新着記事
>☆8月7日(水):神戸(三宮)・大阪(梅田)対面鑑定「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2006年08月24日

W-ZERO3 [es]の本体アプリケーション アップデート

W-ZERO3[es]の本体アプリケーション アップデートが開始された。

初代W-ZERO3に比べて
こいつ[es]のキーボードには問題があった。

当然大きさは縦に圧縮されているために若干キーが小さくなっている。

しかしこれで打ちにくいわけではない。

どうもキーボードの取りこぼしというものがあるのだ。
これには2ちゃんなどでもさんざん言われている。

[たとえば]と入力しようと思っても
[ってb]というように母音がを取りこぼしてしまうのだ。
ゆっくるしっかり押さえればいいのだが、、

早く入力しようとすればそれは起こる。
調子良く入力しようとすると必ず起こる。
そしてそれによって話の腰を折られる。

東京で噂のW-ZERO3使いさん(女性)が[es]に変えていたら、あの驚愕スピードのブラインドタッチもできてないはず。

どうやらそれはキーボードのメカニカルな問題ではなく、単にソフト(ドライバー)の問題だったようだ。

バージョンアップした[es]はまさに快適!
どれほど早く入力しても、まったく取りこぼさない。

すっげー。やっぱりこのキーボードは飾りじゃ無かったのだ。半ば諦めて、いざというときに外部キーボードを使おうと思っていたのに。

っておいおい何の為にミニキーボード買ってんねん、しかも昨日にネットで、コード(USB変換)注文したとこやのに(泣)。

本当は発売時にちゃんと直して出して欲しかったけど、まぁ前機種からたった半年のモデルチェンジだから仕方が無いということか?

まぁこういう事が許されない人はこの[es]は薦められないけどね。

とりあえず、一番気になっていた、キーボードの取りこぼしが無くなって非常にうれしいです。

まだまだファームウェアのバージョンアップは続くそうです。がんばれデバッグの人達!
posted by ほへと at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | スマートフォンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg