新着記事

2006年05月24日

火曜会(5/23)、毛ガニとゲンゲ

毎週火曜日の夜は、定例の呑み会がある。場所は高校からの友人の家で、そこはもと料理屋さんだった。かれこれ呑み会は10年ほどは続いているだろう。

今日は彼のおやじさん(元板さんで今は隠居されている)、から毛蟹と鱧(ハモ)の子を頂いた。いつもとてもほへとや一般人が口にできないようなものを頂いていています。本当にありがたく感謝しています。
img161.jpg
毛ガニを2匹とハモの子(左上)。ごちそうさまでした。

そして近所のスーパーキタノへ行く、ここのキタノの鮮魚コーナーで、幻の魚「ゲンゲ」を購入。てんぷらに(してもらう)。
img162.jpg
下ごしらえ中。ほへとは見ているだけ(笑)

img164.jpg
ゲンゲの天ぷら完成!友人は料理人顔負けの腕前です。

このゲンゲのお味は「なにこれぇー」って感じが第一印象。
ゼラチンを揚げた感じの味だ。とても魚とは思えない味だ。

今日もまた新たな食材を口にしました。

ゲンゲの料理

posted by ほへと at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg