新着記事
>☆8月7日(水):神戸(三宮)・大阪(梅田)対面鑑定「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2006年08月06日

冷製中華そば・天下一品

天下一品と云えば、京都発のラーメン屋である。通称「天一(てんいち)」と呼ばれる。

また店の店舗によって味が当たり前の様に違う、メニューも違う。学割などサービスも違う。
普通のラーメンのチェーン店では考えられない。

千代原口の天一は味が唐辛子辛い、長岡はメニューが多い、○○の天一は天一ではない(マズい)など

チェーン店でありながら、個性が出るのは面白いと思う。


「てんいち」といえば「こってり」がほぼイコールで結ばれている。

他のラーメン店の「こってり」と「天一」の「こってり」は違う。意味が違う。カテゴリーが違う。

通常、「こってり」と云えば、スープに含まれる油分の比率が高いものを指す。

「天一」のそれは、スープの物理的状態を表す。

スープが「ちゃんと液体」なものが「あっさり」、
スープが「固体に近い半液体」なものが「こってり」である。

ほへとはあっさり好きだが、この「こってり」ファンである。
あっちの「ギラギラこってり」は苦手だ。

そんなわけで、いつも「天一」では「こってり」しか注文しない。
もし、どうしてもあっさりラーメンが食べたければ、「てんいち」には来るな!って感じだ。

そんな中、ラーメン評論家の友人から「味がさね」がうまいと言われ、「なにぃ天一でそんな邪道なー」と思いつつも、次に行ったら「味がさね」を注文しようと決めた。

そんな日がやって来た。今日まさに、少し遅い昼食を取ろうと、車でウロウロ。しかし、非常に暑い。くそ暑い。暑い暑い暑い。

天一に来た。うれしい事に、並ばずともすぐに店内へ(当たり前だが)

いつもはメニューも見ずに「こってり、にんにく入り,ネギ多め」というが、今日はメニューより味がさねを探す。すると「冷製中華そば」のご案内よろしくが目に入って来た。

そこへ「注文は?」に対して、「味かさね」と決めていたのに
「冷製中華そば!」、ついうっかりだった。まぁ今日は暑いし、「味がさね」は今度ね。

P1130061.JPG
そして、やって来た「冷製中華そば」

うまいやん。やるなあの親父、、さすが物事の本質をわかっているなぁ、、にくいぜ!

スープに何か柑橘系の香りが、、何々沖縄のシークヮーサーか、なるほどしかも絶妙だな。
「こってり」とは、真逆のここまでさわやかに澄み切った味だ。本来あっさり好きのほへとにはうますぎる。

感激したのは「ベビーリーフ」という要は菜っ葉の若葉が、生で入っていた事だ。
ラーメンはどうしても野菜が少ない、薬味ネギかもやし程度。
この「ベビーリーフ」の新鮮さと量には、ラーメンの未来を見た気がした。


そんな感じで、これはいける!、しかも味が「こってり」とは真逆だ、「こってり」も食べたくなった。

恐るべし、天一、、まさか1日に二回来さす気か?、、でも可能だな、、

というわけで「冷製中華そば!」のファンになりました。次もぜったいこれを注文しよう(味がさねは?)

天下一品公式HP
posted by ほへと at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg