね。それはスバリ幸のことです。それが舞い降りてくる方向は真上からなのです。
逆に、真下を示すもの、太陽の黒い影、亀である玄武と考えると納得です。 古来大地を亀が支えていたという話もあります。
 実際、真上真下が、実際の方位の北や南に反映されていると考えて風水のレイアウトも、 北のアイテムの配置は低目に、南の配置は高め、もしくは高い部分を邪魔しないなど考慮する必要があるというのが分かる。
 このように、風水の四神は、他の方位とは格が違うのですね。逆に神を祀るように、この方位を大切にすることが、風水の基本となります。
posted by ほへと at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

そら豆食う(150511)

P1330962.jpg
風で水耕栽培の瓶がコケて、そら豆のさやがひとつがもげた。

丁度、発育状況を確認したかったので、食べることにした。

P1330964.jpg
中身は空だったらどうしよう!?
と思ったけど、意外にちゃんと、しかも普通にそら豆が入っていた。

P1330967.jpg
塩で茹でてみる。

P1330968.jpg
ざるにあけて、少し蒸らす。

P1330970.jpg
食ってみた。さすが、ちょっと外の皮が固めだったけど、味はバッチリ!

無事、そら豆は、ベランダ水耕栽培可能ということがわかりました。
問題は、やはり豆がデカイので、量産には向かない。
しかし、そら豆が作れるなら、大抵の豆系は作れるだろうと思うので、
今後は、せっかく作るのだったら、さやまで食える、三度豆やキヌサヤなどにしようと思う。
posted by ほへと at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ベランダ水耕栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

そら豆(150509)

P1330954.jpg
そら豆はどんどん巨大化しています。

P1330955.jpg
まるで、風船のように。
どこまで膨らましたら、収穫時期なのかわからない。
破裂したら怖いな。

P1330960.jpg
こんな大きな豆が8つもできている。

すごいな水耕栽培。
posted by ほへと at 21:06| Comment(1) | TrackBack(0) | ベランダ水耕栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

kantei_logo.jpg hhm_logo.jpg