新着記事
> 12月14日(土)~16日(月)東京対面鑑定(新宿)・ボディーワーク教室(表参道)15日(日)夜「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2010年09月30日

DMC-G2 レポート4

「いおり」へ、ランチを食べに行ったので、DMC-G2+ライカD SUMMILUX 25mm F1.4
(フォーサーズアダプターMMF-1)を持参する。

P1000543.jpg
お店の玄関。千本中立売を西へ、六軒町通り。

P1000558.jpg
いつもの、二階席へ。
カメラのセッティングを兼ねて、湯のみを撮影。中はほうじ茶。
(ほとんどセッティングも無しだが、、)

P1000564.jpg
ランチ来ました。

パナソニック機らしい、すっきり透明な画質と、性能の良い明るいレンズをF5.6まで絞る。

うまそうだけど、本当にうまい。(これで千円っす)

P1000575.jpg
DMC-G2とLUMIX G VARIO 14-42mm(キットレンズ)

何よりも超軽量コンビ。

喫茶店にて、ホットコーヒーを撮影。

マニュアルモードでは拡大もするし、撮影距離がわかるアイコンも出るし便利。

P1000597.jpg
歩きながら、雲を撮影。
意外に建物が黒く潰れたり、また空が白く飛んだりに、粘りがある。

P1000598.jpg
雨も上がった。
液晶をタッチして、シャッターを切る。
重いカメラでシリアスではなく、軽く大塚愛でも聞きながら、軽やかに撮るのであった。

DMC-G2を手にして、10日弱だが、思っていたより良い。
当初持ちにくかったが、ようやく手にも馴染み。うまく持てるポジションも発見した。

本格的に撮りたければ、アダプタで、ライカDレンズをセット。
ファインダーでじっくり狙らえる。
正直画質はE-30よりも良い。(まぁ好みだけど、)

散歩では、気軽にキットレンズ。
手を伸ばして、液晶をタッチして撮るという画期的さ。
なにより軽量さは最大の武器。



パナソニックは家電メーカーだけど、DMC-FZ20->L10->G2と来たけど、好感の持てるカメラ作りだ。

うーん、これではフォーサーズからマイクロフォーサーズへの移行も仕方なしと思う。
E-30の出番はかなり減りそうだな。

posted by ほへと at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタルPHOTO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg