新着記事
> 12月14日(土)~16日(月)東京対面鑑定(新宿)・ボディーワーク教室(表参道)15日(日)夜「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2009年08月17日

大文字焼き(090816)

お盆も終わる16日、京都では恒例の大文字焼きがあり、いつもは広沢の池に「鳥居」を見に行くのだけど、
今回は、左大文字を見に行く事にした。
ちなみに、大文字焼きは、五山の送り火と云うが、+1はいつもの鳥居型で、仏教ではない神道系。
山は仏教を表すので、五山で間違いはないのだけど、大文字・妙・法・舟形・東大文字・鳥居型と6つあるので注意して下さい。

bg_P8165971.jpg
バスの中で揺られながら、すでに点火が始まっている。ヤバイ間に合わんか?
西大路のわら天神前で降りようと思いつつも、もういっちょ、金閣寺道まで乗る事にした。

bg_P8165972.jpg
乗っている間に、しっかり大の字になった。

bg_P8165975.jpg
金閣寺の方へ向かうのだが、大文字、近っ!
近すぎないか!!

bg_P8165988.jpg
障害物の少ない、金閣寺の駐車場にて、

人が拝んでいたり、また携帯で写真を撮っている姿すら見える距離。

bg_P8165999.jpg
北野白梅町へ戻りつつ、普通の大文字を撮影。
バス停からでもいい感じで見えるやん。


bg_P8166006.jpg
北野白梅町前の串八に、混む前に一杯呑む。

久しぶりに、左大文字を見た。
ここ近年、ずっと鳥居だったから、

最後に、左大文字を見たのは車を運転しながらだったので、
カメラ撮影出来なかったので、今回はバスの時間を緻密に調べ(若干早かったが)、
車内から撮影に挑戦しました。

でも、あわただしいかったね。

posted by ほへと at 00:52| Comment(5) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 通りがかりで失礼いたします。
 大文字送り火は「大文字焼き」とは絶対に言いません。「大文字焼き」は他地方の別行事と混同したマスコミが間違って言い出した言い方で、京都では物凄く不快に思っている人が多いのに、京都在住の貴殿がこの様に言っているとは、大変遺憾に思います。
 是非とも認識をお改め願います。
Posted by 雲の月 at 2009年08月17日 02:46
雲の月さんへ、京都では物凄く不快に思っている人が多いというのは初めて知りました。昔から「大文字焼き」と呼んでいましたが、、逆に送り火の表現の方が少なかったと思います。無知ですね。
Posted by ほへと at 2009年08月17日 14:06
お盆の8月16日の夜に、五つの山々に灯る送り火の一つ、それが大文字です。今も昔も送り火の中心として考えられており、江戸末期には送り火の総称として「大文字焼き」と言われていました。明治になると「送り火」と称される事が多くなり、最近になり「大文字の送り火」という総称が使われるようになりました。
Posted by 通りすがり at 2009年08月17日 21:08
ほへと様、いつも楽しく拝見させて頂いてます(^ー^)
尼崎からはなかなか遠く感じてちび連れではキツイ
私も一度は観てみたい京都の風情溢れる写真達。美味しいそうな火曜会。花鳥風月!!過去にもズィズィ〜ってさかのぼって観てます!
癒される〜私のオアシスです。
これからも沢山写真達アップしてくださいねo(^-^)o
Posted by 和美 at 2009年08月18日 12:25
通りすがりさんへ
詳細ありがとうございます。
某旅行関係の広報の方が、大文字の送り火では、他の山に差別になるという事で、平等の意味で、配慮の結果、五山の送り火になったという話しを聞きました。
また、京都在住でも偉い人は、不快に思っている人はいるようですが、京都在住の人全てが不快という訳ではないようですね。

和美さんへ
ありがとうございます。
また、引っ越しして、新たな写真をお届けします。
Posted by ほへと at 2009年08月23日 20:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg