2020年02月14日

考えるな!身体能力を上げよ。

現代のPCも、高負荷の処理はハードでやる、グラフィックなど。
CPU(頭脳)でのソフト処理は自由度が高いが、基本遅いのだ。

どうでもいい。

何の話かと言うと、考え方や思考の足跡と言うかを聞くと、もどかしいほど、遅いのだ。(ソフト)
瞬間に判断(ハード)しなければ間に合わない。理屈は常に後付なのだ。

問題を解決するには、身体が動かなければいけない。
動けるひとは、予め予習しなくても、身体が動くのだ。
自信とも言う。
身体とは、しゃべり、フリートークなども含む。

逆に動けないから、頭でグルグル考え、でも解決できないから、誰かのせいにしたり、また自己嫌悪に陥るのだ。

要するに、身体主体か、頭主体か?
潜在意識主体か、顕在意識主体か?
動くか、考えてるだけかだ。

現代人の身体は、自動運転に慣れきって運転が下手になるように、エゴに委任して身体能力が低下している。

そもそも古の水中に住んでいた頃(魚類)は、身体の制御はメカニカル(無意識)だったが、地上に上がって(哺乳類)ソフトウェア(エゴ)が発達した。
さらに、ヒトへの進化は、膨大で高度なソフトを扱うようになった。文化文明だ。
結果は、メカ的無意識を弱らせ、もともとサポートだったソフト的エゴが主体となった。
恐ろしいことに、将来は脳内(エゴ)をコンピューターにコピーしたりして永遠の命とか研究しているが、それは命ではない。

ともかく。

身体能力が低下すれば、さらにエゴが調子に乗る。
そして、自分自身を見失ってしまうのだ。

代謝のメインを脳ではなく身体に。
頭で解決ではなく、行動で解決する。

そのために筋肉をつけないといけない。
ある程度の基礎トレーニングが必要。
バーベル何キロ上げるとかではなく。

動ける身体だ。
働ける身体だ。

身体が快適、健康ならエゴは安心する。

くよくよ悩むなら、筋トレとかしてみれば。

NHKでも筋肉は裏切らないとか言ってるし。

脳に行く栄養と酸素を、全身の筋肉に回そう。

posted by ほへと at 19:42| Comment(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg