2020年05月08日

風水・テレワーク・在宅勤務の場所

通常、家には玄関がある。
玄関は、ただのドア、出入り口、エントランスではない。
玄関は、家の内と外を分ける、
玄関の敷居をまたぎ、靴を脱ぎ、家に「上がる」のだ。

心には、主に2つのモードがある。
パブリックモードとプラベートモードだ。

パブリックモード:社会生活を営む、常識やルール。
家の外、社会の中における私。ペルソナ(仮面)。
理性的な振る舞いが求められる。

プライベートモード:家の中。家族やパートナー、親しい人との間での私。
理性、常識やルールを開放し、より本来の自分に近づく。リラックス。

家に帰ると、約15分から30分掛けて、パブリックモードからプライベートモードに切り替わる。
「やっとほっこりしてきた」という感じ。

例えば、旦那が会社から帰ってきて、まだパブリックモードが抜けていないのに、すでにプライベートモード切り替えが完了している嫁さんが、いきなりガンガン話しかけると、心のすれ違いが発生する場合があるので要注意。
まずは、落ち着くまで待とう。


さて、コロナ騒動で、在宅勤務やテレワークを行っている人も多いでしょう。
問題は、それによって、今まで、リラックスできていた室内が、なんとなく居心地が悪くなる。
パブリックモードとプライベートモードの混乱だ。
さらに、外出自粛で、室内にいる時間も長い。

少しでもマシになるように、在宅勤務やテレワークの風水を考えてみよう。


在宅勤務やテレワークの風水の考察

◯家でのテレワーク場所のポイント
考え方としては、仕事は大事であるが、ここは家ということを忘れずに。
家はリラックスできることが大事で、それが阻害されれば、リラックスできない。
家で一番いい場所で、仕事は避ける。やや不便、狭いといったところで仕事・作業する。

・寝室は避けたい。寝室でやってまうと、寝る時に、仕事が頭から離れず熟睡できなくなる。

・いつもくつろいでいるリビングも避けたい。それでもやる場合は、イスの向きを変えるなど工夫する。

・ダイニングはオススメ。

・玄関に近い部屋もオススメ、但し寝室以外。玄関ホールでできればグッド。
玄関から遠く、一番奥で仕事をすれば、集中できる反面、家自体が軽く落ち着か無くなる可能性がある。

・廊下も意外にオススメ。

◯気分の切り替え、仕事時とそれ以外。
・服装、まぁ例えばネクタイするとか(笑)、仕事用のスリッパを用意するなど。
・照明や音楽を変える。仕事用の音楽や、仕事が終われば、間接照明にしたりなど。
・仕事中に、ぬいぐるみや酒など目に入らないようにする。
・押入れをデスク代わり。閉めれば仕事場が消えるので良いですね。
・くつろぎたい時に、仕事のものが視界に入らないようにする。


◯家族や子供
まずは、ここは会社でなく、家である。家は家族のものであり、自分の為だけのもではないと心得る。
会社と同じように100%望まない。だって家だし。

・子供は、親が一生懸命なもの(PCなど)に興味が行く。
逆に、最初にPC面白いよなどといって、面白くない画面を無理やり数分触らせ興味を失なわす。
・叱る時は、あれこれ長く説明するのではなく、「これは大事なもの」と一言メッという。
・家族が突然、掃除機を掛けたり、TVで笑ったりなど気が散ることはあるかもしれないが、耳栓やイヤフォン等で解決を試みる。

◯方位
仕事をするときの向き。どっちの方位を向くか。
北・北東:事務や奴隷仕事。
東・南東:企画系、ZOOMなどTV会議
南:クリエイティブ系、イラスト、作曲、コピーライトなど。
南西:広告POP。仕事のやりすぎ注意
西:ダラダラ注意
北西:勉強系、資格など。


参考にしてください。
より突っ込んでアドバイスが必要なら、自宅風水鑑定で、いろいろ風水改善しましょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーほへと風水CM
ほへと占術研究室 風水/住居HP←風水関連の読み物など

ほへと 風水鑑定 注文フォーム ←自宅・引っ越しの風水鑑定はコチラ

posted by ほへと at 19:25| Comment(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg