新着記事
> 12月14日(土)~16日(月)東京対面鑑定(新宿)・ボディーワーク教室(表参道)15日(日)夜「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2012年12月28日

風水以前に、DK&LDKの空間を再定義しよう

DK
1DK等にある、DKスペースはいわゆる、台所と食堂の部屋なのであるが、
大体、エアコンやTV等のある主部屋で食べたりすることが多い。
DKではなく、ちょっと広いKで、無駄に持て余してる場合はもったいない。
その場合は、ここの空間の有効利用を考えてください

本棚をたくさん並べていた人や、
ウェイトトレーニング用の簡易ジム、バーベルなどを置いている人もいる。

また、仕事場や勉強部屋にも意外に向いている。
大体窓もなく、TVなど気が散るものが無いので集中するのには向いている。

この場合は、部屋いっぱいのギリギリ広めのテーブルが何かと作業しやすく、部屋を有効に使えると思う。
エアコン等がない場合が多いのでそこが問題だな。
あと飲食の誘惑には気をつけなければいけない。


LDK
マンションなんかで家族が住んでいる3LDKのLDKは、まぁ、日本語で茶の間兼食堂兼台所である。
大体、業者のイメージ戦略で、LDKは、部屋を広々と見せたいので、対面式キッチンと、カウンター前によくある4人がけのテーブル。TVの前にローテーブルにソファーが定番である。
対面式キッチンで料理し、キッチン前のテーブルで食事を取り、テレビ前のローテーブル&ソファーでくつろぐ。という設定である。

まず、都市部のマンションなどは、ブルジョア以外はスペースに限りがある。
その中でLDKは一番広い部屋とはいえ、中途半端に小さなテーブル2つに椅子にソファーが本当にいるのか?

例えばカウンター前のテーブルは順番に出てくる洋食を想定しているので、
一気に並べる和食では、テーブルがせま過ぎないか?
またテーブル位置も日本人には高すぎる場合もある。
特に子供が足をぶらぶらさせて、顔を前に突き出すようにする食事は、姿勢に悪影響である。
ナイフとフォークの洋食メインであれば問題ないが、箸と茶碗では、ある程度、テーブルは低いほうが姿勢には良い。

まぁ、すなわち、日本人の体型や文化に合ってない部分がある。

イス&テーブルにしても、ソファー&ローテーブル、座布団&コタツにしても、
大きめのテーブルひとつどーんとある方が使いやすくないか?

ここ LDKの目的を自分、パートナー、家族なりに考えて、
くつろぎ、家族団らん、来客のもてなし、勉強、など、
本当にそれができているのか?再確認し、再定義してみては?

例えば、家族団らんである、茶の間である。
TVでいう、お茶の間の皆さん(家族)というスペースだ。
家族揃って、楽しむ、家族が一番大切にしなければいけない、何気ない時間である。

はたして、あまり子供に好かれない、そのふかふかソファー&小さなローテーブルで家族団らんできるのだろうか?
(子供にふかふかソファーは姿勢に悪影響。大人もです)
逆に、旦那が仕事から帰ってきたら、そこは子供の遊び場になって、とてもくつろげず、旦那がすぐ自室にこもるなどしていないか?

本当に使い安いように、1からゼロベースで考えてみては?

もし一からの家の設計等なら、そのあたりを最初からしっかり考えるようにしてくださいね。
posted by ほへと at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg