2021年11月15日

経験と気づき

経験はどんな経験であれ、気づくためにある。
だから、経験自体を評価しても意味がない。

どんな大きな経験をしたと自慢しても、それはエゴの歪みが人より大きかっただけかもしれない。
問題は、その経験から何を得たか?だ。

どんな経験も、その経験が自分に必要だったと理解できるだろうか?
その経験を人と比較しても、意味がないことを理解できるだろうか?

それでも、時間は無限ではない。
ここでできる経験にも限りがある。

現実はエゴと出会い、経験を生み出し、経験は心で気づきを生み出す。
現実に執着。経験にも執着してはいけない。

気づきという智は、自分自身であり、自分のものになった経験と言える。

気づきのない経験は、まだ自分のものになっていない。
記憶や思い出。


また誰でも、思い出したくない経験もあるだろう。
悲しい出来事や過ちもあるだろう。

心の奥に蓋をした経験達、自分自身と分離された経験達。

たまに、思い出して、考えてみたらどうだろうか?
ただ注意は、善悪やいろいろな感情は、ここでは無しで。
体験した現実を、エゴが感情や評価をして経験とする。
そのエゴを少し横において、第三者の意識や、また成長した今の視点という意識で、
分離された経験達を見つめていこう。
もし、そこで気づきが起これば、分離された経験がやっと開放される。

日々の経験も、忙しすぎれば振り返ることは出来ない。
たまには、日々の経験を振り返り、気づくことがないか?
考えチェックしてみよう。

少し現実から離れたところで考えることをおすすめします。



読み上げ動画版
posted by ほへと at 19:13| Comment(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg