新着記事

2010年08月20日

映画インセプション見に行きました。

近所のTOHOシネマズ 二条へ

感想
渡辺謙さんが、日本人が出てるだけでうれしい。が。

えらく暴力的で現実的な夢なのが気になったが、
ストーリーはよく出来ている。
しかし、やや難しい。
やや眠くなる。コーヒーは飲んでおこう。

まぁ言いたい・伝えたいテーマはよくわかった。
展開がしつこい。

本当の現実に対する疑いや、夢のような世界の描写などは、アバターのほうが良かった。

着眼点は良かったのだけど、完成したらちょっと違うものになった感じ。
映画より、ゲームで楽しめそうなストーリーでした。

以前、夢の層の話と類似点があると思って期待していたが、ちょっと違った。

渡辺謙さんがよかった。


夢の層の話
posted by ほへと at 16:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
偶然ですね。
今日、私も旦那さんと「インセプション」を観てきました。

Posted by 小太郎 at 2010年08月20日 19:08
いつも楽しく拝見しています。
私も先日夫婦でこの映画観に行きました。
私たち夫婦の感想とほへとさんの感想が
あまりにも同じで思わずニヤリ。
そうなんですよね〜。
アイデアは凄いと思ったのですが
妙にややこし過ぎてあんなに
騒々しいのになぜか退屈になってきました(笑)
なにもあんなにやたらとモノを「崩壊」
させなくても・・・。
アクションも、凄いのだろうけど画面が
ごちゃごちゃしてて早すぎてなんだか
よく見えないし。
おっといけない、だんだん年寄りのグチ
みたいになってきました(笑)
最近観たSF系ではアバターが一番
楽しめたなぁ。
Posted by なお at 2010年08月21日 07:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg