新着記事
> 12月14日(土)~16日(月)東京対面鑑定(新宿)・ボディーワーク教室(表参道)15日(日)夜「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2006年08月13日

お盆、お墓参りを

死んだ人の魂は天に上り星になる。

太陽文明の強い光では、星の光は消されてしまい、いつもは見えない。

しばし。雑多な太陽文明を忘れ、「盆」にお墓参りでもどうでしょうか?

そして「血の流れ」に意識を向けてもいいのではないでしょうか?

人間の寿命はたがが100年ではない。
命は、次の世代へ受け継がれ、何千年,何万年と続いている。

お墓は、先祖は、子孫繁栄、一族の興隆を願っている。

「一族」という今ではあまり使うことない言葉です。
一族は、いくつもの家族で構成される。

家族という言葉でさえ、現在は「族」と言っても、一家三〜四人の核家族である。

お墓参りは通常の生活ではなかなか気づかない思いを感じるでしょう。

お墓に行ったら
お墓をまず、きれいに掃除をして下さい。
たわしや手ぬぐいは必須です。
コケ(陰)なんかを放っとくと、家族に病人が生じますよ。

そして、自分の家族。親戚など一族が健康に過ごせるように祈りと感謝をしましょう。

また、家族どころか一族に否定のしようの無い不幸がある場合。
お墓に原因がある場合も考えられます。その場合はほへとにご相談下さい(風水墓相鑑定)。

また墓相鑑定師の中には無駄に高いお墓を買わそうとする、邪悪な人もいますので注意です。
当然お墓は高いものですが、墓相をよくするのに、無駄に高級な石材を進めるのはヤバい人です。

お墓参りは、人間の宗教性の根源である。
たとえ、親の事が嫌いでも、もしくはなおさら、先祖を見つめてはどうでしょうか?
横を見渡しても、良い人間ばかりではありません、ダメな人、悪人、も多くいます。

縦もそうですね、良い先祖ばかりならいいのです、人の歴史は複雑ですから。
自分の血にも、多くの争いや恐怖、苦しみや悲しみが、先祖から延々と受け継がれています。

人間とはそういうものです、良い事も悪い事も、受け継いで、またそれを次の世代に、、


丁度、このお盆の季節はペルセウス座流星群と重なり、流れ星が見え易い(今年は月が明るいのでみにくい)。
昔の人は、お盆の頃に、この流れ星を見て、死んだ人の魂が舞い戻って来たと感じたのではないでしょうか?
まぁ当然それだけではないでしょうけどね。


posted by ほへと at 19:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ミクシィのコミュで接触していただいた、ちえです。その節は大変ありがとうございました。

いつもブログを興味を持って拝見しています。

…うち(姻族)、お墓がよくないのかな〜。。
でも、たとえば依頼して、鑑定していただいたとしても、すぐにいろいろと変えることができそうにないので…ってこんなことで先延ばしにしてはいけないんでしょうけどね。
機会があれば&周囲の理解が得られれば(^_^;)、お願いしたいなぁと思いつつ。


これからも、応援しています。ブログも楽しみにしています。
Posted by ちえ at 2006年08月13日 23:03
よくない原因が、家の風水なのか、墓なのかは、よく親戚一同を見ればわかると思いますが、、まぁお墓が悪い場合は、事故死や難病などの確立が高いというのがあります。

本当に家を直すのと違い、お墓は、いろいろややこしいですね。親戚間の人間関係や宗教宗派もからみ、結局先延ばしが多いのは確かです。

応援ありがとう!
Posted by ほへと at 2006年08月14日 16:07
つぶやきみたいなコメントにご丁寧にレスをありがとうございます!
あー、やっぱりお墓よくないのかも。なぜって、難病、事故(死者はいませんが)出ています。
よくないお墓だったとして…墓自体を変えずに少しでも相をよくする何かってあるのでしょうか…。
ってこういうのは本来相談内容ですね。。

…日記へのコメントの場所で自分のことを書いてしまってすみませんでした。

ではまた、ミクシィと両方で、情報や日記を楽しみにしています!
Posted by ちえ at 2006年08月14日 17:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg