新着記事
>☆ほへと電話鑑定「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2012年10月08日

風水つぶやき語録

Twitterでつぶやいた、風水関連をまとめてみました。

◯引越しと方位

・引越し時期や方位が最高(by気学)でも、悪い家の風水なら、やはりアウト、残念という例はたくさんあります。

・引越し時期や方位にこだわるより、今の風水が悪ければできるだけ早く退避。次の風水が良ければできるだけ早く住み始める。が基本です。

・一番危険なのは方位だけを盲信して引越しすること。 方角が良ければ、そこで出会う人や家が全て良いということは有りません。

・休むのが風水、動くのが方位術。引越しは休む場所を探すということです。そりゃ引越し中は方位の影響は受けますが、一時です。

・方位は方位術。人を見るのは数秘や、家を見るのは風水というように、方位で人や家を判断するのはまったく間違いということです。

・方位の力で、その時は良いように見えたとして、それはその時の方位範囲を占っているだけです。 いずれ方位のパワーより、本人や家の実力的な性質や癖が出てきます。


◯各部
・風水とは、バランスでもあるのだが、あくまで、あなたと環境(現実)のバランスであり、環境で一番影響のある、寝室、自室、自宅の陰陽を調節し、あなたの陰陽バランスを間接的に改善するものである。

・玄関の役割というのは、現代は以前と違がってきています。そうそう玄関で話し込むことは少なくなった。設計には思い切った考えが必要ですね。

・部屋の四隅が同じ感じなのもダメ。 例えば、南東は何も置かずにスッキリした空間を演出し、北東にはどっしりした家具や棚を置き安定感を出すなど変化をつける。

・経験上、ベッドの位置がヤル気に影響している。 寝る場所を変えてみる。 頭の向きを変えてみる。 但し、何かダメな感じがすれば速やかに戻す。

・川よりも、やはり部屋、真ん中のトイレは悪いです。室内の気のレベルが下がるので、疲れたり、イライラ、運低下が懸念されます。それにしても上海とかの物件はやたらトイレ多いね。

・風水的には道路カーブの外側は凶です。川も同じ。


◯部屋さがし
・駅から離れると家賃が安くなるが、それは駅から離れて、土地代が安いとか、不便とかよりも、単にマンション等の建物のコストが抑えられているのが理由。やはり軽量鉄骨やRCでも3F以下で柱でなく壁で支えているとかが多くなる。

・ワンルームでセパレートの物件は少ないし高い。また狭いなんちゃってセパレートも多い。2DKとかを探したほうが、数は多いし、逆に安くであったりする。

・賃貸マンションの壁はうかつに釘やピンなどが刺せないので、写真ひとつ飾るのも困難。そこでフリーマルチネットを使ってみた。移動も楽だし良いかも。



◯袋小路
・もし袋小路に住んでいたら、心が停滞するので、できるだけ駅前等騒がしいところや、人に会って心を動かすようにしてみよう。

・やっぱり袋小路に住むと問題が多いですね。そういうレポートもらいました。全力で引越しへ向かおう。

・風水の原因の可能性が高い。つい最近も知人が袋小路に引っ越してから悪いことが始まってきている。RT @iii_ai2: @standing_art 突然すみません。袋小路、北東に風呂の家に住んでます。言いたい事が伝わらない事がよくあったり、電話してると何かトラブルが起こるのは、家と


◯アカン引越し後レポート
・最近の話半分のアカン引越し後レポート:ほへと様、ありがとうございました。新しい部屋の鍵もらってからパチンコ連勝中です。某A ー>最初だけです、調子に乗らないように。

・最近の話半分のアカン引越し後レポート:無事に仕事も行くようになり、まあまあ順調です。自分の息子より年下と付き合ってしまいました。なんとなく、居心地がよく、こんなに年下と付き合っていいのか。某J  ー>人としてダメです。

◯風水鑑定後
・日光アレルギーの方がおられて、風水見たら、家の南東、南に納戸、風呂トイレ。さらに家の外南東、南に池がある。家の南東・南の日当たりの重要性を再確認させられた。

・風水鑑定で物件を決められた人の新居を見てきました。やはり南向きベランダで開けているのはいいですね。意外に収納も広かったり。よい風水でした。

・風水鑑定で、アドバイス通りスピリタス(強い酒)x12本を置いた結果。ワンちゃんが言うことを聞くようになった。上司から10万円分の商品券をもらったそうです。良い効果が出てよかった。スピリタス買いに行こうかな。

・以前風水で、ここで寝てはいけないとアドバイスしたところ、違う占い師さんは大丈夫といったそうなので、そこにずっと寝ていたそうです。現在難病にかかり現在一切の食事が取れないそうです。せっかくのアドバイスが、、、

・風水鑑定のリピーターが増えてきている。 前の物件に何か問題があったのかな?と思ったら結婚とか。めでたいことで、よかったです。 まぁまた物件探すの大変ですけど、ほへとは家にも厳しいし(笑)


◯スタンス
・悪い風水の家に引っ越しする事は全力で止める。困らせても、お金をもらってのアドバイスだから。それが風水師の仕事。

・気持ちや、状況はわかりますが、だからといって妥協しても大丈夫ということは言えません。お金を頂いて鑑定している立場です。もし軽減できたとしてもアウトはアウトです。

・資料がいい加減だと、ちゃんとした風水鑑定はできないですよ。物件の位置を示す住所は必須です。業者の資料が正しいかまでは私にはわかりません。



◯風水設計
・また、石頭のように風水の吉凶にこだわり過ぎてもいけない、ほどほどのバランスが大事。 いかにその家を、活かすかを考える。当然住人の為に活かさないと。施工主(建築会社)の為の家ではない。だから業者とはよくケンカもする。

・まずは絶対ダメな配置は避けつつ、機能的でシンプルなレイアウトを見つけます。 あれこれぶち込んでも、通気性が悪かったり、廊下が狭すぎるのは良くないね。 ごちゃごちゃはダメ。それは逆に簡単だけど、シンプルにするには、思い切った割り切りと、じっくりと考えないと浮かばない。

・家の(風水)設計は、設計士の建ぺい率を計算した、最初の設計案を叩き台に、一から考え直します。枠だけ残して、中のレイアウトは全部変えると思ってください。 ちょっとくらいのトイレの位置を動かすとかはどうでもいいです。


◯本
ほへとの風水本<京都式風水で…>本、届きました。ありがとうございました。数秘別アドバイスは、笑ってしまうほど当たってます。 :サンキューです!


>>Twitterフォローする。
>>HP風水
>>風水鑑定申し込み
posted by ほへと at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg