2020年11月23日

やらかしちまぁった、仮想メモリ(ページファイル)の設定先

やらかしちまぁった、
やらかしちまぁった、
どぶろっくのネタが頭で浮かぶ、
どうしてこんなことになったのか??

Oculus Quest 2を買って、単体で遊ぶ場合と、PCVRとしてPCと接続して遊ぶ場合の2種類がある。

PCVRの接続先のPCは、結構性能がいる、ゲーミングPCが必要だ。
フルHD(1920×1080)より高密度 1,832×1,920が両目分、つまりx2.

VRreadyの最低ランクの
GTX1060(3G)とCore i5-6500だが、ギリギリ使えるが快適ではない。
ローディングに時間がかかるので、CPUか、メモリ周りか?と思いつつ、

タスクマネージャーでCPU、メモリ、GPUの状態をモニターしてみる。
意外と、CPUは思ったほどはマックスまでは使用していない。
メモリだ、やはりPCVRで重いゲームは8GBで足りていない。
メモリが100%となり、溢れた分が仮想メモリ(ページファイル)機能で外部記憶にスワップする。

ゲッ!
なんじゃこれ?

起動ディスク(C:)のSSDに負荷は全くかからず、なぜか保存用HD3TB(D:、E:)が激しく上昇しピークまで行っている。

おいおいおい!違う違う!そっちやない。えっ!なんでHDの方やねん!
WINDOWS10アホ過ぎやろ!

仮想メモリ(ページファイル)先が、なんで、起動ディスクの高速SSD(C:)でなく、勝手に保存用の低速HD3TB(D:、E:)を使ってるねん。

何のための高速SSDや、これ買ってから、てっきり仮想メモリ(ページファイル)機能も快適にやってると思ってたら、完全にサボってたのね。_| ̄|○

意味わからんが、多分、最初HDが起動ディスクで、後にSSDを追加して、こっちを起動ディスクに変えたのだが、当然自動で仮想メモリ(ページファイル)先も変わると思い込んでいたのだが、、
まさか、前の設定のまま?確かに前のHDのシステムをSSDにコピーしたけど、、
_| ̄|○

むせび泣きながら、無事、仮想メモリ(ページファイル)をSSDに変えたら、メモリ8GBが溢れた時も、サクサクとSSDに退避して、しかも一瞬使用率メーターは上がるがすぐ下がる。まったく速いやないか、HDの使用率ピークに張り付くのと全然違う。

無事、ゲーム中のローディングが嘘のように軽くなりました。

皆さんの中で、途中からSSDを追加した人は、仮想メモリ(ページファイル)先がちゃんとSSDか確かめよう、
でないと宝の持ち腐れとはまさにだ。


検索「windows10 ページファイル 設定」
posted by ほへと at 17:08| Comment(0) | スマートフォンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg