新着記事
>☆8月7日(水):神戸(三宮)・大阪(梅田)対面鑑定「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2009年12月27日

「意志」について2

ちょっとおさらい。

意志はアウトプット。
感受性はインプット。(感受性は、感覚、感情、感性の3つ)
思考はブラックボックス。

マネは翻訳ルーチンとはあまり関係ないです、感性かな。

人間の基本営みは、現実を感じ、知り、考え、決断し、意志決定し、行動に移し、現実を変えて行く事にある。

現実ー>感受ー>思考ー>行動ー>新たな現実

これを、仏教では五蘊と呼び、それは、色・受・想・行・織のことであり、
ほへと弁の、色:現実、受:感受、想:思考、行:行動、織:新たな現実に対応する。
般若心経では、その五蘊も皆空、すなわち、人間の基本営みである五蘊も空と説いている。(おもしろいね)

3年ほど前に書いてる記事を参考にしてください。

感性について
思考について
分かること


ほへとの考える、意志の定義とは、自身が関与して現実を変える事だと考えている。
それも、自分が考える通りに、現実を変えていければ最高である。
それには、今という現実をしっかり見つめ、しっかりと考えておく必要がある。

意志の発動
基本は気合である。やる気ともいう。
小さな事と大きな事、変えようとする大きさによって、意志のパワーは違う。
感情を気合に変換して、意志に叩き込む。

これには、健康体が必要。さらに精神の健康も必要。
意志には、エネルギーがものすごくいります。また継続は力なりと、継続することも大切です。
現代人にもっとも足りないのは意志のエネルギーで「パワー意志」である。

昔ある先生はワザと生徒を怒らして、そのエネルギーをやる気に転換してくれることを期待した。またハングリー精神という、人間の本能に訴える方がパワーは出る。(頭意志より)
現代では、この手法で生徒たちを奮起することは難しい。(先生、生徒、親のレベル)

「パワー意志」
意志はレーザービームのように直線である。変化球は無い。
複数の意志より、一本にまとめた方が、意志のパワーは上がる。
意志の発動は、魔法のようなものであり、一度放出したエネルギーはキャンセルできない性質がある。
多くの人は、自分がやろうと意志決定したことに、挫折し、その時の意志エネルギーに、悩まされることになる。


(A)------------->(B)
ある意志の発動を過去のAポイントで行う。Bポイントが実現で、その意志の完了を表す。


(A)----(C)------>(B)
    \
     \
      (D)

ところが、Cポイントにて、Bポイントへ向かうことをあきらめ、Dポイントへ方向を変えた。
そうすれば、AポイントからCポイントまでの自分(意志エネルギー)を裏切ることとなる。
頭意志では、すでにDポイントに目標が変更されているのを理解しているのに、パワー意志は、または身体意志はまだ、Bポイントへ向かおうとしている。
このため、実は自分自身の過去の意志力によって、新たにDポイントへ行くことを、妨害されるのである。

同じような考え方に、株や為替のチャートで、25日、75日、200日移動平均線というものがある。
市場の意志の平均のようなものであり、長いほど強い。
数日のイレギュラーな動きも、長い期間の意志によって調整されることが多い。

簡単な例では、200日以上の習慣、例えば喫煙などを、7日程度では止めることは困難ということ。まず、25日(1ヶ月)、そして75日(3ヶ月)とじっくりと今までの意志のパワーに対抗していかなければいけない。
(習慣:身体意志の変更)


人生、失敗や挫折したときに、意志を中和するためのいろいろなことが起こる。
混乱や無気力、後悔など、ひょっとして、うつもあるのかもしれない。

基本は続けていた分の時間は掛かるということです。(実は、高度なテクニックはあるのですがまた)
posted by ほへと at 20:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うう、まだまだ未熟です。。
(読みながら、うなっています)



「翻訳ルーチン」の解釈、意志とはなんたるか、など
さらにわかりやすく伝えてくださってありがとうございます。

>人間の基本営みは、現実を感じ、知り、考え、決断し、意志決定し、行動に移し、現実を変えて行く事にある。

現実ー>感受ー>思考ー>行動ー>新たな現実 
の部分はとても大切ですね。
まずは、コピーして手帳の中にはさんでいつもおさらいすることにします。
Posted by おきょう at 2009年12月28日 00:48
それから、パワー意志の解説も懇切丁寧で
理解がぐっと深まりました。(ほへとさんから見たら、気のせいレベル??かもしれませんが)

しばらくは苦しむことが確定です。
Posted by おきょう at 2009年12月28日 01:04
「意志について1」では、ほへとさんの「意志」とは、
>ほへと弁であり、標準的意味とは異なる。
とお書きになっていましたが、
むしろ古典語で意志を表す助動詞「む」「べし」の意味・用法にとても似ていると思いました。

「む」は、
一人称(私)主語の時に「私の行動・意志」を表し(例;我、ダイエットせむ)、
二人称(あなた)主語の時は「相手への働きかけ・勧誘」(例;汝、ダイエットせむか)
三人称(彼・彼女・事柄)主語の時は「未来における事態成立の予測・推量」(例;彼ダイエットせむ)
を表します。
(なお、「べし」は意志や実現性の度合いを「む」よりもさらに強くした表現です。)

ほへとさんのおっしゃる「頭意志」、「身体意志」、「パワー意志」は上記3用法と似ていると思った次第です。

高校まではこれらの意味を助動詞「む」の「3つの異なる意味」として習いますが、
私は、根本的な意味はすべて「意志」で一貫していると考えています。

ちなみに現代語では、
(一人称)私はダイエットしよう。
(二人称)あなたも一緒にダイエットしよう!
(三人称)彼はダイエットするだろう。
となります。

他の二つと語形が異なる三人称の表現からは、現代の我々が、事柄の実現を自分の意志の完遂ではなく、
どこか他力(他人や財力・運)に任せている心象がかいま見えるような気がします。
Posted by タワシ at 2009年12月28日 11:32
たわしさんのコメント、勉強になります・・

ほへとさんの「意思について1」を読んでから気がついたのですが、

人間の行動として
「反応」 と 「意思・行動(身体意思)」は違うなぁ、と気付きました(遅い??)
(「反応」は出来事・他人の働きかけ・運などに反応すること、という意味で考えています)

それまではどちらも「行動」でひとくくりにしていたのですが・・
(解釈間違っていたらご指摘ください)

だから人の行動で観るべきところは
反応ではなく行動(身体意思)であって、
どんな意思を持って行動しているのかが重要だな、と。
Posted by おきょう at 2009年12月28日 13:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg