新着記事
>☆ほへと電話鑑定「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2006年11月15日

自殺とエゴ

自殺を遂げた本人以外、その苦しみや辛さ、決意はわからない。

今世間で核の論議がいわれている。議論すら良いのか悪いのか。野党はもぅ、、

自殺についても論議するべきではないか?

核のように、頭ごなしに持たない。というように、
自殺は即ダメ、いけないというスタンスは問題だと思う。


日本は、自殺の文化を持った国だ。
腹切り、切腹、自決、いろいろな呼び名や方法がある。

その本質は、セルフへの尊厳があるのではないか?(全部ではないが)

エゴにより、自殺に追い込まれる原因を作ることはある。

しかし、自殺はエゴが行うことは不可能だ。

エゴで殺人という行為は出来ても、エゴでは自殺は出来ない。

エゴは死を一番怖がる。故に自殺には、強力な精神力にて、そのエゴを封じなければいけない。

ひどい落ち込みや、鬱、薬物などで、そのエゴの機能が低下する状況もある。


よくTVでバンジージャンプの場で足がすくんで飛べないシーンがあるが、自殺には勇気がいるものだ。

多くの人は死のう思ったことを1度はあると思う。

しかし、死のうと思うことと、自殺を実行するには、想像以上の距離も存在する。

自殺した家族や周りの悲しみよりも、もっと本人のことを考えてみる必要もあると思う。

ドアホのTVコメンテーターが、いじめる方が悪いだの、自殺は絶対ダメなど、無理解なスタンスが、逆にどんどん自殺に追い込んでいる気がする。

自殺しかない人にとっては、その最後の希望すら奪うなら、それにかわる何かを提示するべきだ。

飲酒事故も結構だが、年間3万人以上の人が自殺しています。
問題は、死にたくても死にきれない、何百倍もの多くの自殺予備軍がいることです。

その人達が、ちゃんと生きれる社会にするには、あえて、その反対にある自殺を論じるべきだと思う。







posted by ほへと at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg