2020年08月12日

Amazon Echo Flexを購入

Echo Flexがセールだったので購入した。
もともとグーグル派なので、 Google Homeを狙っていたのだが、
Amazonに寝返ったのは、「Echo Flex」が安かったからだ(笑)。期間限定 1,980円!

しかし、結構、「Echo Flex」は当たりであった。
・外部AUX端子がある。
・基本機能はまったく劣ってない。
・逆にUSB拡張がある。


本体からも、音が出る。
悪いだろうと思って聞けば、そこそこ頑張ってる音が出ている。

IMG_20200812_1329576.jpg
AUXから家のスピーカーシステムに接続。
うむうむ、良い音じゃ。

Amazon Prime Musicが標準だが、Spotifyも使えるようだ。

「アレクサ、〇〇の曲をかけて」「アレクサ、盛り上がる曲をかけて」というのが微妙だな。

たまには、こういう感じの音楽掛けてで、新鮮な曲に出会えるのも良いが、
基本、音楽を聞く場合は、自分で音楽を管理したいというのがある。

というかね、クラッシックとかも聞くし、
サンサーンスの交響曲第三番ハ短調作品78オルガン付きマエストーソアレグロ、 小澤 征爾指揮のやつね。
とか言ってられないし認識も無理だろう。

手元のスマフォ(BlackBerryKEY2)には、iPodから、歴代のスマフォに語り継がれた多くの曲が入っている。

実はなんと!Echo FlexはBluetoothスピーカとしても使用できる!おぉこれだけで元取れるやん!

Echo Flexとスマフォを ペアリング(Bluetooth)して、
スマフォから音楽を選んで再生すると、曲がBluetooth経由でEcho Flexとつながってるスピーカーシステムから音が出るというカラクリだ。

(アレクサに)声で音量も操作できるが、10段階という雑なボリュームではなく、スマフォで微調整できるのも良い。

というか、Prime Musicとか、声より、スマからのほうがやり易い。本末転倒だが、、

さらに、調べていくと、「アレクサスキル」というのがある。
なんぢゃいそれ?だが、イマイチ理解していないが、ネット情報によれば、ニュースや料理、カラオケもできるとのこと。

早速、「カラオケJOYSOUND」スキルをインストールし有効化というのを試行錯誤してやり、
「アレクサ、JOYSOUNDを開いて」
で使用できるようになる、曲数は限定で、米津は充実しているが、サザンはTSUNAMIだけか。
まぁ無料で、スマフォに歌詞も来るので便利。


そして、ここからが本番。

SwitchBot スマートホーム 学習リモコンも同時に購入。
IMG_20200811_1709239.jpg
8月16日までは、Echo Flexは1000円引きの1980円!SwitchBot セットで5560円

これを使えば、あの夢の「アレクサ、テレビつけて」「ライト消して」の未来がやってくるのだ。

設定には、知恵と根性が若干必要だ。
少し癖があるので、SwitchBot は、面白いが、万人には勧められないか。

とりあえず、部屋のエアコン、テレビ、ライト、ライト2、扇風機が無事、音声で操作できる。

IMG_20200812_1330353.jpg
SwitchBotはたまに、動かなくなったり、場所によっては、リモコンが効かないなど、設置場所も一苦労。

リモコンを妖精さんに隠された場合も、声で操作できる。

そんなSwitchBotはスマフォから操作できる。
Echo Flex、アレクサへの音声命令だけでは、あまり細かいことができないが、
スマフォからは登録したボタンなら全部使える。
まぁ、アレクサ、テレビつけて、○チャンネル。くらいはできる。


そもそも、本当にこれを購入した理由は、コロナ禍で、部屋にいることが多くなる。
便利さや暇つぶしもあるが、声だ。
人と会わなくなれば、声が知らずに小さく、また滑舌も錆びてくる。
少しでも、声を出す機会が増えるというのが実の理由です。
一人暮らしの人にはおすすめです。

とりあえず、Echo FlexとSwitchBotのレポートでした。





posted by ほへと at 14:26| Comment(1) | スマートフォンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg