新着記事
> 10月26日(土)~28日(月)東京対面鑑定(新宿)・ボディーワーク教室(表参道)27日(日)夜「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2007年03月21日

春分の日2・東、肝臓

春分の日は、真東から太陽が昇る。
なぜ、真東か?
春分の日に太陽の昇る方向を真東と決めたからだ。

そういえば、この頃、卒業式がいろいろな場所で行われています。
そして、入学や入社も春ですね。
日本は、新たな始まりを、春とした感覚は良いものですね(笑)

丁度、桜達がこの頃の感覚に花を添えてくれます。


身体風水

春は方角的に東を表し、
東は身体的には「肝臓・胆嚢」を示し、現状を持続する力と、逆に新たに始める決断力を表します。

時間軸では「今」を表します。肝臓を患うと、「今」すべき事を見失います。飲み過ぎも注意ですね。

身体風水では、東の方位と「肝臓・胆嚢」を同じに見ます。シンクロしているといっときましょう。


風水では、自宅の方角ばかり気にしますが、実は身体を調整することも同じような効果があります。
逆に風水が良くても、身体がダメなら、風水パワーも半減です。

肝臓・胆嚢がパワーアップする事と、東の方位を良くすることで、
金運の特に貯蓄運をアップすることが出来ます。

金運や貯蓄運は、西や黄色と言われていますが(苦笑)
実は、東の方角も非常に重要です。

例えば、東の風水が悪いと(肝臓を患うと)、金運の特に貯蓄が悪くなります。


また、肝臓・胆嚢経絡は、脚の横に走っています。
ジーパンでいうと内外の縫い目ですね。

ココを刺激することで、肝臓と胆嚢の経絡を活性化します。
ふとももの横、内と外をを上下に指圧したり。
カニの横歩き、または、反復横跳びのような運動で、肝臓・胆嚢の経絡を鍛えてみて下さい。
他には、相撲の四股を踏む動作や身体をひねる動作も有効です。

家の東の方角もキレイにしましょう。
東の方位は、春のイメージが吉相となります。

春のイメージは、さわやか、軽い、青っぽい、若草色。
逆に、重々しさ、艶やかさ、土っぽい、などは凶になるので注意です。

東にはあまり、モノを置かないのが良いです、特に収納は良くないですね。


春分の日について

秋分の日について

posted by ほへと at 08:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ずいぶん時期はずれのコメントになりますが・・・

血液検査の結果から、肝臓の数値があまり良くない結果が数年前から出ています。
(お酒、そんなに飲まないのですが。)
幸い未病状態なので、ほへとさんの言を参考に、
経路を活性化させて、家の中も掃除して元気になりたいと思います。
Posted by ayako at 2008年08月06日 12:42
ayakoさんへ
しっかり検査して、お酒以外でも、肝炎になりますが、
特に食べもの、健康食品なんかは結構肝臓に悪いのが多いです。
また、何かに迷っているのかもしれませんね。
東の方位をあっさりして下さい。
Posted by ほへと at 2008年08月08日 16:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg