新着記事
> 12月14日(土)~16日(月)東京対面鑑定(新宿)・ボディーワーク教室(表参道)15日(日)夜「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2011年02月24日

風水以前・賃貸仲介業者

駅から徒歩30分。その人はレオパレスに住んでいた。

そんなへんぴな割に強気の家賃。
ピンポン鳴って、玄関出たら隣だったとか噂本当?
って聞いたら、本当だった。
隣の部屋で携帯話す声が聞こえるレベルらしい。
絶句。

更新が近づいていたので、それじゃ、同じ家賃で、もっと駅前で、RC(鉄筋コンクリート)のマンションに住めば?
と引越しすることになった。


予め、ネットで探してもらっていたのだが、たまたま、烏丸で会っていて、目の前に賃貸の店があったので、いきなり、突撃する。

賃貸仲介業者 1件目
家賃や、広さばどの条件を聞かれるのだが、「絶対に南向きで日当たりのいいところ」、「駅から7分以内かバス停は5分以内」、横から条件追加。

いくつか、条件内で物件資料を見せてもらう。
さすが京都一高い場所界隈なので、この値段では、築年数が20〜30年前とか、
軽量鉄骨(ハイツ)が多い。
さすがに、レオパレス卒業だから、鉄筋コンクリにしような、普通にとなりの掃除機の音も聞こえないし。

まぁ、こういう所は、何故かいつも、馴染んできたときに、
「あっこれは掘り出し物です」と、全然そうでもないものを、大声で勧めてくるのはやめてくれ。
というか、最初から出せよ。掘り出しもかどうかはこっちが判断するから。
(気をつけましょう)

物件が決まっても、家賃交渉してよとお願い。土下座して家賃が下がるならなんぼでも土下座させていただきます。とスタッフの心意気。(まぁ3000円程度を目標に交渉するのが良い)
何枚か候補をもらって帰る。(ここから風水で振るい分けすればほとんど残らない)

でもまぁ、京都で一番高いとされる、烏丸界隈でも、今の家賃でも十分住めることが判明したことは収穫だったようだ。

次は四条烏丸から、烏丸今出川へ上がる。
丁度同志社の前。さっきの四条烏丸からなら同じ間取りでも、5000円〜1万ほど安くはずだ。
さっそく、突撃。

2件目
ここは、上限ギリギリアウトの結構高い物件ばっかり紹介してくる。しかも関わったスタッフが全員京都市から離れたところに住んでいるのか、勧めるところが偏っていた。まぁ仕事だから仕方ないけど、やたら物件を見に行かせようとする。
(気の弱い人はこれで、契約してしまうのだな)
強気で、今日はまず情報集めだけに来たのでと、さらに資料出させる。
いいなと思ったら、5階でエレベーター無しとか。そりゃ売れ残るわ。勧めるなよ。

でも、意外に、1DK間取りが良いね(高いだけあって)。あと駅やバス停から遠いのが問題だな。
あと地区ではなく、パスのルート上にが住むことが固まった。
収穫だな。
それにしてもここでもレオパレスの壁の薄さの噂は本当だった。

また来ます。と、できない約束をして帰る。

3件目
ここは、以前ほへとがお世話になったところなので、大体分かっているがオススメのところ。
さすが、駅から離れているのに大勢のお客さんだ、実は最初に行ったのだけど、人が多すぎて時間をずらして再来店。
ここは、4万〜5万と設定すると、本当に4万〜5万内でまんべんなく物件を探してきてくれる。(良心的)
また、どこの仲介業者でもそうだけど、他店の物件も、それがネットのものであっても、ほとんど仲介してくれる。

だから、気に入った店・スタッフがいれば、ネットで探してきた他店の物件も仲介してもらうことも全然オーケーです。

スタッフも、さすがほへとが話せば、こいつは月間数値目標でやってるなとか、本当にお着様目線でやっているなとか、こいつはもう過労死近いな(笑)などわかりますね。だから、ちゃんと、こちらの要求する物件を出してくるか、変な思惑が混じってないか、厳しくチェックしよう。

ここも、良さそうなものから、何故か一戸建てまで資料をもらって帰った。

まだ最終的には決まっていないけど、その人は割と烏丸界隈で選ぶそうです。


また、仲介業者を何件か回れば、なんとなく、住む物件の理想と現実が交差してきます。
いい物件に出会う前に、焦って、その手前で決めないようにして欲しいですね。

ともかく、焦らすような店やスタッフには、はっきり「NO!」と言ってください。
じっくり理想の家を探す手伝いをしてくれませんし、物件数も持っていないということです。

引越しをされる場合は、物件以前に仲介業者も比較することをおすすめします。
外からは同じように見えても、全然違うということを知っておいてください。
(レオパレスとかは注意してね、風水以前に)
posted by ほへと at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg