2016年01月31日

侘助にて、猪鍋(160130)

P1380673.jpg
久々の太秦映画村前の侘助、えいみちゃん。

P1380591.jpg
猪肉!大量。

P1380596.jpg
侘助のお母さんが、料理してくれます。
焼いたネギ、パイナップル、日本酒たっぷり。
猪肉は麹で漬け込んで柔らかくなっている。

おいしいおいしい。

P1380703.jpg
侘助のお母さんのお友達の息子さんが撃ってきたイノシシ肉使用。

P1380692.jpg
えいみちゃん、かわゆい。

P1380706.jpg
あれ、どっかで見たことある?北野天満宮ヨコのお菓子屋さん。

P1380652.jpg
ゆかぽん。とえいみちゃん。

P1380696.jpg
イノシシ肉を持ってきてくれたお母さんに、ハッピーバースデーのサプライズ。
ちなみに、白黒テレビは、東映映画が流れている。
なんと、えいみちゃんのおじいさんが、美空ひばりの作品らに出ていたそうです。
役者の血筋か!
posted by ほへと at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

ほへとの風水の考え方

引っ越しのシーズンからか、風水に関して誤解というか、ほへとの思っている風水と違う考えの人がおられる。
まぁ世の風水の主流はほへとではなく、むしろほへとは邪道だしな、、

ここでは、ほへと風水の考え方を紹介します。

「風水は、悪きを良きに変える魔法ではない。良いか悪いかを判断するのが風水なのです。」

世の風水は、悪い風水でも、なんでも改善できることをウリにしているところも多い。
そんな書籍などを読んでこられた方は、多少悪い部屋に住んでも風水鑑定で解決できると思われている。
ちなみに、ほへと著「京都式風水であなたの家が生まれ変わる」ワニマガジン社 (2009/3/14)では、
悪い風水は引っ越ししなければダメと今までの風水とはまったく違うことを書いた。
現在中古で1万円ほどで取引されている。AMAZON


誤解されるのだけど、本当に風水の悪い物件は、本当に改善できない。

今日も、本当に悪い風水を鑑定した。やはりここに引っ越してから、良くない感じが続くが、住み替えるか悩んでおられた。
1000対0で出て行来なさい。とアドバイス。
「目が覚めた、出て行く決心ができた。背中を押して頂いて良かった。」と言われました。

そりゃ、引っ越しはお金もかかるし、その人も大変だろうが、いやいや。

占いは、人を幸せに導くためのものであってほしい。
人に対する占いは、方便も通じても、家にはそれは通じない。
中途半端に風水改善した気で、本当に悪い風水に住み続けさすことは危険なのです。
お金を頂いて鑑定するからこそ、その人の事を考えてアドバイスする、

とは言え、そこまで悪い物件はそんなに無い。(でも袋小路はダメだぞ)
しかし、ほへとが納得する風水合格ラインは、ちょっと高い。
だから、引越し先の風水は、良い風水が見つかるまで何度でも鑑定し直します。

もし、引越し先の風水鑑定を考えている方は、物件が決まる前に、探し始める前に、引っ越し先の風水鑑定を申し込んでください。

あと必ず、周辺の環境の風水も見ますね。

方位?
方位は風水では重要事項ですが、他にも重要な事はたくさんあります。
方位だけ気にする人もいますが、それは全然ダメです。
よくあるのが、引っ越しの方位だけ気にする、というか引っ越しは方位が一番重要という間違った風潮。
占うなら、ちゃんと風水鑑定してください。

さらにそれ以前に、風水の多くが方位磁針で北(磁北)を決めたりしますが、
ほへとの風水では、天体の動きである、真北で求めます。おそらく珍しいでしょう。
これは、ほへとが太陽が風水で重要と考えていますので、天体の動きである、真北で求めます。
また歴史的な建造物や平安京等は真北を採用して、磁北は用いません。夏至等を重視する建物は真北。

ほへとは独自で方位自体の意味を深く掘り下げ研究している。

磁北の時点で、ちょっと考え方が変わってきます。

あと、変な風水アイテムを否定している。
たまに風水鑑定に行けば、以前鑑定された風水師の先生がこれを設置された。残念なアイテムを見るが、
「これは意味が無いどころか、かえって悪くなってるよね?」
聞けば、やはり悪くなっている。鏡や、噴水など、
陰気なところに陰気なものを配置して、風水を壊しているのだ。

ほへとが使用する風水アイテムは、除湿機やガスボンベなど、ホームセンターやスーパーで誰でも普通に買えるものです。(たまにペットショップ?)

縁起を担ぐことは悪くないが、あからさまに違うだろう!というのはダメですね。

また、積極的な風水術を、徐々に紹介していきたいと思います。

・HP風水/住居
posted by ほへと at 21:54| Comment(3) | TrackBack(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

肥田式強健術の「腰を反る」について

肥田式強健術で、「腰を充分に反る」という文言が出てくる。
しかし、文面通り腰(腰椎)を反れば、ただの腰痛を起こしてしまうだけだ。

腰を反ること。

琴奨菊立ち合い前のルーティン「琴バウアー」がそのヒントではないか?

肥田式で腰を反るという言葉が、現代の腰を反るというのとは違う。

現在の私の理解では、肥田式の腰を反るというのは、
尾骶骨から仙骨にかけての緊張を、腰椎から胸椎、そして頚椎に自然と、呼吸と合わせて、本当に自然に行う。

腰を反るというより、全身が反るという感じ。先の「琴バウアー」だ。

「腰」というピンポイントではない。
つま先もかかとも、しっかり地に据えないと腰を反れない。
腰より上は、緊張の通り道であって、決して上体自体が緊張してはいけない。
逆に腰から下の下体は、大木の根が水を吸い上げるように上体に緊張を供給するのだ。

また言葉で、緊張とは言っているが、「気」とか「剄(けい)」とかに近いと思う。
要するに透明な力であり、ただの筋力ではない。

吸気とともに、全身を反り、呼気とともに、全身を屈していき、伸筋、屈筋の大緊張状況を生み出す。

その大緊張を、正中心一点に落とし込み、型を決める。

「腰を反る」という暗号を解読するのには、かなりの時間が掛かると思う。

しかし、腰を反るということを体得すれば、身体的な事だけでなく、精神的にもかなり自由が開放される。

肥田式強健術の理解度により、身体を通して、自然や森羅万象の本質を感じ、人工的なエゴをちっぽけに感じてしまう。
ともかく、決して安易で甘いものではないが、身体を鍛え、進化させていくことは、とても大事だと思う。

posted by ほへと at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

洗濯機のホースから噴水。m(_ _)m

むっちゃ寒かったですね。
でも、京都上京区は雪はそれほど降らず積もらず。
嵐山は雪景色だったけど。

そうすれば、管理会社から連絡が、
「ベランダ水溢れてませんか?」

「いや、全然大丈夫ですが?何かあったんですか?」
「通行人から、マンションから水が漏れていると」

「ふーんそうなんですか、、」
とふと視線を右にずらせば、、
「えっ、え”ーー!、わかりました!原因発見!」

ほへとの洗濯機から噴水出てるやん。

元の水道の蛇口を閉めて、噴水も収まる。

DSC_0361.JPG
原因は、ホースの破損。
まぁ噴水といっても、小規模で済んだが、

今朝の氷点下の気温が、自動洗濯機と蛇口を繋ぐホース内の水を凍らせ膨張し、ホースのジョイント部を破壊したのだ。恐るべし、「非常に強い寒気」は、まさか他人事ではなかった。
それが昼から溶けて、割れ目から水が吹き出したのだ。

通行人にかかってるよな。m(_ _)m、ほんますいません。

近所のエディオンへホース買いに。
なんと、売り切れ。
おぉ友よ、仲間がいたか、、って場合じゃないな、しばらく洗濯できんやん。

ホームセンターで、ようやく見つけた。
なるほど、全自動洗濯機用の給水ホースは、全社共通か。

次から寒い日は、元の蛇口をちゃんと閉めよう。
posted by ほへと at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

みかげ会 第十回「初春の会」

P1380259.jpg
口上

太一こと、深蔭流松比呂が、去年夏亡くなられたお父様こと宗家の後を継いだ。

P1380274.jpg
いい話が聞けた。という感じの口上であった。

P1380290.jpg
演目は、「七福神」
お父様が得意とされた演目を太一が踊る。

P1380317.jpg
気合入ってます。

P1380324.jpg
お父様も、きっとご覧になっているでしょう。安心して。

P1380375.jpg
弟さん、友比呂。

P1380391.jpg
演目は、獅子の乱曲

P1380421.jpg
演目、松づくし
大勢のお弟子さん

P1380462.jpg
唄と三味線、お琴、尺八

P1380476.jpg
華やかな舞台でした。


日本舞踊に興味のある方は、京都舞踊アカデミー(075-811-7773)まで、一日体験などもあるようです。
posted by ほへと at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

北野天満宮の梅(160121)

P1380186.jpg

P1380189.jpg

P1380195.jpg
大寒の今日、やっぱ寒いわ。

GX-7+LUMIX G VARIO PZ45-175
今日は、軽量中望遠ズームレンズ。

P1380196.jpg
狛犬ちゃんも梅咲いて嬉しそう。

P1380223.jpg
完全に咲きまくってるな。まだ大寒なのに。

P1380221.jpg
むっちゃ喜んでるな。

P1380205.jpg
紅梅

P1380237.jpg
こっちも紅梅

P1380233.jpg
白梅

P1380217.jpg
白梅アップ

DSC_0359.JPG
北野天満宮で、いつもコーヒー飲む休憩所には、書き初めがたくさん。
それにしても、みんなむっちゃ上手いな。
posted by ほへと at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

ゆうや邸にて(160119)

P1370966.jpg
ぽち君めんめ!

P1380025.jpg
ぽち君
DMC-GX7+LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4

P1370982.jpg
ゆうやに拾われてよかったにゃん。(?)

P1380042.jpg
今日は、着物の若旦那をはじめ、穏やかな感じ。

P1370986.jpg
とりあえず、飲み会なのだ。

P1370968.jpg
一番絞りで、ビールの景品当たったようだ。

P1380090.jpg
にゃー、アップ。

P1380096.jpg
ほへとの腕で寝る。

P1380055.jpg
盛り上がってきた。

P1380123.jpg
今日の一枚。
posted by ほへと at 20:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

東京にて(160115-17)

DSC_0245.JPG
どうなるやろ、キムタク。新宿東口なう。

そういえばSMAP結成っていつだ?1988年4月か、ということは今第9波動年、4月から第1波動年か、、
まさに節目だな。

DSC_0263.JPG
御茶の水駅、美しい神田川、聖橋から。
実は某出版社にて打ち合わせなのだ。

DSC_0274.JPG
その道すがら、湯島天満宮が現れる。
祭りか?多くの人がいる。
ご挨拶に行く。

DSC_0284.JPG
北野天満宮の牛さんより高そうだな。

さて、お詣りして、某出版社で打ち合わせ、ちょっとよい手応えだったが、どうなるかな?

DSC_0293.JPG
上野まで歩いてきた。

なんか、完全に大阪で見たような景色だが、、

DSC_0296.JPG
ねぎしで、牛タンを食う。
昨日の天満宮の牛のバチ当たらないかな?

店舗と自宅の風水鑑定へ向かう。
店舗の風水鑑定をするが、前にも風水師さんに見てもらったそうだ。
しかし、風水鑑定は、八角鏡や、もり塩する場所を決めるだけといった簡単なマニュアル仕事ではない。

店舗の風水の改善にて、
「カーテンに対する意識が低い」とほへとは指摘した。
お客さんをこの場に迎え入れる、「心」が足りないなどのアドバイス。

後に、自宅鑑定へ行って判明したのだけど、実はこの方はカーテンをしない派だったのだ。
まぁそれを店舗のカーテンを見て気づくとはさすがほへとだな。(自画自賛)
とりあえず、カーテン購入などを勧めた。

DSC_0309.JPG
南青山一、おしゃれでない居酒屋「中西」で、東京ほへと新年会!

ほへと会あるある、「おいくつですか?」年齢ではなく数秘を聞いている。

数秘11は、ゾロ目の数秘2と違う。1から9のエゴを支配する精神的な境地。
1から9のエゴが支配する一般民間人から、数秘11がエゴを支配する数秘意識高い系の人間へ、さらに数秘13の六道輪廻からの脱出を目指す。などの話など。

DSC_0311.JPG
濃い人いるな。いやいや結構みなさん濃いです。

今日は、とても盛り上がりました。

DSC_0337.JPG
夜中のゴールデン街に雪が、、まさか東京で初雪見るとは。

DSC_0350.JPG
朝、想像以上に積もっていた。
新宿駅に向かうのも、とても大変、溶けかけた雪の水たまり、歩きにくい。
そして、無事京都へ帰りました。
posted by ほへと at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

産経WESTに広島都心のトンネル計画の風水について

産経WEST「風水的によくない」広島都心の高速トンネル計画、「鬼門」理由に住民が反対!?
http://www.sankei.com/west/news/160114/wst1601140003-n1.html

という記事に取材内容が掲載されました。

補足をすると、
広島の街は、どことなく古き京都っぽい臭がする。
広島の街には、京都が日本が。既に失ってしまった古き良きものを感じる。

碁盤の目の道路だけではなく、浴衣祭り、とうかさんは、神仏習合の祭り。
その広島の街の北東に、神社や仏閣が立ち並ぶ場所がある。
二葉山だ。

北東は、鬼門であり、その災いが都にやってこないために、
平安京の鬼門を守護するために比叡山延暦寺が建てられているのと似ている。

二葉山と広島城の間に、川が流れている。その川の蛇行の外側に広島城がある。
これは、円と中心の関係で、二葉山の気を、広島城に集めているのだ。

この構造は、大阪城に似ている。
大阪城は、京都と神戸方面からの気が梅田に集まっているが、その気を川の蛇行の外側の大阪城に導いている。
また、城の斜め南には、街が活性化する。
大阪城は、斜め下左(南西)に心斎橋、なんばがある。
心斎橋、なんばからすれば、大阪城は鬼門ということになる。

京都の二条城の斜め下右(南東)には、四条烏丸から河原町がある。
広島城も、斜め下右(南東)に、八丁堀がある。
広島城に、入る気の流れが悪くなれば、八丁堀方面に流れる気も悪くなるということ。

実際に、高速道路、トンネルは、尾長天満宮→広島東照宮→X→鶴羽神社→広島城のラインを分断する。
ラインは、ここだけではない、同じように上のラインも分断。

もし、この高速道路ができれば、二葉山から、広島城〜八丁堀への気の流れが、減少し、広島駅方面に流れてしまう。
広島駅に行った気は記事の通り。

社内では、ほへとさんのご説明が大変おもしろいと人気です。
本当に、ご丁寧にご対応いただき、ありがとうございました。
とのこと。またよろしくです。

産経WEST
posted by ほへと at 21:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

☆東京対面鑑定:1月15日(金)〜17日(日)&東京ほへと新年会17日(日)

1月15日(金)〜17日(日)に、東京新宿で対面鑑定を行います。
対面鑑定の希望の方、予約申し込みお願いします。
日頃忘れている、悩みに関して向き合ってみる機会にしませんか?

また、東京ほへと新年会、1月17日(日)/19:30〜@南青山の某居酒屋にて行います。
※参加資格は、以前に風水鑑定、対面鑑定やボディワークに参加者した人。もしくは顔見知りの方。

☆東京対面鑑定:1月15日(金)〜17日(日)
場所:南新宿近辺の喫茶店 時間:予約制です。
25分  5,250円 
55分  9,450円

◇対面鑑定について
・個人的な相談全般です。 (恋愛・結婚/対人関係/就職・転職・仕事/健康/趣味・遊び/旅行・方位/エゴ対処法/人生・生き方のヒントなど)
・ほへと占い(ほへと数秘・陰陽バランス・波動年等・数秘9以上・ステージセット)に関する質問や雑談、勉強なども応じています。

※時間内であれば、いくつ相談されても結構です。

風水出張鑑定の場合の出張料は新宿からの料金です。ご自宅の風水鑑定を希望の方は申し込んで下さい。

>>対面鑑定申し込み
または ( hoheto@gmail.com )このメールで対面鑑定申し込みを教えてください。
posted by ほへと at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

シンプルに気づく

シンプル。
世の中は本当にシンプル。

ただ、なぜか、それは自らの多くの勉強や経験のみで、シンプルだと気づくことであり、本や人が教えられる事ではないのかな。

分かっていても分からない。

本当に自ら気づくようにならなければ。

迷いは大切。
簡単に分かる答えは、真実ではない。
言葉が同じでも。
解釈(デコード)にはパワーがいる。

だから、同じような言葉に、なんとなくわかったような、意味のない言葉だけを、軽く軽く語ったりする。

シンプルな一言だけど、それを説明するにはどれだけの言葉が必要だろうか。

言葉は伝達できても、それを示すものは、相手が持ってなければ伝わらない。

というかシンプルなことを大きな声では語れない。
一般常識とはあまりにもかけ離れている。

いやそんな気がしている人もいると思うけど、それは言えない。

社会が潰すだろう。

本当に素直に純粋になれば、そうなんだけどね。

自分の人生を、無駄にややこしく考えずに、
無駄に未来を心配せずに。

本当に行かなければ行かない所へ行ってみよう。

シンプルに考えること。

シンプルに気づくこと。

そのために大いに無駄なことをしよう。


posted by ほへと at 23:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

神仏のすがる前に強くなろう。

心の弱さというものには、逆に悪魔の仕業のような、つらい経験、試練は必要ではある。

どんなに泣いても、手に入らないものは入らないし、時間を戻すこともできない。

しかし、それは神仏が裏切ったわけでもなんでもない。

力が足りなかったのだ。

「力」とは、総合力で、腕力から知力、財力から権力、人脈から経験。

もっとも大事なのは意志力ではないかと考えている。

そして、運もあるだろう。

要するに、運の部分だけに頼っているだけの人生ではダメダメということ。
同じように、金の力だけ、若さだけ、ではいずれ行き詰まるだろう。

足りない力は、頑張って足していかなければいけない。

自分の意志を実現するために必要な力は何か?
運は必要としても、運だけでは無い。
むしろ、運があるように見えている人は、力があるのだ。

神仏にすがる前に、まずは自力をつけよう。でないと本当の自分の実力がわからない。

自分が力を充分発揮する準備ができてからの、神仏にすがるのが良いと思う。

神仏だけではなく、占しかり、友人知人しかり。

願いを叶えるのは、神仏ではなく、自分ということです。
また、神仏の願いを、自分を通して実現するという稀な人には、さらに心の強さの要求は高い(?)。
posted by ほへと at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

東京ほへと新年会、1月17日(日)、京都ほへとボディワーク教室2月

京都ほへとボディーワーク教室 2月開催予定
現在、京都二条駅近くで、ボディワーク教室開催の計画中です。興味のある方、参加希望の方は連絡下さい。
開催日候補、2月13日(水) 、26日(金) 、28日(日) 、時間は午後〜夕方の90分

メンバーの集まりで日時を決定します。リクエストください。

ボディワーク・グループは、90分 3,000円
ボディワーク・個人は、1時間 10,000円は随時募集中です。


東京ほへと新年会、1月17日(日)/19:30〜@南青山の某居酒屋にて、
参加費は当日の飲み食い代の割り勘です。
※参加資格は、以前に対面鑑定やボディワークに参加者した人。もしくは顔見知りの方。

>>対面鑑定申し込み
または ( hoheto@gmail.com )このメールで参加を教えてください。
posted by ほへと at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

奇門遁甲、データ制作

気学というのは、非常にシンプルだ。

今日は、2016年1月6日は、六白金星で、干支は丁亥。
気学では、
618   729
753 → 864
294   315  
(基本形)  (六白)

六白なので、南東が五黄殺、裏の北西が暗剣殺で凶方位ということだが、

奇門遁甲をベースにした方位マネージャーでは、南東は凶 ▼42+:運の良い時ほど注意。浮かれる。足元をすくわれる。しかし、八門は開門で運気が良い、積極的に。とある。
北西は、並の方位で 〜97 :力強い援護者、目上の引き立てを得て発達する。礼儀。
並ではあるが、吉方位に近い内容だ。

気学を勉強している人は、おそらく北西や南東を避けると思うが、方位マネージャーを利用しているほへとは、北西も、凶ではあるが開門の吉補正で南東もありで、実際行ってみたけど大丈夫だった。

ここで、ちょっと奇門遁甲の作盤を紹介する。

まずは、天盤と地盤を作ることになるのだが、
地盤は、気学の九星を主に出します。
しかし、九星を配置するのではなく十干、甲乙丙丁戊己庚辛壬癸を配置する。
六白なので、秘伝のプロセスを経て
 戊 壬 庚
 己 乙 丁
 癸 辛 丙
となり、また、干支の丁亥により、南西の庚が甲に変えられる。

さらに、地盤を元に、十干の丁亥に丁より
天盤を、秘伝のプロセスを経て
 己 戊 壬
 癸   甲
 辛 丙 丁
と配置する。

それをミックスして、完成。
 己戊 戊壬 壬甲
 癸己    甲丁
 辛癸 丙辛 丁丙

甲は木の陽、乙は木の陰、己は土の陰、戊は土の陽、というふうに、
陰陽五行の相性で、その方位の意味を占います。十干x十干なので100通りですね。
 2016年01月06日(水)
戊壬 ☆10 :頭が冴え、知恵が役立ち、困難な状況を打開できる。
壬甲 ▼37−:儚い夢を見る。煩わしい問題。溺酒、溺色の危険。
甲丁 ☆03 :恋愛運最高。人気絶大。社交力が発揮できて道が開ける。
丁丙 ▼42+:運の良い時ほど注意。浮かれる。足元をすくわれる。
丙辛 ☆08+:うまくいかなかった事が良くなってくる。病状は快方へ。
辛癸 ▼46+:ぬれぎぬを着せられる。試験は×。家庭内のもめ事。
癸己 〜64 :恋愛運悪し。すれ違い。気まずさ。対人関係の悪化。
己戊 〜97 :力強い援護者、目上の引き立てを得て発達する。礼儀。

さらには、八門などプロセスは続くが、一日にこれだけ大変な思いで作成する。
しかし、おかしい吉のはずなのに、嫌なことがあったと思ったら、計算間違いだったり。
その後、プログラム化して、作盤の作業からは開放されたが、それまでは大変でしたね。

この奇門遁甲を作った人は天才だと思う。一説には、諸葛亮孔明が生み出したという話もある。

また、気学経験者で、方位マネージャーに乗り換える人によく言うのは、
気学で学んだことは一度忘れてください。そして、使っていけば分かりますと。

初心者の人は、無料版簡易方位マネージャーがHP:方位にあります。

>有料版ほへと方位マネージャー申し込みはこちらへ
posted by ほへと at 21:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

☆東京対面鑑定:1月15日(金)〜17日(日)

今月1月15日(金)〜17日(日)に、東京新宿で対面鑑定を行います。
対面鑑定の希望の方、予約申し込みお願いします。

2016年のスタートしました。
新年のスタートに喝を入れてみませんか?
スタートは気合が大切です!

今回は、ボディワーク教室は無いのですが、17日夜は京都に帰るか、もしくは、何名か集まるなら新年会でもしようかなと考えています。
新年会に参加希望の方は教えて下さい。
17日(日)夜、南青山「居酒屋 中西」あたりかな・
hoheto@gmail.com 「東京ほへと新年会」


☆東京対面鑑定:1月15日(金)〜17日(日)
場所:南新宿近辺の喫茶店 時間:予約制です。
25分  5,250円 
55分  9,450円

◇対面鑑定について
・個人的な相談全般です。 (恋愛・結婚/対人関係/就職・転職・仕事/健康/趣味・遊び/旅行・方位/エゴ対処法/人生・生き方のヒントなど)
・ほへと占い(ほへと数秘・陰陽バランス・波動年等・数秘9以上・ステージセット)に関する質問や雑談、勉強なども応じています。

※時間内であれば、いくつ相談されても結構です。

風水出張鑑定の場合の出張料は新宿からの料金です。ご自宅の風水鑑定を希望の方は申し込んで下さい。

>>対面鑑定申し込み
または ( hoheto@gmail.com )このメールで対面鑑定申し込みを教えてください。
posted by ほへと at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

申年の梅

ほへとは梅干しが好きだが、よく考えると、果物はスモモ、プラム、桃など、好きだな。
(厳密に言えば高く高級なのは甘すぎるので、安物の方が好きだったりする)

ばぁさんは、梅干しを漬けるのの達人だった。
嵯峨の自宅には、いくつもの梅干しの瓶が貯蔵されていて、何年に漬けたが書いてあった。

そんなばぁさんはもう亡くなっているが、
ばぁさんが小学生くらいの時から、梅干しの実のヘタを取って、そこに塩を盛っていたそうです。
ようするに、そんな頃から梅干しを漬ける手伝いをしていたそうだ。

梅は、一見同じように見えても物によっては違う、ばぁさんは梅を3種類に目利きで分けて、梅を漬けていた。

もちろん、ザルに、梅を並べて、天日にも干していた。昔ながらのやり方だ。

10年ものの梅干しというのも、とても美味しかったと記憶している。

火曜会主人の板前のお父さんも、ばぁさんの梅を絶賛してくれた。

そんな、ばぁさんの梅干し話を、妹としていると、妹は、ばぁさんから、美味しい梅干しの秘訣を聞いていたそうだ。
なっ、いつの間にそんな秘伝を聞いていたとは?

それは何かと?妹に問うた?

「それは、申年の梅や。」

!?

梅干し名人位のばぁさんは、申年の梅は特別だということだ。

そんなことを妹聞いて、何年になるかな?

そして今年、申年の正月は、異常に温かい。

北野天満宮の梅が、既に開花している勢いで、梅花祭はどうするのだという噂だ。

こ、これは、ばぁさんの言っていた、申年の梅というやつか?

確かに、梅の開花が早いということは通常より、梅のパワーが強うそうだな。

おばちゃんの知恵は侮れないな。
posted by ほへと at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

2016年、明けました。

年々、正月らしくない正月を迎えてします。よくない傾向だが。
伝統といっても、2日からスーパーも初売りするし、大晦日に半額祭りで買った食材も冷蔵庫にパンパンだ。
無論コンビニや酒のやまやなんかもあいている。

法律で、三賀日は、生鮮食品の販売中止すること、さらに軽減税率の範囲の販売を禁止すれば、ちょっとは正月っぽくなるかな。

実は去年に、一番大切な親友が亡くなって、結構凹んでいたのもあって、今年の初詣もまだなのですね。
テンション的に。

P1370670.jpg
それでも、同じように、去年に、師匠であり、父である、お父様を亡くした、太一がおせち料理を作って持ってきてくれました。しかもむっちゃ多忙なのに。
非常にありがたいです。(今年は無いと思ってたので)

P1370676.jpg
その、えらくかしこい太一さん。

今年は、太一の日本舞踊のスタジオをちょっと借りて、二条駅前で、ボディワーク教室をしたいと思っています。是非、JR二条駅前に来れる人は、ほへとボディワーク教室@二条駅前に参加してくださいね。

的な話など。
ほへとはいろいろ迷惑ばかりかけています。

P1370797.jpg
今日2日は、嵐山に来ています。渡月橋が見えます。

P1370726.jpg
が、そこで、凧をあげる!
(他に凧を上げている人は皆無!禁止かな?でもおもちゃっぽい蛸だし大丈夫か?:何故かホワイトバランスおかしい)

いやいや上がる感じのしないおもちゃっぽい蛸。

最初は全然上がらなかったけど、もう諦めかけた瞬間、風が吹いた。

小さい時から、近所の嵯峨美前の堤防で正月は凧をあげていた。
タコ糸の糸巻き2本分は上げいてたのを思い出しつつ、うまく風をとらえた。

P1370737.jpg
上空高く、舞い上がる凧。
何十年ぶりだ。でも身体って覚えているのだな。、
タコ糸を、出したり引いたり。面白かった。

P1370755.jpg
まさかの、こんな凧。小さいのだけど、ちゃんと上がったのには、おみそれしました。
(まぁほへとのスキルだな)

タコ糸がなくなるまで、想像以上、限界まで上がりました。
いい年になるような気がする。

P1370800.jpg
手作りおせち料理とビールで嵐山で新年の乾杯。

P1370861.jpg
嵐山は、亀山公園先で、新年を感じる。
今日の桂川(大堰川)は、いつもより水が澄んでいた。
posted by ほへと at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

kantei_logo.jpg hhm_logo.jpg