新着記事

2006年11月27日

大阪は安くて旨い。

大阪は安くて旨い。
いやーマジうまい。

今回は大阪に来ていたので、久しぶりに昔よく行っていた梅田にある炉ばた焼きの店(オール500円ですごく活気のある店だった)へ行った。

しかし、つぶれていた。

違う炉ばた焼きの店へ行くことに(妻龍)。しかも、オール300円。
味はともかく、疲れていたので、ここでいいやって感じで店に入る(期待せず)。
地下へ行くと、人が並んでいる。
まぁいつもは待たないが、疲れていたので、待ち用の椅子で体力回復に努める。

ほどよく待たされ店内へ、以外に狭い(笑)

imges398.jpg
炉端に、ミュージシャン風の兄ちゃんがせっせと、客からの注文を焼いている。

ビールを頼む。
大か小と聞いてきたので大と答えると、800ミリリットルサイズの巨大な生中が来る(600円)。

imges400.jpg
とりあえず、お薦めのほたてより大好物のサザエを注文。


それがまた、すっごいーーーいうまい。
特にサザエの苦いところが好きな人ですが、またここの肝のうまさは、一日の疲れがぶっ飛びました。

サザエよ良くぞ、俺のためにこんなおいしく進化してくれた、礼を言うぞ、しかも耐熱の入れ物付きで(壺焼きに最適!)。

そんな感じで、いろいろ注文しましたが、どれも焼き具わいもパーフェクトで、旨すぎ。

前に行ってた炉端焼きの店がつぶれたことに納得する。圧倒的じゃないか、、

ミュージシャン風店員も実はスゴい腕前なのだろう(お見それしました)。
しっかり焼きかたを研究する(盗む)。

お会計もとっても安く、久々にクオリティの高いパフォーマンスに大満足でした。


二日目は栄え寿司。
回転寿司130円ですが、、
これもあり得ないパフォーマンスです。
imges406.jpg
寿司はちゃんと職人さんが握られています。

imges408.jpg
好物の筋子。

京都にもおいしい回転寿司はあるが、、レベルが違う。
ネタがいい。安い、なぜだ。食材が日々違うらし。

また、大手の回転寿司チェーンにありがちな、システムチックなクール感が無く。人の温かさや、良い意味での適当さ(自由さ)があり、お勘定は、食べた皿の数を、自分で記入(自己申告)する。大阪恐るべし。

食べたネタ。
エンガワ、マグロ、筋子、アン肝、くもこ、ビントロ、鯨。

7皿、千円でお釣りあり。
大満足でした。
posted by ほへと at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg