新着記事
>☆ほへと電話鑑定「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2006年10月09日

蚕ノ社の神輿(みこし)

京都の太秦に「蚕ノ社」という神社がある。
詳しくはまた、詳細に語らなければいけないと思うが。
ここもまた、非常に、怪しく謎でかつ重要な神社である。

P1130845.JPG
神幸祭とは神輿等に神様を乗せて、目的地まで練り歩く(巡幸する)祭りである。
今回は、巡幸の為に、「蚕ノ社」から出発する神輿を撮影した。(宮出という)

P1130837.JPG
蚕ノ社の奥にある。多分日本で(世界で)一番怪しく奇怪な「三角鳥居」。
鳥居が3方向より会わせ合い。3角柱を形成している。

P1130830.JPG
白馬だ、それに乗る王子様は、若干年のいった、宮司さん?
それにしても、馬はでかい。バイクの大きさとは違うね。

P1130851.JPG
かわいらしい、稚児装束のお子様達を先頭に、巡幸が始まった。

P1130854.JPG
そして、大きなかけ声と共に、神輿が担がれる。

P1130857.JPG
目の前を、すごい迫力で通り過ぎる、神輿とそれを担ぐ、荒ぶる屈強の漢達!いいそ!いいそ!

P1130865.JPG
無事、境内からの出発を果たした、神輿一行。お昼には広隆寺に行くそうです。

やはり、神輿は担ぐものですね。中には、神輿のしたに車を隠し、担いだふりをして、引いている邪道な神輿もありますが、あれはやめて欲しいと個人的に想う。(仕方が無いけど)

そういえば、今日は西院でも祭りと女神輿があったそうで、友人はこっそり参加して来たそうで、肩を真っ赤に腫らし、腰も痛めたそうです。当然神輿とはそういった物です。女神輿といえども。

posted by ほへと at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg