> 12月14日(土)~16日(月)東京対面鑑定(新宿)・ボディーワーク教室(表参道)15日(日)夜「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2019年11月17日

■大気圏離脱、菩薩と修行

ややこしいのだが、菩薩はまだ悟りには至っていない。
菩薩は悟ることで、如来となる。

菩薩は、悟る修行を行っているが、菩薩よって修行内容が違う。

観世音菩薩は人間を始め、命ある全てを救済するという修行。
地蔵菩薩は、地獄に落ちた人を全員救うという修行。
弥勒菩薩は、お釈迦さんが入滅してから56億7千万年後に悟る予定という修行。


ほへと数秘論では、おそらく、ステージ4、数秘13〜16の境地が菩薩の世界と考えている。
平たく言えば、人体における内蔵の役割。
生命進化における、原始生命体。

内臓は、人間をはじめ、身体を持った存在を生かす役割だ。
と同時に、全身の細胞(仏)に、血液により酸素と栄養分を送り、細胞を生かす。

菩薩は、ステージ4で、ステージ3の脊椎動物ベースの上位世界。

このステージ3の脊椎動物ベースのコンセプトは、「争い」や「弱肉強食」
その下のステージ2の哺乳類ベースのコンセプトは、「感情」や「欲」

一番下ステージ1は人間の文明ベースの「科学」や「知識」などだろうか?


現代人の修行の第一歩というのがあれば、それは、欲を押さえることではない。

現代人の修行とは、現代文明のルールという束縛から自由になるということ。
それには感情や欲を学ぶことだ。(ステージ1→ステージ2)

感情や欲を学べば、次は、勝つために、感情や欲を抑えなければいけない。
(ステージ2→ステージ3)

そして、勝つということも、捨て去るとき、六道輪廻から解脱し、菩薩の世界へ入る。
(ステージ3→ステージ4)

そう言えば、菩薩とは、 ボーディ・サットヴァの 音写であるが、
ボディを去ったという意味とも重なるな。(なんで英語と日本語)

仏教の欲を抑えろとか、争いはダメとかは、人間が菩薩の境地に上がるためのマニュアルで、
平たく言えば、人間の意識を動物に、そして魚に退化し、魚の向こう側の意識に目覚めること。

菩薩になれば、既に、欲や争いもない状態だが、
ここからは般若心経の世界だ。

ある意味、人間に一番知られているお経だが、
実は、般若心経は人間用ではなく、菩薩用のマニュアルである。

実際、冒頭、観自在菩薩、行深般若波羅蜜多時、照見五蘊皆空〜と菩薩が修行しているときの気づきが書かれている。

般若心経は、要するに、陰陽の統一で、男や女、上や下、生や死などの、陰陽分離状態を生み出す、意識作用の超越であろう。

その陰陽が統合した形状は、円や球体、細胞や星の形となる。

悟りとは、一個の細胞の意識に目覚めること。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーほへとCM
>ほへと占術研究室 数秘/生年月日  ※各自の数秘はここで調べてください。
>電話・対面鑑定申し込みフォーム  ※気楽に相談してください。

posted by ほへと at 20:29| Comment(0) | ほへと数秘論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月14日

性について、少し。

セルフと身体が関連している。
エゴは大脳。
例えば性衝動は身体から起こる、それを社会ルールが抑制する。

エゴは考えねばならない、社会ルールと身体の衝動のバランスを、単純に抑え込んでしまうことを。

性に関する悩みも、とても大事な問題。
とても難しく、デリケートで個人的でもある問題なので、
社会は、秩序と矛盾する性の問題に蓋をしがち。

逆に生命には不可欠であるが、ロボット的には必要ないものだな。


まぁ動物は健康に育てば、性は当たり前に発現する。
そこは弱肉強食の世界。

人間は、それを頭で抑え込むから、よくポルターガイストまで行かなくて、霊障や霊的な問題が起こる場合は、
性エネルギーの制御不可の暴走があげられる。
大体思春期の若人だ。

仏教等の修行をすれば、そういう性の問題が起こらないと思っている人がいるようだけど、
仏教徒の国、タイを調べて欲しい。

ちなみに、理趣経というお経には、「愛C淨句是菩薩位」性や恋愛は、清らかな菩薩の境地とある。
菩薩であり、如来ではないのだけどね。
ほへと数秘論では、菩薩の境地は、ステージ4であり、仏・如来の境地はステージ5と見ている。
ステージ4は、イザナギ・イザナミの境地でもあり、生命体が雌雄分かれて、地球環境に適応していく。
ステージ5は、一個の細胞、受精卵の境地なので、雌雄はない。

身体は、ステージ3、心はステージ2、社会常識がステージ1である。ここが六道輪廻の境地。

ヨガで、裏ヨガ的なものは、性エネルギーを色々ごねごねして、チャクラを活性化していく。

方位マネージャー(奇門遁甲)の天地盤で十干の組み合わせで100の意味があるが、
その中で、「己(つちのと)」は、身体を示している。
なので、組み合わせにより、恋愛運や性エネルギーの活性などの恩恵がある。
ちなみに、明日、11月15日の南の方向は、己乙(つちのとxきのと)で「恋愛運、セックス運。素敵なロマンス。夫婦仲改善」で、
気になる人は南の方位にいってみよう。
しかし、実は、明日、11月15日の北の方位が、甲丙(きのえxひのえ)のベスト最大吉方位なので、こっちのほうがオススメかな?
>方位術・奇門遁甲(https://hoheto.jp/hoi.html

なんというか、性衝動も、それで成長して、幸せのために必要なものと考えて、
やたら否定したり、抑圧したり、罪悪感を感じる必要もない。

posted by ほへと at 21:13| Comment(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月13日

焦らない。

日本人の気質なのか、東京という街の時間がおかしいのか、

仕事を辞めたら、次の仕事を焦って探す。

蓄えも無ければ、働かなければならない。
それはわかる。

仕事をするのが好きなのか、
不安から、安心感が欲しいだけなのか、
焦って仕事を探す。

一旦、ゆっくりしましょう。
余裕があれば旅行などしたらいい機会。

みんなから、羨望されるような、仕事も、時代や場所が変われば評価も変わる。

仕事が人生ではない。
でも良い仕事ができれば、良い人生かも。

世間の目というのを一度排除して、自分にとって仕事とは?など、一度、この場所から遠く離れて考えて欲しい。

世の中の役に立つことは、大事な考えだけど、
それは、世の中を変えるという意味だ。

困っている人を助けることとは少し違うし、
世の中の役に立つことは、私は世の中のお荷物の、反対語でもない。

楽しく生きよう、幸せに生きよう。

それには、世間の常識、自分の凝り固まった考えを、見直せる時間を。

posted by ほへと at 22:34| Comment(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

Bluetooth イヤホン

愛機BlackBerry KEY2に付属していた、有線のヘッドフォンが半年の使用に耐えかねて、左のイヤフォンが断線した模様。

途方に暮れていても仕方ないので、次のヘッドフォンを物色する。

今回は、前にイマイチだった、Bluetoothのワイヤレスタイプを再チャレンジすることにした。

前にイマイチだった、Bluetoothのワイヤレスタイプは、音がブチっと途切れる。
曲のビートに合わせて歩いていたら、「ブチッ!」の瞬間、コケてしまう。

そして、ブチッと途切れる場所も大体同じで、駅など大勢が集まる場所もそうだが、千本の某塾の前が一番ひどい。

調べれば1年ほど前のに買った、SoundPEATS(サウンドピーツ) Bluetooth イヤホンは Bluetooth 4.1の規格。
今回買ったBluetooth イヤホンは、 Bluetooth 4.2の規格。一応、5.0まで対応してるらしいが、BlackBerry KEY2が4.2まで。

その、4.1と4.2の差は、最大データ通信速度が2.5倍高速化!という点。

1年の進化を確認するために、安全策の有線のヘッドイヤフォンから Bluetooth イヤホンにチャレンジしてみた。

結果。
音イイね。前のSoundPEATSはいかにもデジタル音って感じだったけど、今回はそこまでではない。
問題の、ブチッと途切れる千本の某塾の前も、ブチッではなく、ごく一瞬「ぶ」とノイズが出る程度で、
完全ではないが、許容範囲だ。

また、これにはアクティブノイズキャンセリングも搭載しているので、電車などの騒音を緩和してくれる。がバッテリー8時間が半分の長さにとトレードオフ。

あと、一番問題なのは、中央ボタン(再生・停止)をダブルクリックしたときに、勝手に、リダイヤルしやがる。
このメーカーバカか?と思ったけど、 BluetoothのAVRCPプロファイルの通信規格で、どのメーカーでも起こるらしい。

普通に音楽聞いてて、次の曲(上ボタン)って、間違って中央ボタンを押して、いきなり「トゥルルルー」ってビビるわ!
Bluetoothのこの規格考えたやつはバカだ。

設定によって、通話の音声を無効にできるが、それでは、 Bluetooth イヤホンを電話に使えない。
電話鑑定などは、必ずイヤホンで話すので、無効にはできない。

このあたりを改善するアプリとか絶対ありそうなのに、パッと見た感じでは良さそうなのが無い。

ともかく、ブチッと途切れることは改善されていたので、とりあえず使用していこう。


posted by ほへと at 18:54| Comment(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月08日

強い心

強い心は、弱い心が振り切るような出来事も許容・認識できる。

強がる心は、弱い心なので、防衛と攻撃に意識が向かう。

子供は回りが見えない、自分の事で一生懸命。それがいい。
その時期に学ばないと、その後に学べない。
自分の事ができないのに、回りばかり気にする、
大人の振りをする大きな子供は、子供に還り、滑り台でも滑ろう。

高度なボディワークは、OS(潜在意識)を高性能にする。
高度でなくとも、筋トレや運動は、OS(潜在意識)を快適にする。
身体の問題や癖は、OS(潜在意識)が壊わしていく。
それに乗るのがアプリ(エゴ)。
なので、エゴも問題にするのも限界がある。

とはいえ、エゴのコントロールは、経験しかない。
体罰やパワハラはいけないとしても、
痛い経験をしなければ、増長するエゴをクールダウンさす方法を知りえないだろう。

何が良いか悪いかを、法に任せてる。
言葉の意味を、辞書に任せている。

それでは、AI、ロボットで間に合ってる。

歳いって、老けても禿げても、
人生はどうではしたか?が問題で、
見た目の老いや自らの命を気にしても、
それよりその終わりは来る、この現実世界の方を気にしよう。
posted by ほへと at 20:16| Comment(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月07日

ベッド購入

部屋のキッチン、クローゼットがリフォームされて、それに伴い、タンスクローゼットやPCデスクやらいらないものを処分したのだが、
ベッドもガタが来ていたので、処分していた。
そんでもって、床にマット敷いて寝てる生活だったが、
さすがに、寒くなってきたので、ベットを購入した。
ベッドも、どれがいいかと、何ヶ月もダラダラ悩んでいたが、
アマゾンのセールで、「アイリスプラザ ベッドフレーム ナチュラル セミダブル / 2段階高さ調整 SRESNA」が9,776円(送料込)という激安だったので、や、安いと思わず買っちゃった。

もともとヘッドレスのシンプルなベッドとしてこういうタイプは候補に上がってた。
そのさらに簡易版(低コスト)ではあるが、さてどうなるか?


早速、佐川急便で発送されて来たが、箱は意外にコンパクト。
が、むっちゃ重い。重すぎる。(発送重量: 24 Kg)
あの小柄な佐川のお兄さんはバケモノだな(尊敬)。

IMG_20191105_1106109.jpg
なんか2名以上で組み立てろ的な事が書いてあったが、とりあえず行けるとこまで行こう。
説明書を見ながら、ボルトを六角レンチで締めていく。

IMG_20191106_2148590.jpg
やはり安いだけあって、スノコを取り付けるところが雑な感じだったが、
逆に、腰のところが弱くならないように(スノコの幅が腰辺りが折り目でちょっと間延びしている)、隙間を5センチ等間隔になるように、細いドリルで木ネジ用の穴を自分で設定する。
所詮木だ、自由に穴を開けてネジを締めたらいいっていう発想。

IMG_20191106_2149243.jpg
でけた、一人でも問題なし。
こんな感じ。
こういうベッドはネット評価で匂いが指摘されていたが、全然匂いはない。
また、不良的なものも多分なかった。(はず)

IMG_20191106_2150375.jpg
セミダブルだから結構場所取るが、呑み会とかは、こうやって壁に立ててスペースを確保できる。

またヘッドが無いので、寝ながらのボディワークにも好都合。
六本の脚で、耐荷重:200kg、前のベッドより遥かに強そう。
このタイプでいいのは、3段階に高さが調節できるが、これは、足があるか無いかの二択。

それにしても、安いが、ものすごく計算(効率)されていて、このコストでこれができるのがすごい。


IMG_20191106_2153372.jpg
実際寝てみたら、むっちゃ安眠できた。しかもいい夢も見た。


posted by ほへと at 03:21| Comment(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

体重を垂直に落とす。

体重を垂直に落とす。
ということに重点を置いたワークを行った。

足を踏みつけるのだが、
ポイントは、
・膝下は垂直。
→膝が前に出るのはつま先が弱い。

・全身は脱力。緊張しない。
→脱力には中心軸がいる、緊張すると重心な上がる。

・踏みつけた音が重いこと。
→力まないこと。

四股立ちからの飛び出し
基本は上と同じ。
垂直に力を使わないと、足が滑る。
筋力を地面に伝えられない。

座った時
あぐらや座禅時

お尻で垂直に地面を押す実感覚。
まず腰を丸める。
しっかり地面とお尻を垂直に繋いでからの、腰を入れる。(腰を反る)
しかし、尻は丸く地面を押しているままで。
腰を入れることによりへそ下に力が籠る。


どこどこの偉い先生は、どこどこを押さえると痛みが治ったとか、
そんなんどうでもいいから、
目指すのは、病気の治癒のためのボディワークではない。
ダイエットや筋トレでもない。
健康を超えて、強健に成るためのボディワーク。
精神の器だな。
posted by ほへと at 20:15| Comment(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg