新着記事

2007年03月08日

例えば、健康。

エゴの性質からくる思考は、直面した現実に対しての対処の思考です。

自分の立場や利益などを考慮します。

ほへとの言っているのは、それはそれとして、もっと、長い時間スパンでの物事を考えて欲しい。

エゴの性質はエゴの性質であり、あなた自身では無いのです。

あなたの名前を言ってみて下さい。

その人の人生を一生を見つめて下さい。
今までと、これからを何となく。

そこに、自分が本当に納得できることが、一片でもあれば、いいでしょう。

もし、納得できないなら、自分の人生ではなく、自分のフリをしたエゴの人生かも知れません。

ただし、エゴ的に不平不満を言えと言っているのではありませんよ。

あなたの名前はあなたです。
名前を何度か口に出して、時間の束縛から少し解放することも大切です。

例えば、「健康」は大切な要素です。

本当にやりたいこと、やるべきことが見つかれば、それを全うするために健康が必要となります。

健康とは、五体満足で、病気はなく、自分の命を過剰に、かばって生きることではありません。
健康の為に、自分のしたいことを、見失ったり、自分を制限するようになれば、精神が不健康となります。

当然、現在病気の人や、人生を生きられた老人の、無理せず、養生、長生きの健康とは少し違うので誤解無く。


何度も言いますが、本当に目的が有れば、健康に気を使いますが、時には腕の一本がモゲる覚悟も必要です。

「命を投げ出す」という覚悟が必要で、そうしなければ上手くいかない場合があります。(特に対人関係)

投げ出す命が、病的なのもちと問題なので健康は大切。
また命を投げ出す=エゴの抹殺です。

エゴは死を恐れるために、健康に過剰に反応します。エゴの目指す健康を得て、寿命を全うしても、肝心のあなたの方が既に殺されていては無意味ですね。

健康とは命が輝いて健康です。

命の輝いていない、病気ではない状態を健康と呼ばないで下さい。特に若者よ。
posted by ほへと at 18:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほへとさん、こんにちは。
いつもブログを拝見して、刺激を貰っています。

健康についてのお話。
とても身につまされています(笑)
そして健康とは命の輝きということ。
なんて素敵なことでしょう!
心に響きます。

私は今は身体の健康とやりたいことのバランスを測ることを第一に考えています。どちらか一方に偏ることないように。
やりたいこともやる!身体の状態にも気を配る。

やりたいことしかやらやらない自分は問題があるので、ほへとさんの言葉を戒め(?)に
輝いて生きたいです。





Posted by 三島のけいっこ  at 2007年03月08日 19:16
健康という言葉にみんな騙されている気がしますね。
病気で無いことも大事ですが、命が輝いてないことのも何か悲しいですね(笑)

多少身体が悪くても、命を輝かせたらいいですね。出来れば。


Posted by ほへと at 2007年03月10日 03:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg