新着記事

2010年06月15日

白峯神宮(しらみねじんぐう)

正直あまりサッカーに興味は無い。
が、やはり、W杯が始まった。
今日は日本とカメルーンの初戦。
必勝祈願とまでは言わないが、
実は近所に、サッカーファン御用達の神社があった。
TVなんかでもよく取材している。
これは今行っとかないと。

P6144696.JPG
白峯神宮(しらみねじんぐう)
堀川今出川すぐだ。

まりの神様なのだ。

P6144698.JPG
午前中も早い時間帯。
中学生っぽい修学旅行生のグループがちらほらだけ。

今日試合なので、きっと沢山の参拝客が訪れるはず。

P6144700.JPG
蹴鞠の碑

なでると球技が上達するそうです。

P6144705.JPG
サッカーより崇徳天皇が祀られていることの方が気になった。

崇徳天皇は、百人一首の中でも一番好きというか、一番覚えている、
「せをはやみいわにせかるるたきがわの」というやつだ。
まぁ、これは落語で「崇徳院」(桂枝雀)から覚えたもの。(人食いちゃうでぇ)


P6144706.JPG
平安時代のサッカーコート。

蹴鞠、ボールを蹴るという共通点はある。
都人の雅な遊びと思いきや、武士のたしなむ武芸のひとつだったらしい。
また、一般大衆にも広く親しまれていたらしい。

まぁ、今日の初戦は、1点先制の後半、カメルーンの猛攻をしのいで勝ち点3の勝利。

この白峯神宮参拝のご利益はありました。
posted by ほへと at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg