2021年09月10日

数秘ゾロ目も1〜9の内

数秘ゾロ目、11,22,33,44等がある。

よくカバラ数秘系では、11,22。もしくは11,33等は、数秘1〜9とは別格で、掲載紹介されている。

ほへと数秘では、ゾロ目系も、数秘1〜9と基本同等扱いだ。

11が現実B、33が心Bで無いなら独立さすが、数秘境地的には同じだ。

よって、基本数秘1〜9に、ゾロ目オプションを付けるて、そこで差別する。

あと、2のゾロ目11ではなく、数秘11はある。

何でも、1〜9に当てはめるのが数秘術ではない。

11も13も、20も23も51も、それぞれ数秘的に意味があり、1桁にすればそれを失う。

そんなわけで、ほへと数秘11は、決して数秘2(現実B)のゾロ目のことではない。数秘11は、潜在Cのことだ。


あと数秘ゾロ目、11や33と表記すれば陥る点について考察。

19850721生まれ、
19840722生まれ、

どちらもYMDは33(数秘6) (YMDはY年、M月、D日)

一見良く似た生年月日の数秘33、しかし、MD,Y,Dも見ていこう。
19850721 MD=1,Y=5,D=3
19840722 MD=11,Y=22,D=22
上は、全て足したら33だが、下は、年も、日も、月日も、全部も、全部ゾロ目!

同じ33でも明らかに下の方は化け物でゾロ目だらけで、尋常でない狂い方が想像できる。
ほへと数秘では、33はあくまで数秘6として、
ゾロ目の部分はオプションとして表すが、ゾロ目33でもピンキリという話だ。

上が6 EX、下が6 SPLとゾロ目強度によって表示を変える。
11や33と表記だけでは、ゾロ目はわかるが、ゾロ目の強さはわからない。

また、ほへと数秘では、カバラで言う11,33も、単にストレートに足した場合だけではなく、
年、日、月日を一桁にしてからYMDを計算する2パターンを行い、隠れゾロ目も見逃さない。

隠れゾロ目で言えば、、ほへと数秘では、メイン数秘(YMD)=Y+MD で計算する。

たまに、YとMDが同じ数字の場合がある。

Yが3+MDが3なら3+3=6

それも、ストレートに足した33が3+3になるのと同じ意味が隠されている。

その場合は、Dbオプションとなります。6Db3や、1Db5など。

以上マニア向けでした。

>ほへと数秘、ほへと生年月日占い


posted by ほへと at 19:42| Comment(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg