新着記事
東京対面鑑定:4月21日(日)~22日(月)・ボディワーク教室21日(日)夜「予約受付中
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2007年02月02日

節分と「腰」

節を分ける、節分より本当の新春が始まる。

節分は古の暦の過去の産物ではない。

ここが年間を通じての気温の底であり、ここを境に気温は上昇に転じる。
科学的にそんな裏付けもあります。

すでに太陽の運行は冬至を境に南を目指しています。

最近の異常な暑さで、「おいおい節分前だぞ」っと焦ってましたが、つじつま合わせか、昨晩はちゃっかり満月の浮かぶ夜空に雪がちらつきました。


節分は1日の時間に変換すれば、丑三つ時の午前2時半〜3時を表し、方角に変換すれば、丑寅の北東位の鬼門を表します。詳しくは過去に書いたのでここを参照して下さい。風水プチ知識<北東:鬼門>パート1

今回のテーマは「腰」です。
節分を身体に変換すれば「腰」になるのです。

節分:丑三つ時:鬼門:腰 

たしかにこの時期は一番腰痛の発生率が高いようです。
ほへとは鬼払いの節分豆を既に4袋は食べているので大丈夫です。(おなかも大丈夫ですよ)



身体風水とは、ほへとが勝手に呼ぶ、良い姿勢や呼吸法から健康のみにあらず、人生レベルの向上を促すものである。
占いという曖昧な情報から、身体と現実をダイレクトに結び、変えていく技術である。

そんな、身体風水にとって腰は、非常に重要な箇所だ。
人間は、現実を感受して、思い考え、行動する。陰陽五行であり、(陰:感受・感情、陽:意志・行動、五行:思考)
腰は、意志と行動を司る所です。

「腰」
・現実に対し自分の意志を働きかける中枢である
と定義している。

腰の弱い人は、残念ですが、降りかかる現実の出来事に対して無力です。
すなわち、現実の問題を、感じて、分析判断しても、肝心の現実問題を変える行動がちゃんと出来ないからです。いつも、問題に対しては不満を言い続けるだけです。変えなきゃダメです。
結果として
・対人関係に関してもトラブルが発生します。
・事故や怪我など、想定外のアクシデントに見舞われます。
・イライラして深い思慮が出来ません。

個人的には、腰痛持ちの人は他人とのコミュニケーションが上手くいきません。
他人と上手くコミュニケーションしたければ、くだらない他人の成功論(ハウツー本)やセミナー行くより、腰を鍛えて下さい。

経営者さんでは、社員も業績も思うようにコントロール出来ません。経営者がひどい腰痛ならその会社はもはやそれまでです。

腰は強くしなければダメです。

腰が強いとは、腰痛が無いという消極的な状態では無い。
だから、接骨院や整体に行って、腰が楽になったなどというレベルではありません。

しっかり、足から鍛えて、上半身は常にリラックスできるほど腰が強いと言うことです。
また、足(脚)には、腎臓、肝臓、膵臓(陰系)と膀胱、胆嚢、胃(陽系)の経絡も通っており、その各経絡のバランスも大切です。太ももの表だけ鍛えていたのではダメなのです。

次回は具体的なトレーニング法を紹介します。
是非節分より、身体を強くする事をスタートさせましょう!
posted by ほへと at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg