2024年05月29日

性格(内面)を直す?性能(外面)を上げるのです

性格とは、その人の性質を、格付け、評価したものである。
性質と性格は違うということを理解してほしい。

どうしても、人は性格を見、性格を付けたがるものだ。
しかし、本質である、性質を見るようにしましょう。

評価をせずに、純粋に、その人の性質を見るようにしましょう。

例えば、自分は、せっかちで焦りやすい性格で、よくミスをする。
その性格を改善したい。という相談があれば、

その性格を見るのではなく、その性格の元の性質を見るようにする。

こういう所で、ほへと数秘を参考にするのだ。
例えばこの人は数秘1だったら、
その性質を見ると、未来に意識が向きやすい。

なら、しっかり今を感じて、十分納得してから、確信してから動こう。
先の成功失敗を考えない事。
とアドバイスできる。

また、同じ相談でも、数秘6の人だったら、

その性質は、過去に意識が向きやすい。

今からの状況が見えなくてパニクっているのだ。
前日から準備をしっかりするのではなく、逆にその場、その時の感覚を持つ練習。まぁ適当に判断すればいいよ。(確信してからでは遅い)
おそらく、場慣れなてないだけと思うので、場数を踏めば(=経験=過去)、焦らなくなるよ。

という感じで、同じ性格に見えても、違う性質から来ている場合もあるので、
性格=で考えないようにしましょう。

また、性格は、人の評価なので、人によっても評価は変わるように、自分にとって都合が良いのが、良い性格である。
なので、性格の良し悪しは、それほど気にしなくても良い。

さらに、大切なのが、性能(外面)である。能力、パフォーマンス、価値、結果のようなもの。

人から見て、性格の良い人が、幸せでもないし、仕事ができるわけでもない。

性格が悪くても、幸せで、仕事ができることも普通にある。

人の目(評価)ではなく、自分の素質(性質)をうまく活かすことが、性能を上げることにつながる。

その人の本質とは?
決して性格ではない。何を欲して何を実現してきたか?その人の人生の性能を見るようにする。

そして、人を、また自分も、評価すべきは、内面(心:性格)ではなく、外面(性能)ということを重きを置きましょう。


良い性格ではなく、性能UP、そのために性質を知る。
◎ほへと数秘占い(無料)
☆電話鑑定や対面鑑定はこちら
>ほへと占術セールス部
posted by ほへと at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg