2020年11月21日

Oculus Quest 2ゲット!

新型コロナが流行しだしましたね、みなさん連休をどうお過ごしですか?

このままでは、また不要不急の外出自主規制が来るかもしれません、
もしものために、

IMG_20201016_1538075.jpg
Oculus Quest 2ゲットしました。(誕生日に届いた、同時にプレゼントのスピリタス!?)

本当は、もっと前に購入したのですが、初期不良とOculusのサポートの最悪ダメダメ、返品返金手続きでアマゾンのミス等が重なり、ようやく今しがた再チャレンジです。

製品の完成度は値段に対して非常に良いですが、その分サポートに問題あり、
Facebookアカウントの停止や、初期不良等に当たっても、交換や返品には応じず、修理するから香港に送れといわれても納得できる人にはお勧めです。

まぁ愚痴も吐いたので、Oculus Quest 2のレポートとして、

VRには驚く。
こんなに、世の中は進んでいるのか?
とカルチャーショックを受けます。

良く、ひとりの世界に入りたいときに、イヤフォンで音楽聞いたりする事があるが、
それの、耳ではなく、視覚(+聴覚)バージョン。

没入感というか、夢というか、マトリックス、アバターという映画の世界が来たという感じ。

通常VR機(PCVR)はPCと繋いで使う物だけど、このOculus Quest 2はPC無しで使える、スタンドアローン型VRヘッドセットです。
※但し、スマートフォン、WIFI、Facebookアカウント、リスクに対する勇気と責任が必要です。

外部PCは使わずに、PCパワーは本体に内蔵、ハイエンドのスマートフォン用のCPUを載せているようです。
スマートフォンは高性能化しているが、やはりグラフィックはPC、ゲーミングPCに比べると非力です。

しかし、違う、次元が違う。

プレステ2とプレステ3の違い的なライン上の進化(エボリューション)ではなく、革命(レボリューション)です。

特に驚いたのは、PCやゲーム機は、モニターの前に座ってやるが、このVR機は、前後左右何もない空間で、動きながらプレイできるのだ。座ってできるゲームもあるが、有名なビートセイバーやボクシングのゲーム(The Thrill of the Fight)など、想像以上にフィットネスで、死ぬほど疲れるし、筋肉痛にもなります。もはやゲームの域を超えてますね。

また、このOculus Quest 2は、表はスタンドアローン型VRヘッドセットだけど、裏では「Oculus Link」という技で、長めのUSB3ケーブルをゲーミングPCにつないで、PC能力全開のPCVRゲームをプレイできる。
まぁケーブルがかなり邪魔ですが、想像以上にきれいな世界に行けます。
さらに、このケーブル無しの無線LANでPCVRゲームを行う闇の荒業もあります。

当然、ほへとは闇の無線LAN(VD)でPCVRゲームもやってますが、ある程度のPCスキルは必要です。

PCVRゲームは、高いPCスペックが必要で、ほへとのPCではギリギリ動かせるというレベルなので、
パーツの交換を考えています。

以上

posted by ほへと at 21:22| Comment(0) | スマートフォンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg