新着記事

2013年05月16日

護王神社・130515

護王神社にやって来ました。
ここは、和気清麻呂さんが祀ってある神社です。

和気清麻呂さんは、千年の都・平安京の都ずくりにはなくてはならない人でした。
道鏡の企みを阻止し、平安京遷都などに力を発揮し、平安京造営では最高責任者・造営大夫という役職で大活躍された。
京都の風水を研究する者として、すごく尊敬している人であります。

P1160253.jpg
烏丸に面した護王神社の前に、和気清麻呂さんと護王神社とお札についての、まとめボードがあった。

P1160255.jpg
甲10円券、1890年〜1945年までに発行されていた10円紙幣には、
なんと、和気清麻呂さん(と護王神社)が描かれていたのですね。
スゴイですね。
今度、古銭・古札の店で探そう。

P1160259.jpg
何故か、護王神社といえば、和気清麻呂さんではなく、イノシシや足腰が有名。
訳はそういうことだったのですね。
ちなみに、WIKIによれば、「和気清麻呂が宇佐へ配流の際に、道鏡から送り込まれた刺客に襲われたのを、突如現われた300頭の猪によって難事を救われたと」とのこと。

また、共に祀られている、姉の広虫は、マザーテレサのような人だったそうで、多くの孤児を育てられたそうです。護王神社は、子育明神とも云われていたそうです。

P1160262.jpg
護王神社に入りますが、鳥居では無いのですね。

本殿でお参り、さすが、子育ての神社か、足腰の弱い人が来るのか、バリアフリーですね。

社務所では、知り合いの巫女さんが、グッズ販売してました。

P1160269.jpg
これって、ちょっとびっくり。
爺さんの影響で、宇宙戦艦ではない、戦艦大和など、軍艦のプラモデルを作ったりしていたが(小学校?)、
この重巡洋艦の高雄は非常にかっこよくて好きでしたが、沈没してなかったんや。怖っ!

高雄の艦内に、護王神社が祭ってあったのや、、WKIみたら、機雷の爆発で損傷したが、軽微だった、潜水調査で、機雷は4このうち1個しか爆発してないとか、、
戦後まで生き残ったのは珍しい。

P1160272.jpg
和気清麻呂さん像。

うぅーあやかりたい。Give me the Power.

P1160274.jpg
イノシシの狛犬?狛イノシシ?


護王神社・公式HP
posted by ほへと at 18:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 京都観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
狛いのしし 魅力的です!
Posted by 恵門 at 2013年05月16日 21:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg